• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データあヽ愛しき夫婦(誤り…あゝ愛しき家族)

ぼやき漫才で一世を風靡した人生幸朗と生恵幸子夫婦の泣き笑いを、桂三枝の脚本で綴る。ドラマ末尾には「このドラマは、実話に基づき人物その他に関してはフィクションを交えて制作いたしました」とのことわりが青地のバックに表記された。ロケ協力:天王寺東映ホテル、常盤座、オーエス劇場、マエダオート、百番。【役名(演技者)】生恵幸子(富司純子)、人生幸朗(桂文珍)、高原光津江(三林京子)、村木進(西川きよし)、比田和代(三田寛子)、都家蝶子(京唄子)、鶴亀屋伝次郎(桂小文枝)、春子(山田スミ子)、どんこ.ぐりこ(今いくよ、今くるよ)、屋台の親父(チャーリー浜)、比田和代[幼年時代](楠野紋子)、間宮小十郎(浜村淳)。【参考文献:WEBサイト「YouTube」】
キー局 YTV 放送曜日 放送期間 1991/10/03~1991/10/03
放送時間 21:03-22:52 放送回数 1 回 連続/単発 単発
番組名 木曜ゴールデンドラマ
主な出演 富司 純子藤  純子寺島 純子冨司 純子)、桂  文珍三林 京子西川きよし(特別出演)、三田 寛子京  唄子(友情出演)、桂 小文枝山田スミ子今 いくよ今 くるよチャーリー浜浜  裕二)、楠野 紋子楠木 あや水瀬あやこ)、浜村  淳前田 五郎坂田 利夫里見まさと旭堂南総里見八犬伝)、磯部 公彦まるむし商店)、柳本 雅寬井上 竜夫上田  茂木下ゆず子南出  ?島田一ノ介島田一の介)、飯田 和平やなぎ浩二柳  万作中之島中学柳マンデー柳 まんで)、帯谷 孝史
主な脚本 桂  三枝桂  文枝6代目))
主なプロデューサ 岡本 俊次(YTV)、木村 政雄(吉本興業)、河野由美子(吉本興業)
主な演出 (監督:中津川 勲)(助監督:鈴木  幹)(記録:河島東史子
原作 生恵 幸子「帰って来たぼやき漫才」
局系列 NNN
制作会社 (制作:YTV、吉本興業)
制作協力 ビデオフォーカス
制作 (制作担当:矢島  進)
音楽 津島 利章、(MA:白井 俊彦)(音響効果:堀尾 守央
撮影技術 三浦 孝夫、(照明:内田 皓三)(録音:畑 幸太郎)(調整:坂上 忠雄)(EED:白水 孝幸)(スタジオ:東宝ビルト
美術 (デザイン:西 亥一郎)(美術制作:小林 守夫)(美術進行:松本 正美)(大道具:中村 洋文)(装画判読困難):末広 貴之)(持道具:伊藤ゆう子)(メーク:喜京 裕子ベレッツアステューディオ)(衣裳:市川 竜史東京衣裳)、大槻衣裳)(衣裳協力:鈴乃屋

Tag Cloud

富司純子 桂文珍 人生幸朗 比田和代 桂三枝 桂小文枝 楠野紋子 浜村淳 三林京子 三田寛子 今いくよ チャーリー浜 どんこ 恵幸子 村木進 常盤座 間宮小十郎 鶴亀屋伝次郎 高原光津江 青地 ぼやく 山田スミ子 ことわり 林京子 一世 岡本俊次 YTV 親父 風靡 漫才

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供