• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ和宮様御留

皇女・和宮は替え玉だった――訳の分からぬまま和宮の替え玉にされ、身代わりとして時代の波に飲み込まれていく少女フキとその恋人の物語。勤皇佐幕、開国攘夷でゆれ動いていた幕末。幕府は公武合体を図るため、皇女の降嫁を御所に奏請していた。その頃、公家屋敷・橋本中將(財津一郎)邸で下働きをする捨て子のフキ(斉藤由貴)は、想いを寄せる宮大工の四郎(的場浩司)と祇園祭を楽しみにしていた…。下働きから和宮の替え玉となり、やがて激しい不安から衰弱していくフキを斉藤由貴が熱演。【この項、時代劇専門チャンネル番組広報資料より引用】撮影協力・ホテルニュー京都、大覚寺、相国寺、京都亀岡走田神社、御粽司 川端 道喜。資料協力・鷹司 綸子、米沢市、祇園祭山鉾連合会、長刀鉾祇園囃子保存会。【出典:ドラマ本体のクレジット表示より採録(採録:古崎康成)】
キー局 ANB 放送曜日 放送期間 1991/01/01~1991/01/01
放送時間 21:02-23:39 放送回数 1 回 連続/単発 単発
番組名 新春ドラマスペシャル
主な出演 斉藤 由貴斎藤 由貴)、藤谷 美紀的場 浩司司  葉子池内 淳子(特別出演)、財津 一郎堤  真一山城 新伍浅利香津代宝生あやこ織本 順吉中原 早苗山村 紅葉土家 里織原  哲男勝部 演之今井 和子吉川 雅恵今西 正男田村 元治恩田恵美子芹沢 孝子金内喜久夫真木 仁小林 大介冨士真奈美秋篠 美帆井上裕季子水森コウ太みずのこうさく水野こうさくみづのこうさく)、佐藤 百起田村 憲司山口 純平椎名 茂堀川 和栄中村 澄子亀山 助清尾崎 浩実一瀬 千絵篠田 薫若駒早川プロ、(ナレーション・佐藤 慶)(方言指導・井上裕季子
主な脚本 宮川 一郎
主なプロデューサ 藤田 裕一高戸 晨一(ANB)、田中 芳之(ANB)、(プロデューサー補・大友 喜春)(広報担当・牧野 秀幸(ANB))(スチール・奥川  彰
主な演出 (監督・出目 昌伸)(助監督・吉川 威史佐藤 陸夫初山 恭洋松川 貴志菊地 雄一)(殺陣・林 邦史郎)(記録・林 満利子
原作 有吉佐和子「和宮様御留」(講談社刊)
局系列 ANN
制作会社 総合プロデュース、ANB
制作 (制作担当・船津 英恒)(制作デスク・高橋 尚子)(制作主任・市川 幸嗣、斉藤 寛)(制作進行・野口 広光、朝倉 二葉、鈴木 嘉弘)
企画 近藤  晋関口 恭司(ANB)
撮影技術 上田 正治、(別班協力)原  一民、(撮影助手・北沢 弘高橋 卓也)(撮影効果・加藤  勝)(照明・篠崎 豊治)(照明助手・石川 末八堀  直之白井 将成三上 誠司)(録音・熊谷良兵衛)(録音助手・高野 泰雄笠原 秀樹)(VE・小田切 徹)(VTR編集・船崎 亮一)(協力・東映東京撮影所東映京都撮影所オーエイギャザリング、生田スタジオ)
美術 (美術監督・植田  寛)(デザイン補・山崎 秀満北谷 岳之)(オープンセット担当・池上 雄三)(セット付・浅田 稔彦)(京都ロケーション担当・清水 光作尾崎 隆夫松田 浩司)(装飾・田畑 照政大庭 信正柳沢  武高久 律子)(美粧・結髪・河田 福司今  義美水巻 春江井上 ゆみ石塚 真子上田喜三郎)(かつら・田中 保次細野かつら大沢 金久中久保 治)(衣裳・小林 正光管井  博宮越久美子)(衣裳協力・東京ますいわ屋)(協力・東映美術センター東京美工東京衣裳嵯峨野かつら、美粧ライオンズ)

Tag Cloud

斉藤由貴 替え玉 藤谷美紀 和宮 フキ 下働き 的場浩司 道喜 粽司 祇園祭山鉾連合会 綸子 公家屋敷・橋本 資料協力・鷹司 公武合体 勤皇佐幕 京都亀岡 宮大工 相国寺 宮川一郎 衰弱 御所 飲み込む 皇女 川端 祇園祭 ゆれる 藤田裕一 米沢 四郎 財津一郎

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供