• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ君の瞳に恋してる! A・GIRL・MEETS・BOYS

「あこがれの代官山に住みたい女子大生の瞳(中山美穂)は格安のマンションを見つけ友人の麻知子(菊池桃子)、照代(藤田朋子)と3人で共同生活をはじめる。ところが隣室にマンション探しで部屋を争った軟派な男・元(前田耕陽)と、初対面のデートでいきなり瞳の唇を奪った耕平(大鶴義丹)が越してくる。瞳は元から猛烈なアプローチを受ける一方、ラジオディレクター、森田(石田純一)の大人の魅力にもひかれていく…。そこにさらに同居人の麻知子と照代の恋模様が複雑に絡み合って次々と騒動が巻き起こることに。東京でお洒落な恋愛がしたい!大人の世界の入り口にさしかかったばかりの「恋に恋する」女の子たちが触れていく「ガール・ミーツ・ボーイ」が軽快に描かれていく。脚本は『な・ま・い・き盛り!』『おヒマなら来てよネ!』と中山美穂主演で常に新しい一面を引き出す作品を放って成功してきた伴一彦で、本作では取材を重ねる中で若者の自然で即興的な会話が台詞に盛り込まれた結果、それまでのドラマにないリアルで新鮮な会話劇が生まれている。若い出演陣の中、その後のトレンディドラマで大活躍する石田純一がこのドラマでヒロインが想いを寄せる大人の男性を演じていてカッコいい。カラダを求めてくる男性をどう受け止めていいのかと思い悩む女の子たちの姿を描き、恋愛とはなにか?という根源的なテーマが問われたり、表面的には軽快な作りだが、ところどころある種古風な、深い恋愛の本質的な課題が提示されているところが作品に魅力を与えている。【この項、文・古崎康成】」当初放送開始予定は1989/01/09だったが緊急特番のため1週間延期され1回短縮された。
キー局 CX 放送曜日 放送期間 1989/01/16~1989/03/20
放送時間 21:00-21:54 放送回数 10 回 連続/単発 連続
主な出演 中山 美穂(1)-(10)、前田 耕陽(1)-(10)、菊池 桃子(1)-(10)、大鶴 義丹(1)-(10)、藤田 朋子(1)-(10)、吉田 栄作(1)-(10)、石田 純一(1)-(10)、かとうかずこかとうかず子)(1)-(10)、森   恵(2)-(10)、田中美奈子(1)-(10)、円谷 優子(1)-(10)、原田大二郎(1)-(10)、石野 真子石野 眞子)(5)(10)、キャプテン・ジョージ(1)-(10)、春一番(1)(2)(4)(5)(8)、宮内  創(1)(2)(4)(5)(8)、冨士原恭平(3)(5)(6)(8)、諸橋  勇(4)-(7)(9)、(以下、非レギュラー須永  慶(2)、前川真喜子(1)(2)、段田 安則(1)、新井 量大(1)(5)、長谷 有洋(3)、倉明  健(3)、マイケル富岡(7)、相田 康次(8)、中野 英雄(8)、橋本 裕子(8)、石川 心一(5)、野村 ちこ(5)、橋本千代子(5)、原田ゆう子(5)、太田 浩介(5)、森 誠一郎(5)、伊藤 正博(6)、掛田  誠(6)、夏川加奈子(6)、清水まゆみ(6)(7)、亀山 助清(8)、前川真喜子(4)(5)(8)、岡本 徳彦(8)、田中 元治(10)、石田 純子(10)
主な脚本 伴  一彦
主なプロデューサ (プロデュース・山田 良明大多  亮)(プロデュース補・平野 陽子
主な演出 中野 昌宏河毛 俊作光野 道夫、(演出補・杉山  登
局系列 FNN
制作会社 CX(第一制作部)
制作 (制作主任・永谷 啓一)
音楽 羽場 仁志、(選曲・辻田 昇司
主題歌 村井麻里子「どうしようもなく恋愛ラブ・アフェアー)」
撮影技術 須藤 康夫、(技術・高津 芳英
美術 荒川 淳彦
関連脚本ホームページ

Tag Cloud

中山美穂 前田耕陽 菊池桃子 麻知子 照代 大人 石田純一 恋愛 女の子たち 伴一彦 藤田朋子 きた伴一彦 ガール・ミーツ・... 魅力 マンション 男性 羽場仁志 トレンディドラマ カラダ 放送開始予定 隣室 思い悩む 中野昌宏 作品 越す 恋する 河毛俊作 共同生活 台詞 大鶴義丹

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供