• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ「正しい御家族」

若手脚本家の登竜門として知られた「TBS新鋭シナリオ賞」。その入選作を蟹江敬三主演でドラマ化。誰でも窮地に陥ったとき、藁にもすがる思いであらゆるものに頼りたくなる、そんな人間の欲深さと浅はかさを不思議なタッチで描いた。大手建設会社の課長・今野三治(蟹江敬三)に昇進のチャンスが巡ってきた。この機会をものにしたいが、強力な対抗馬がいる。なんとしても勝ち抜きたい。そのためには条件が必要だった。それは、「家族が安泰であること」。というのも、前部長は娘が売春行為で捕まり、週刊誌沙汰となったことで左遷されてしまったのだ。それからというもの会社経営陣は神経質になっている節がある。ところが、家族については今野の泣きどころだった。妻・一江(山本道子)は新興宗教にハマり、娘・めぐみ(松本明子)は女子大生でありながら子どもを産んでいる。家族の実態が明らかになれば、昇進できないだけでなく、本社に居続けることすら難しいかもしれない。そんな時、今野は一枚の広告を頼りに電話をかけた。「エンピツ一本から御家族までお貸しします」というレンタル会社だった。今野は思わず「家族一式」を申し込んでしまうが…。【以上、TBSチャンネル広報資料より引用】「家族崩壊した会社員がレンタル家族を雇い、「理想の家族」を持つことで出世に成功する物語。部長に昇格した主人公だが、結局うそがばれて降格になってしまう。そして主人公は気づくのだ。どんな不都合な家族でも、やはり本物が一番。家族は煩わしいぐらいでちょうど良いのだと。主人公の行為は愚かだが、私たちは果たして彼を笑えるのだろうか。【この項、「TVダイアリー 清水有生(2)」(清水有生氏執筆、朝日新聞2003/12/14付掲載)より引用】」協力:HOTELマウント富士、大和生命保険、緑山スタジオ・シティ。
キー局 TBS 放送曜日 放送期間 1987/09/06~1987/09/06
放送時間 16:30-17:30 放送回数 1 回 連続/単発 単発
番組名 新鋭シナリオ賞
主な出演 蟹江 敬三山本 道子磯野 洋子奥村 公延島田  彰下塚  諒松澤 一之奥野  匡西村 淳二松本 明子花井京之助芳ヶ野恭子山内慶太郎門脇 三郎加藤 茂雄打出 親五山崎  満桜井ゆうこ黒沢  瞳浜津 有里藤川 純美寺田 千夏芸プロ
主な脚本 清水 有生
主なプロデューサ 松田 幸雄
主な演出 水留  章、(演出補:上條  晃和田 孝士江口 正和)(記録:増田 ゆみ
局系列 JNN
制作会社 (製作著作:TBS)
音楽 (音響:鈴木 敏夫杉田  毅)(選曲:山内 直樹
主題歌 E.Satie「Je te veux」
撮影技術 (技術:名佐原昭雄)(カメラ:青木葉吉樹)(VE:中村 孝雄)(照明:正木 正登)(音声:柳沢 任広)(編集:佐藤 雅之
HP
美術 (美術制作:丸谷 時茂)(デザイン:後藤  洋)(メイク:アートメイクトキ)(衣裳:東京衣裳)(小道具:テレフィット)(持道具:京阪商会)(大道具:東宝舞台

Tag Cloud

山本道子 家族 今野 x 蟹江敬三 昇進 磯野洋子 清水有生 部長 主人公 泣きどころ TBS新鋭シナリ... 松本明子 水留章 家族崩壊 売春行為 娘・めぐみ 降格 大和生命保険 貸し 大手建設会社 入選作 ハマる 松田幸雄 島田彰 広告 笑える 実態 左遷 チャンス

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

FaceBook

クチコミ

ユーザレビュー

関連ブログ

ドラマデータ提供