• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データアリエスの乙女たち

私立の名門・仰星高校に、ひとりの転校生がやって来た。美しいが、男性的で荒々しい水穂薫(南野陽子)だ。そんな薫にいつしかあこがれを抱く久保恵美子(佐倉しおり)。ところが二人の間には意外な事実が…。薫と恵美子は、同じ星座アリエス(牡羊座)に生を受けた異母姉妹だったのだ。中高生から絶大な人気を得た純愛ロマン。番外編一回を含む。当初予定放送回数は全25回だった。後年、出演俳優の相楽晴子は『スケバン刑事』での和気藹々とした雰囲気だった東映の制作現場のあと、本作に出演して、大映テレビの打って変わったような殺伐とした現場の雰囲気を自著で明らかにした。「ほかの女の子のシーンだと「はいOK。すごくよかったよ」なのに、私の場合は立ち位置を少し間違えただけで、カメラものぞいてもらえない。どうしたらいいのか私が困っていても、カメラマンはわざと知らん顔してほかの人としゃべって大声で笑ったりしている。あるシーンで役の女の子の気持ちの解釈を監督にたずねたことがあったんです。ここのところ、私はこう思うのですが、どうなんですかって。そうしたら監督に、恋愛もしたことないくせに大きなこと言うな、今まで台本の読み方も立ち位置も教えてもらってこなかったのか。こんなところにもう来なくていいから帰れと言われた。靴に画鋲というような、よく言われている古典的な意地悪はなかったけれど、言葉の針がすごく強烈だった。監督ももちろんそうだけど、ほかのスタッフも主役の女の子に対しては、手のひらを返すように、ちやほやして、蝶よ花よという感じだった。半年くらい一緒に仕事をする間に、私は私なりに、かなり格闘して、最後には頑張れよと言ってもらえるような関係にまで持っていったけれど、あとにも先にもあんなにひどいスタッフははじめてだった。この間、何年かぶりにテレビ局で偶然その監督に会ったのですが、「いい女優になってきたね」なんて言っていた。あのときの私に対する、明らかに苛めとしか思えない、仕打ちの数々をすべて忘れたかのように、笑顔まで浮かべて。」【相楽晴子・著(井上香織・構成・文)「素直でいたいネ。」(1994年、講談社刊)より引用】。放送回数全24回には総集編を含む。「オープニングのテロップに出された各話サブタイトルは以下の通り。(古崎注:総集編を除く)第1話「魔性の瞳」、第2話「これが愛?」、第3話「二人だけの夜」、第4話「恋のスクランブル」、第5話「親たちの秘密」、第6話「恐ろしい破局」、第7話「真昼の決闘」、第8話「男の決着」、第9話「愛なき妊娠」、第10話「たった一人の結婚式」、第11話「私のすべて捧げます」、第12話「私は愛人」、第13話「影の女」、第14話「恐ろしい宣告」、第15話「神よ!私に暗闇を」、第16話「檻の中の愛」、第17話「私の名は不倫少女」、第18話「花嫁となる夜」、第19話「母の遺言」、第20話「召しませわが命」、第21話「悲しき化身」、第22話「愛しながら他人」、最終話「輝ける愛の奇跡」。【この項、文:栄司】」撮影協力:多摩テック(1)、サンヨーガーデン(4)-(23)、八王子日本閣(10)(22)(23)、八王子そごう(11)、日本医科大学付属多摩永山病院(14)(15)、箱根環翠楼(18)。【データ協力:デイリーザキヤマ、春夏秋冬】
キー局 CX 放送曜日 放送期間 1987/04/08~1987/09/23
放送時間 20:00-20:54 放送回数 24 回 連続/単発 連続
主な出演 南野 陽子(1)-(23)、佐倉しおり(1)-(23)、松村 雄基(1)-(23)、石橋  保(1)-(23)、相楽ハル子相楽 晴子)(1)-(22)、若林  豪(1)-(10)(12)-(14)(16)(18)(19)(21)-(23)、高橋 昌也(4)-(8)(11)-(23)、中尾  彬(1)-(9)、桂木  文(5)-(9)、梶 芽衣子(1)-(5)(7)(9)-(11)(13)-(15)(17)-(19)(22)(23)、藤代美奈子藤代宮奈子)(4)-(20)(22)(23)、大場久美子(1)-(3)(6)-(17)(19)-(21)(23)、宅麻  伸(1)-(8)(10)-(16)(19)-(22)、佐藤 万理(誤り…佐藤 万里)(1)-(4)(7)(8)(10)-(12)(16)(19)(21)、初井 言榮初井 言栄)(1)-(8)(11)、野川由美子(1)-(11)(16)(18)(19)、結城美栄子(9)-(11)(13)(14)(18)-(21)、唐沢  潔唐沢 寿明)(1)-(4)(6)、松本 明子(1)-(6)(10)、後藤  健(11)(14)、水谷 優子(17)、奈月ひろ子(1)(2)(5)(8)-(12)(18)(23)、速川 明子(1)-(7)(10)、内田 慎一(1)-(4)(6)、橋本実加子(1)-(3)(6)(10)、斉藤 雅史(1)-(3)(5)(6)(8)、嘉手納真夕(1)-(3)(10)、武藤 大助(1)-(3)(5)(6)(8)、鈴木 倫子(1)-(7)(10)(13)(15)、木暮  毅(1)-(3)(13)、小池 孔一(1)-(3)(5)(6)(8)(13)、佐藤  裕(1)-(4)(6)、湯原 貴氏(1)-(3)、児玉 陽子(1)-(7)(10)、才神 ルミ(1)-(3)(6)(8)(10)(13)(15)、滝 あゆみ(1)-(7)(10)、大久保祐二(1)、畔上  功(1)、菅原 浩司(1)、木下 浩之(2)(4)、千葉清次郎(2)、猫又 博志(2)(16)((2)は、猫俣 博志、と表記)、中村 正人(2)(16)(20)、中平 良夫(4)、円谷 文彦(4)、平野  稔(5)、井上 智之(5)、高橋 美樹(5)、藤田 宗久(6)、小出 綾女(7)(8)、浅沼 晋平(7)(8)、石原 昭宏(7)(8)、田中 耕二(8)、嶋崎 伸夫(8)、平泉  成(9)-(11)(13)(18)-(21)((9)は、平泉  征、と表記)、深水 三章(9)-(11)(16)-(18)、稲垣 昭三(9)(11)、福田 公子(9)、武内 文平(9)、井上三千男(9)、兼田 晴巨(9)、高橋 芳彦(9)、秋間  登(9)、名取 幸政(10)、磯西 真喜(10)、大塚 国夫大塚 州夫)(11)(12)(16)、久保 幸一(11)、大矢 兼臣(11)、宮田  光(11)-(13)、檀  臣幸(11)(14)、酒井万理子酒井万里子)(11)-(14)、増子倭文江(13)、吉村 よう(13)、坂口 進也(13)、大平 輝雄(14)、竹村 淑子(14)、藤堂 貴也(13)、土師 孝也(13)、平尾 仁彰(13)、渥美れい子(13)、田沼 梨好(13)、加藤  満(13)、西本 裕行(14)、山口 将之(14)、内田  稔(15)(17)、谷口  香(15)(17)、井上 倫宏(15)-(17)、丸岡 奨詞(15)、小川 隆一(15)、灰崎 武浩(15)、藤森 太介(15)、村田 暁信(15)(20)、小林 大介(15)、城源寺くるみ(16)(17)、小山 武宏(16)(17)、高品  剛(16)(17)、今村エリ香(16)、森松 豊文(16)、小林 謙司(16)(20)(21)、大林 隆介(17)、内田 正樹(17)、茂木 幹雄(17)、牧村泉三郎(17)、常泉 忠通(18)、八木  隆(18)、児玉 謙次(19)、山崎 健二(20)、徳平  誠(20)、車  邦秀(20)(21)、新 みのる(20)、千葉清次郎(20)(21)、川田 路子(21)、吉田はるみ(21)、大林 隆介(23)、(陶芸指導:雄長  忠(22)(23))(ナレーター:来宮 良子桜井 良子)(1)-(23))
主な脚本 長野  洋(1)(3)(6)(7)(12)-(14)(18)-(20)(23)、大原 清秀(2)(4)(5)(8)-(11)(15)-(17)(21)(22)
主なプロデューサ 柳田 博美千原 博司中尾 嘉伸(CX)、(スチール:岩宮 秀憲(9)-(23))
主な演出 (監督:土屋統吾郎(1)(2)(7)(8)(13)(14)(19)(20)、竹本 弘一(3)(4)(9)(10)(15)(16)(21)(22)、岡本  弘(5)(6)(11)(12)(17)(18)(23))(助監督:寺山 彰男(1)-(24)、金森  保(1)-(11)、小島 正道(12)-(23))(殺陣:車  邦秀(6)(7)(9)-(23))(記録:広川貴美子(1)-(3)(5)(6)(13)(14)(17)(18)(21)(22)、松隈 理恵(4)(7)(8)(11)(12)(15)(16)(19)(20)(23)、杉原 温子(9)(10))
原作 里中満智子「アリエスの乙女たち」(講談社・少女フレンドコミックス)、(劇中使用戯曲:「ロミオとジュリエット」(訳:小田島雄志、白水社刊)(1)(2))
局系列 FNN
制作会社 (制作:大映テレビ、CX)
制作 (制作主任:加治屋常幸)(仕上進行:松本 泰生)
企画 春日 千春(1)-(24)、重村  一(CX)(1)
音楽 菊池 俊輔菊地 俊輔…誤り)、(選曲:太田 正一(1)(2)、佐藤  啓(3)-(23))(整音:星  一郎)(効果:東洋音響)(録音:アオイスタジオ)
主題歌 柏原 芳恵柏原よしえ柏原 好恵「A・r・I・e・sアリエス)」(作詞:阿久  悠、作曲:林  哲司、編曲:船山 基紀)(東芝EMI)
撮影技術 浅井 宏彦(1)-(4)、横手 丘二(5)-(23)、(照明:伊藤 裕二)(編集:本間 元治)(録音:佐藤 幸哉)(色彩計測:峰尾  弘(1)(2)、新宮  誠(3)-(23))(照明助手:今  明夫今  明男))(録音助手:大井  徹)(編集助手:飯田 明彦)(撮影助手:和田  泰(1)(2)、小沢 佐俊(3)-(23))(照明助手:新屋敷 貢)(ネガ編集:広田 政美)(現像所:東京現像所
美術 本田  衛、(結髪:加藤 まこ創美みつおか))(美術助手:永田 勝明)(衣裳:奥本 義則)(衣裳:富士衣裳)(タイトル:デン・フィルム・エフェクト(デン-フィルム・エフェクト))

Tag Cloud

佐倉しおり 南野陽子 監督 立ち位置 女の子 すごい 恐ろしい 雰囲気 大原清秀 松村雄基 含む 総集編 シーン スタッフ 牡羊座 水穂薫 日本医科大学付属... 不倫少女 長野洋 大映テレビ あと 相楽ハル子 仕打ち OK 破局 浮かべる しゃべる 決闘 オープニング 暗闇

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

FaceBook

クチコミ

ユーザレビュー

関連ブログ

ドラマデータ提供