• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データさらば鬼平犯科帳(8)(最終回)スペシャル 鬼平死す

火付盗賊改メ長官の長谷川平蔵(中村吉右衛門)は父の墓参りのために、公儀に届けを出して京へ向かった。お供は木村忠吾(尾美としのり)ただ一人である。久しぶりに江戸を離れた平蔵は、日頃の激務から解放されてくつろいだ気分で旅を続け、無事墓参りを終えて帰路についた。その途中で大変な事が起こった。平蔵は江戸には帰って来なかった。忠吾によると、平蔵は鈴鹿峠で忠吾とはぐれ、谷底に足を滑らせて命を落としたのだと言う。妻の久栄(多岐川裕美)始め、小林金弥(中村歌昇)ら部下の同心たちには信じられない。しかし、忠吾に同行した鈴鹿の関所の役人二人が、鈴鹿山中での捜索の模様を話し、鹿も通わぬ難所で平蔵の足跡が発見され、やがて愛用していた銀のキセルも見つかったことを聞くに及んで、遺体は見つからなかったものの、死んだとしか思えなくなった。平蔵が好んだ軍鶏鍋の店、本所の五鉄には、密偵と言う立場のために、葬儀にも顔を出せない相模の彦十(江戸家猫八)、おまさ(梶芽衣子)、小房の粂八(蟹江敬三)、大滝の五郎蔵(綿引勝彦)が集まって平蔵をしのんだ。その頃大坂では、平蔵が死んだ、と言う話を聞いた凶悪な盗賊・白子屋菊右衛門(金田竜之介)が、これを機会に江戸へ乗り込んで荒らし回ろうと企んでいた。朝が来て、彦十、おまさ、粂八、五郎蔵が五鉄から外へ出ると、霧の中に深編笠の男が立っていて…。【以上、BSフジ広報資料より引用】ロケ協力:京都 大覚寺。衣裳協力:京都 室町石勘。(おもいでの名場面:「血頭の丹兵衛」(監督:高瀬昌弘、脚本:野上龍雄、出演:日下 武史、島田 正吾)、「本所櫻屋敷」(監督:小野田嘉幹、脚本:井手雅人、出演:萬田 久子(万田 久子)、江守  徹)、「血闘」(監督:田中徳三、脚本:小川英、出演:高橋悦史、岩尾正隆)、「むかしの男」(監督:小野田嘉幹、脚本:安倍徹郎、出演:鹿内  孝)、「むかしの女」(監督:小野田嘉幹、脚本:安倍徹郎、出演:山田五十鈴、浅利香津代、柴  俊夫)、「托鉢無宿」(監督:大洲斉、脚本:小川英、出演:夏八木 勲)、「本門寺暮雪」(監督:高瀬昌弘、脚本:小川英、出演:夏八木 勲)、「笹屋のお熊」(監督:吉田啓一郎、脚本:櫻井 康裕、出演:北林 谷栄)、「兇賊」(監督:小野田嘉幹、脚本:安藤日出男、出演:米倉斉加年)、「泥鰌の和助始末」(監督:高瀬昌弘、脚本:安倍徹郎、出演:財津一郎)、「熱海みやげの宝物」(監督:高瀬昌弘、脚本:野上龍雄、出演:いかりや長介)、「盗法秘伝」(監督:杉村六郎、脚本:井手雅人、出演:フランキー堺)、「一本眉」(監督:田中徳三、脚本:安倍徹郎、出演:芦田伸介、尾藤イサオ)、「敵」(監督:原田雄一、脚本:星川清司、出演:江守  徹)、「蛇の平十郎」(監督:高瀬昌弘、脚本:田坂啓、出演:石橋蓮司、篠田三郎)、「炎の色」(出演:池内淳子)、「五月闇」(出演:三浦浩一)、「うんぷてんぷ」(出演:神田正輝)、「はさみ撃ち」(出演:中村嘉葎雄)、「あきれた奴」(出演:中村橋之助)、「雨乞い庄右衛門」(出演:田村高廣)、「女掏摸お富」(出演:坂口良子)、「暗剣白梅香」(出演:近藤正臣)、「麻布ねずみ坂」(出演:芦屋雁之助)、「谷中いろは茶屋」(出演:長門裕之)、「老盗の夢」(出演:丹波哲郎))。【役名(演技者)】長谷川平蔵(中村吉右衛門)、久栄(多岐川裕美)、小林金弥(中村歌昇)、酒井祐助(勝野洋)、木村忠吾(尾美としのり)、おまさ(梶芽衣子)、相模の彦十(江戸家猫八)、小房の粂八(蟹江敬三)、白子屋菊右衛門(金田竜之介)、松平定信(市村羽左衛門)。【出典:ドラマ本体のクレジット表示より採録(採録:古崎康成)】《4:3》
キー局 CX 放送曜日 放送期間 1998/06/10~1998/06/10
放送時間 19:30-21:14 放送回数 1 回 連続/単発 単発
主な出演 中村吉右衛門多岐川裕美市村羽左衛門金田龍之介勝野  洋尾美としのり中村 歌昇3代目)(中村 光輝中村又五郎3代目))、蟹江 敬三綿引 勝彦綿引  洪)、江戸家猫八梶 芽衣子仲谷  昇沼田  爆真田健一郎藤巻  潤江戸家まねき猫西園寺章雄南条 好輝前田 忠明中村吉之助中村吉三郎中村 吉次中村 吉弥中村 吉六、(料理指導:阿部 孤柳川田 正昭)(協力:エクラン演技集団)(ナレーター:中西  龍仁内 建之
主な脚本 古田  求
主なプロデューサ 松本 宗大松竹)、西渕 憲司(CX)、河合  徹(CX)、(広報:笠井 渉三(CX)、野村 正義(CX))
主な演出 (監督:酒井 信行)(助監督:服部 大二)(監督補:高坂 光幸)(殺陣:宇仁 貫三)(スクリプター:竹内美年子
原作 池波正太郎(文春文庫刊)
局系列 FNN
制作会社 (制作:松竹、CX)
制作協力 (製作協力:松竹京都映画)
制作 (製作主任:渡辺 寿男)(演技事務:山緑 美春)(渉外:木辻 竜三)(進行:橋本  博)
企画 市川 久夫武田  功松竹)、能村 庸一(CX)
音楽 津島 利章、(調音:鈴木 信一
主題歌 (エンドテーマ:ジプシーキングス「インスピレイション」(EPICソニー))
撮影技術 安田 雅彦、(照明:中島 利男)(録音:中路 豊隆)(編集:園井 弘一)(現像:イマジカ)(VTR編集:キッズカンパニー
美術 (装飾:木下  保)(装置:新映美術工芸)(美粧:八木かつら)(衣裳:松竹衣裳)(小道具:高津商会

Tag Cloud

出演 監督 脚本 平蔵 中村吉右衛門 高瀬昌弘 忠吾 彦十 多岐川裕美 小野田嘉幹 粂八 池波正太郎 安倍徹郎 小林金弥 中村歌昇 木村忠吾 むかし 久栄 田中徳三 五郎蔵 まさ 江戸家猫八 梶芽衣子 市村羽左衛門 江戸 尾美としのり 久子 井手雅人 小川英 野上龍雄

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供