• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データこのこ誰の子?(この子誰の子…誤り、この子誰の子?…誤り)

親公認のカップル・高校生の葵と宗次郎の前に、宗次郎の義母の息子・拓也が現れる。ある日、葵は拓也に犯され身ごもってしまう…。望まぬ妊娠をしてしまった少女が苦しみながらも強く生きていく様を描いた異色学園ドラマ。【以上、チャンネルNECO広報資料より引用】釧路ロケを敢行。保坂尚輝の本格デビュー作。一部資料では全23回と記載されているが誤りと思われる。「オープニングのテロップに出された各話サブタイトルは以下の通り。第1話「運命の上京」、第2話「見た!あいつの胸」、第3話「初めての接吻」、第4話「悪しき血の爆発」、第5話「恐怖の告白」、第6話「ない!どうしよう」、第7話「別れのデート」、第8話「命預けた長距離便」、第9話「父たちの戦争」、第10話「名古屋の出来事」、第11話「運命のめぐり会い」、第12話「葵からの手紙」、第13話「危険なニア・ミス」、第14話「宗!この子の父はあなた」、第15話「別れの抱擁」、第16話「旅の終り・鎌倉」、第17話「三つのプロポーズ」、第18話「妻を賭けた挑戦」、第19話「神に背いた結婚式」、第20話「第二の結婚」、第21話「涙の結婚初夜」、最終話「愛する人よ強くあれ」。【この項・文・栄司】」「神はこの世に生まれたすべての生を嘉(よみ)したもうか。この物語は愛の神に心をゆだね、生きることへの過酷な挑戦を試みた一少女の愛のロマンである。」【オープニングナレーションより】医療器具協力・TOITU トーイツ、日本光電(16)(22)。衣裳協力・LUCKY、ATELIER MEIKU、セラパン、学生服のコード、東京ブラウス、京都たかさん、Vino(22)。撮影協力・東亜国内航空(1)-(5)、釧路市商工観光課(1)、釧路市観光協会(2)-(22)、釧路グランドホテル(1)-(9)、釧路パシフィックホテル(1)-(5)、日本医科大学付属多摩永山病院、アート引越センター(8)、ホテルリステル新宿(10)(11)、八王子日本閣((21)では日本閣)(10)(11)(21)、東洋美術学校(20)。フイルム提供・日本ヘラルド映画「ミリイ」('87年初旬公開予定)(3)。
キー局 CX 放送曜日 放送期間 1986/10/22~1987/03/25
放送時間 20:00-20:54 放送回数 22 回 連続/単発 連続
主な出演 杉浦  幸岡本 健一保阪 尚輝((1)では保坂 尚輝)、中田 喜子相築 彰子相築あきこ相築あき子)、前田  吟新  克利名古屋 章(4)(14)(15)(19)-(21)、梶 芽衣子(1)(2)(4)(6)(8)(10)(11)(14)(16)-(18)(21)(22)((11)は表示のみ)、梅宮 辰夫(3)(6)-(13)(15)-(19)、高林由紀子(1)-(13)(15)-(22)、長山 洋子(6)-(13)(15)-(22)、船越栄一郎船越英一郎)(2)(3)(6)(8)(10)(13)-(16)、徳丸 純子(2)-(6)(8)(10)(11)(13)-(16)(19)-(22)、峰岸  徹(1)-(7)(9)、竹内  力(12)-(17)、谷口  香(8)、平泉  成(8)(9)、野川由美子(9)、青田 浩子(9)、中尾  彬(10)(11)、三浦 真弓(10)(11)、鈴木ヒロミツ(12)-(15)、西田  健(13)-(15)、高橋 昌也(20)-(22)、板谷祐三子(1)-(9)(12)(18)(20)-(22)、森  一馬(1)-(9)(12)(13)(18)(20)-(22)、太田 直人(1)-(5)(7)、長浜 芳弘(1)-(9)(12)(13)(18)(20)-(22)、沖 真由美(1)-(9)(12)(18)(20)-(22)、下川 和弘(1)-(9)(12)(18)(20)-(22)、高杉  亘(1)(3)、宿利 千春(6)、山口 将之(8)(10)-(12)(17)(18)、里見 和香(8)、小林 宏史(9)、今井 和子(9)、広井  純(9)、豊原 功補(クレジットでは豊原 功輔)(10)、橋本実加子(10)、風間みつき(10)(11)、小野 由美(10)(11)、平野  稔(11)、大林 隆介(11)(18)、桂田 裕子(12)-(16)、矢代 朝子(12)-(15)、井上 博一(14)、石山 律雄(14)(15)(19)、池田 道枝(17)、丸岡 奨詞(19)、秋間  登(19)、中平 良夫(19)、児玉 謙次(1)、島倉 由美(1)(2)(6)、内堀 和晴(1)、廣田 直美(2)-(7)(9)、綿抜 覧一(2)(5)(7)、安達 美加(3)(6)(7)、文蔵あかね(3)-(7)(9)(20)、楠  貴世((3)では楠  貴也)(3)-(7)(9)、穂積さとみ(3)、江連 賢司江連 健司、(3)(10)(13)-(15)では江連 覧司、(8)では覧の下が貝))(3)(8)(10)(13)-(15)、大谷 秀芳(3)、松本 昌吾(3)(5)(7)、高田 哲也(3)(5)(7)、名川 貞郎(3)(4)、車  邦秀(3)(4)、山本 哲也(4)、堅谷荘太郎(4)、山中 達郎(4)(6)(7)(9)、山口  誠(5)(7)、黒田  治(5)(7)、木村 実郎(5)(7)、和田 修治(5)(7)、佐々木 敏(5)、神保 隆幸(6)(7)、玉井  浩((9)では玉川  浩)(6)(7)(9)、高崎 良彦(6)(7)(9)、松岡 久美(6)、柳瀬 利之(7)、舘  大介舘  正貴)(7)、広世 克則(8)、遊佐ナオ子(8)、吉本 選江(8)、小松 明義(8)(10)(13)-(15)、猫俣 博志((17)では猫又 博志)(9)(17)、中村 正人(9)、坂口 進也(10)、竹田 寿郎(10)(11)、田沼 梨好(11)、小林 謙司(11)、久保 幸一(12)、池田 光隆(12)、樋口 悟郎(12)、吉村 よう(12)、北川真由美(12)、中 真千子(13)、越谷 文博(13)-(15)、真木  仁(13)、曽川留美子(14)、吉田はるみ(14)、大葉  順(14)、小田島 隆(14)(18)、村田 曙信(14)、山野 史人(16)、土師 孝也(16)、谷川  鮎(16)、早瀬みどり(16)、伊藤  愛(16)、大嶋比呂子(16)、玉田 佳弘(16)、奥田 龍寿(16)、須永 祥之(16)、後藤 龍志(16)、佐藤 真介(16)、嵯峨 礼子(16)、樋口 千夏(16)、島田 綾乃(16)、猿田 裕子(16)、望月 里美(16)、茂木 幹雄(17)、勝田  武(17)、灰崎 武浩(18)、宋  英徳(18)、田中 耕二(18)、福田 信昭(18)、竹村 淑子(19)、後藤  健(19)、手塚 秀彰(19)、石田 弘志(19)、松本  元(19)、鈴木 雅世(19)、吉田  聡(19)、五十嵐美恵子(20)、歌澤寅右衛門(21)、土屋美穂子(21)、穂高  稔(22)、監物 房子(22)、(ナレーター・来宮 良子桜井 良子))
主な脚本 江連  卓
主なプロデューサ 柳田 博美千原 博司中尾 嘉伸(CX)、石川 泰平(CX)(1)(2)
主な演出 (監督・土屋統吾郎(1)(2)(5)(8)(11)(14)(17)、岡本  弘(3)(6)(9)(12)(15)(18)(20)(22)、竹本 弘一(4)(7)(10)(13)(16)(19)(21))(助監督・藤木 靖之佐々木哲也)(記録・松隈 理恵(1)(2)(4)(6)(8)(10)(12)(14)(16)(18)(20)(22)、北村 直子(3)(5)(7)(9)(11)(13)(15)(17)(19)(21))
原作 津雲むつみ「彩りのころ」週刊セブンティーン 集英社漫画文庫刊
局系列 FNN
制作会社 大映テレビ、CX
制作 (制作主任・南條 記良)(制作進行・渡井 敏久)(仕上進行・松本 泰生)
企画 春日 千春重村  一(CX)(1)(2)、石川 泰平(CX)(3)-(22)
音楽 菊池 俊輔菊地 俊輔…誤り)、(選曲・太田 正一サウンドオフィス)(1)(2)、徳永由起子サウンドオフィス)(3)-(22))(効果・東洋音響
主題歌 椎名  恵「悲しみは続かない」(作詞・麻生 圭子、作曲・ジム・スタインマンJim Steinman
撮影技術 浅井 宏彦(1)-(3)、横手 丘二(4)-(22)、(照明・小川 正治)(録音・宮入  勝)(整音・星  一郎)(編集・本間 元治)(色彩計測・和田  泰((1)では和田  求)(1)(2)、新宮  誠(3)-(22))(照明助手・福田  真)(録音助手・橋本 高樹)(編集助手・飯田 明彦)(撮影助手・小沢 佐俊(3)-(22))(ネガ編集・広田 政美)(録音(別項目で表示)・アオイスタジオ)(現像・東京現像所
美術 大橋 雅俊、(美術助手・池田  護)(結髪・佐々木亮子)(衣裳・宮本まさ江富士衣裳)(タイトル・デン・フィルム・エフェクト)

Tag Cloud

杉浦幸 岡本健一 宗次郎 釧路 保阪尚輝 江連卓 別れ セラパン Vino MEIKU 挑戦 息子・拓也 撮影協力・東亜国... 運命 ATELIER 強い 京都たか 少女 接吻 背く 相築彰子 拓也 日本閣 生きる ロマン 重村一 義母 爆発 柳田博美 試みる

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供