• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ山路の笛(サンロの笛、小路の笛)

日本民話「絵姿女房」をベースにした30分番組。新聞テレビ欄にはじめて「テレビドラマ」という文字の入った番組。日本のテレビ本放送で初のテレビドラマとする資料もある。(2013/01/01の元旦の朝日新聞のテレビ特集紙面でもそのように扱われていた)「NHKが53年2月に放送した初のテレビドラマ『山路の笛』は、東北地方の民話を素材に横笛の名手の農夫(下元勉)とその妻になった天女(大塚道子)の悲恋を描いたもので、東宝から移籍した畑中庸生が演出を担当、杉賀代子が脚本を手がけた。【この項、松田浩氏著「テレビドラマ黎明期と時代」(日本放送作家協会編「テレビ作家たちの50年」(2009/08/25、日本放送出版協会刊)所収)より引用】」
キー局 NHK GTV 放送曜日 放送期間 1953/02/04~1953/02/04
放送時間 20:00-20:30 放送回数 1 回 連続/単発 単発
番組名 テレビドラマ
主な出演 下元  勉加藤 和夫水城 蘭子奈良岡朋子大塚 道子武内  享
主な脚本 杉 賀代子
主な演出 畑中 庸生内田 庸生
局系列 NHK
制作会社 NHK
美術 橋本  潔

Tag Cloud

杉賀代子 下元勉 加藤和夫 水城蘭子 畑中庸生 テレビドラマ 絵姿女房 日本民話 テレビ特集紙面 天女 横笛 山路 元旦 移籍 名手 新聞テレビ欄 朝日新聞 民話 番組 東宝 素材 ベース 悲恋 文字 手がける 大塚道子 奈良岡朋子 扱う テレビ 担当

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供