• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データちょっといい夫婦・その3

新聞記者をしている妻が、青年記者と麻薬ルートの追跡を開始。小倉雄(二谷英明)は、東都新聞社会部記者を定年で退職後、毎日が日曜のような暮らし。妻の律子(長山藍子)は、同社の学芸部記者で現役のバリバリだ。その律子に、神戸支局の青年記者・相沢(三ツ木清隆)が協力を求めてきた。相沢は麻薬の密輸ルートを長期に渡って追跡。取材費の問題でもめ事を起こし支局長を殴っていた。あと5日で懲戒免職の予定だが、組織のボスを突きとめるまで仕事はやり遂げるつもり。そんな相沢とペアで仕事を始めた律子は、日毎に若返っていく。カヤの外に置かれた体の小倉は面白くない。
キー局 TBS 放送曜日 放送期間 1982/12/26~1982/12/26
放送時間 21:00-21:54 放送回数 1 回 連続/単発 単発
番組名 東芝日曜劇場(第1356回)
主な出演 二谷 英明長山 藍子三ツ木清隆堀越 節子小島 秀哉梶 芽衣子光石  研
主な脚本 松山 善三
主なプロデューサ 石井ふく子
主な演出 鴨下 信一
局系列 JNN
制作会社 TBS

Tag Cloud

二谷英明 長山藍子 律子 三ツ木清隆 追跡 相沢 松山善三 取材費 小倉雄 青年記者 カヤ 学芸部記者 支局長 懲戒免職 長期 もめ事 若返る 同社 仕事 麻薬 小島秀哉 ボス 突く 退職 毎日 殴る 新聞記者 堀越節子 面白い 予定

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供