• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ吉宗評判記 暴れん坊將軍(最終回(第207回))しばし名残の八百八町(「名残」にルビ「なごり」が付く)(吉宗評判記 暴れん坊将軍(1))

『暴れん坊将軍』(放送期間1978/01/07~1982/05/01、全207回)のエピソードの一つで最終回にあたる。「辰五郎(北島三郎)の家に、かつての江戸の目明しで、今は故郷・信州にもどって顔役となっている老人・治助(加藤嘉)が訪ねてきた。治助が江戸に出てきたのは、土地の代官によるきびしい年貢の取り立てから農民を救うためで、窮状を勘定奉行に直訴するということだった。だが、治助は、上州・碓氷の関所を破ったという罪で、追ってきた役人に捕えられ、唐丸籠で信州へ送り返されることとなってしまった。「これは代官の仕掛けた罠だ」という治助の言葉に、辰五郎は、治助を助けるべく唐丸籠のあとを追った。一方、これを知った吉宗(松平健)も、一路信州へと向かうーー。【この項、KBS京都 番組広報資料より引用】」【役名(演技者)】徳川吉宗(松平健)、大岡忠相(横内正)、辰五郎(北島三郎)、加納五郎左衛門(有島一郎)、おさい(春川ますみ)、龍虎(龍虎)、おその(夏樹陽子)、おまち(岐邑美沙子)、大月半蔵(和崎俊哉)、源三(園田裕久)、常(阿波地大輔)、鉄(井上茂)、久(谷崎弘一)、治助(加藤嘉)、半次(平泉征)、おきく(小椋寛子)、木幡将監(川辺久造)、助十(山岡徹也)、周太(成瀬正)、佐竹伝八郎(中田博久)、利兵衛(河合絃司)、甚左(芦田鉄雄)、仙太(伊藤敏孝)、大垣参平(玉生司朗)、常八(笹木俊志)、文太(今川浩一)、女中(桂登志子)。【出典:ドラマ本体クレジット表示(採録:古崎康成)】
キー局 ANB 放送曜日 放送期間 1982/05/01~1982/05/01
放送時間 20:00-20:54 放送回数 1 回 連続/単発 連続
主な出演 松平  健横内  正北島 三郎有島 一郎春川ますみ龍虎夏樹 陽子岐邑美沙子和崎 俊哉園田 裕久阿波地大輔井上  茂谷崎 弘一、(以下、非レギュラー加藤  嘉平泉  征平泉  成)、小椋 寛子川辺 久造山岡 徹也成瀬  正中田 博久河合 絃司芦田 鉄雄伊藤 敏孝玉生 司朗笹木 俊志今川 浩一桂 登志子、(擬斗:三好 郁夫東映剣会))(特技:宍戸 大全)(ナレーター:若山 弦蔵
主な脚本 迫間  健はざまたけし
主なプロデューサ 宮川 輝水(東映)、渡辺  操(東映)、小澤 英輔(ANB)
主な演出 (監督:井沢 雅彦)(助監督:藤原 敏之)(記録:梅津 泰子
局系列 ANN
制作会社 (制作:東映(京都撮影所)、ANB)
制作 (進行主任:飯田  昭)(演技事務:加島 幹也)
音楽 菊池 俊輔菊地 俊輔…誤り)、(和楽監修:中本 敏生)(整音:格畑  学
主題歌 北島 三郎「炎の男」(作詞・作曲:原  譲二、編曲:池多 孝春
撮影技術 勝木 勝夫、(照明:海地  栄)(録音:栗山日出登)(編集:玉木 濬夫)(現像:東洋現像所
HP
美術 井川 徳道、(装置:広瀬 哲三)(装飾:田畑 照政)(美粧結髪:東和美粧)(衣裳:植田 光三)(小道具:高津商会

Tag Cloud

治助 松平健 唐丸籠 北島三郎 辰五郎 代官 横内正 迫間健 加藤嘉 龍虎 老人・治助 顔役 平泉征 江戸 年貢 利兵衛 直訴 取り立て きびしい 岐邑美沙子 捕える 仙太 きく 芦田鉄雄 吉宗 まち 宮川輝水 あと 救う 助ける

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供