• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ(開局20周年記念 土曜ワイド劇場)終戦特集 遙かなる海の果てに(遥かなる海の果てに)

1948年9月、部下の罪を背負いB級戦犯として処刑された海軍大佐堀内豊秋(古谷一行)の人生を通し、異常な状況の中で一人の人間がいかに誠実に生きようとしたかを描く。堀内は熊本の士族の家に生まれた。海軍兵学校を卒業した堀内は1941年、中佐となり、横須賀鎮守府第一特別陸戦隊の司令に命じられた。この部隊は日本初の落下傘部隊で1942年1月にセレベス島に敵前降下した。この作戦を指揮したのが堀内で、これが後に彼が戦犯に問われる原因となる。【以上、毎日新聞1979/08/18付より引用】
キー局 ANB 放送曜日 放送期間 1979/08/18~1979/08/18
放送時間 21:02-22:54 放送回数 1 回 連続/単発 単発
番組名 土曜ワイド劇場(第103回)
主な出演 古谷 一行梶 芽衣子倍賞千恵子中山  仁下元  勉大和田伸也永井 智雄山本 道子山内  明青木 文武安田 裕治
主な脚本 高橋 玄洋
主な演出 (監督:山内 和郎
局系列 ANN
制作会社 松竹、ANB
音楽 山内  正

Tag Cloud

古谷一行 梶芽衣子 堀内 倍賞千恵子 高橋玄洋 セレベス 横須賀鎮守 第一特別陸戦隊 海軍大佐堀内豊秋 B級戦犯 敵前降下 司令 落下傘部隊 海軍兵学校 中佐 戦犯 部隊 処刑 日本初 指揮 熊本 作戦 通す 背負う 部下 問う 卒業 命じる 状況 中山仁

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供