• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ1000回記念その2 幻の町(幻の街…誤り)

第31回芸術祭優秀賞受賞作品。1976年度芸術選奨文部大臣賞受賞対象作品。「倉本聰が原作・脚本を手がけた、東芝日曜劇場の1000回記念番組「幻の町」。当時40代になったばかりの倉本が描く世界が、見る者の心を揺さぶり、日本テレビドラマ史に残る珠玉の作品となった。物語はある地図を手にした老夫婦が、雪の舞う冬の小樽に降り立つところから始まる。樺太からの引揚者である老夫婦(笠智衆・田中絹代)が小樽の知人宅を訪ねた。夫婦は、戦前に20年ほど住んでいた樺太の真岡町の地図を10年かけて作成している。真岡は二人が出会った場所でもあり、大切な思い出も詰まっている土地だ。た旅館で地図をなくしたことに気づく。知人の家に置き忘れていたのだ。娘は恋人(北島三郎)とのデートに行く直前、忘れ物に気づき交番にその地図を届ける。だがそこで、その地図が真岡のものではなく、別の町のものだと知ってしまった…。どうやら夫婦の記憶が古くて、別の町の地図と混在してしまったようだ。交番から連絡をとってもらい、夫婦と再会した娘は地図を渡した。地図が戻り大喜びする夫婦。彼らを失望させたくない娘は、それが間違っていることを言い出せない。しかし、意を決して「その地図、真岡じゃない」と伝える…。【この項、TBSチャンネル広報資料より引用】」「本作での人間のやさしさを画面のすみずみまでしみとおらせた笠智衆の演技は、未だに語り草である。【「昭和ヒーロー事典」講談社文庫より引用】」協力:小樽市漁組市場、松岡満運輸。【役名(演技者)】木山公作(笠智衆)、木山さわ(田中絹代)、竹原ゆか(桃井かおり)、北山信次(北島三郎)、長峰健(室田日出男)。【データ協力:ウルトラマリン】
キー局 HBC 放送曜日 放送期間 1976/02/08~1976/02/08
放送時間 21:00-21:55 放送回数 1 回 連続/単発 連続
番組名 東芝日曜劇場(第1000回)
主な出演 田中 絹代笠  智衆桃井かおり北島 三郎室田日出男太田 明彦村井  洋末吉 敏男丸谷小一郎細田 惠子細田 恵子)、青木 了一石黒 淑子青坂 章子女鹿 伸樹草なぎ洋子(正しくは「なぎ」は「弓」扁に「前」と「力」)
主な脚本 倉本  聰倉本  聡
主なプロデューサ 守分 寿男
主な演出 守分 寿男、(演出補:小西 康雄
局系列 JNN
制作会社 (制作・著作:HBC(北海道放送))
制作 (制作補:長沼  修、田中 光夫)
音楽 広瀬 量平、(音響:稲辺 由男
撮影技術 (技術:川島 国男)(映像調整:早坂 啓司)(カメラ:矢萩  勲)(照明:高橋  大)(調光:福士 孝二)(音声:島  秀夫)(VTR:岡田 幸雄)(技術・マネージ:福原 英範
HP
美術 赤羽 真純、(美術進行:大石 真義)(小道具:阿部 正美)(衣装:田中 暁男)(化粧:湯原 湧子

Tag Cloud

地図 真岡 田中絹代 笠智衆 夫婦 小樽 樺太 交番 北島三郎 守分寿男 倉本聰 桃井かおり 長峰健 木山公作 しみとおる 笠智衆・田中絹代 気づく 日本テレビドラマ... 降り立つ 珠玉 作成 広瀬量平 間違う 記念番組 喜び 室田日出男 古い デート HBC 細田惠子

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

FaceBook

クチコミ

ユーザレビュー

このドラマの YouTube 検索結果

関連ブログ

ドラマデータ提供