• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ女人平家

週刊朝日に連載されるや、圧倒的な人気を博し、連載中にも関わらず、製作されたドラマ。「平家にあらずんば人にあらず」と呼ばれた平家隆盛期、清盛の妻時子とその6人の娘たちにスポットをあて、平家興亡の歴史の裏に秘められた女性たちの数奇な運命が描かれる。物語は9才の時から尼寺にひそかに育てられた佑子(盛子と双生児の姉妹)が漢学者で、後の鎌倉幕府の実力者、大江広元との悲恋を中心に、女たちの運命が彩られていく。吉永小百合の一人二役と、十二一重姿の美しさが話題をさらった女たちの時代絵巻。【以上、ホームドラマチャンネル広報資料】吉永小百合は、東京での収録ドラマ『花は花よめ』と掛け持ちで、本作が収録されている京都と東京を往復。心労も重なり声が出なくなる事態となり入院したという。協力:平安雅楽会(1)(2)。【役名(演技者)】佑子・盛子(吉永小百合)、大江広元(浜畑賢吉)、時子(有馬稲子)、平清盛(佐藤慶)、典子(新藤恵美)、汐戸(田中絹代)、阿紗枝(藤野節子)、安良井(三田和代)、世尊寺伊行(下元勉)、小檜垣(稲野和子)、庵主(宝生あやこ)、滋子(影万里江)、教盛(井関一)、難波弥五左衛門(宮部昭夫)、宗盛(長澄修)、美濃六(阿木五郎)、小笹(八代郷子)、夕霧(阿井美千子)、筆師(岩田直二)、奈々(山下富美代)、台盤所の男(上方柳次、上方柳太)、台盤所の女(武田禎子)、千鳥(宮田圭子)、冷泉隆房(高城丈二)、三善康信(池田鴻)、花山院兼雅(峰祐介)、広元の同僚(伊東義高)、台盤所の女(太田優子)、西行法師(日下武史)、平時忠(森章二)、丹波兼康(北原将光)、大江家執事(南部彰三)、高倉天皇(坂本友明)、藤原信清[坊門信清](荻島真一)、藤原信隆(佐竹明夫)、雪女(吉岡ゆり)、八重女(国睦子)、大江維光(岩田直二)、大江匡範(酒井哲)、殖子(桑原悦子)、更級(近松麗江)、小藤(那智映美)、俊寛(織本順吉)、藤原成親(小柴幹治)、小督の局(任啓子)、廓の方(多川理英)、多田蔵人(楠年明)、睦姫(岩村百合子)、藤原定能の妻(道井恵美子)、侍医(寺島雄作)、範子(北村昌子)、菊女(志乃原良子)、宗清(井原幹男)、平頼盛(永野達雄)、木曽義仲(浜田雄史)、老僕(藤川準)、源義経(二瓶康一)、大姫(尾崎弥枝)、義高(三木豊)、平重衡(三島猛)、三善康清(石井浩)、平敦盛(坂口多恵子)、熊谷直実(沖時男)、源頼朝(水島弘)、政子(加茂さくら)、阿波内侍(東恵美子)、知盛(唐沢民賢)、平清宗(加賀爪清和)、阿波民部(入江慎也)、安徳帝(宮村武子)。
キー局 ABC 放送曜日 放送期間 1971/10/07~1972/02/17
放送時間 21:00-21:56 放送回数 20 回 連続/単発 連続
主な出演 吉永小百合(1)-(15)(19)(20)、浜畑 賢吉(1)-(20)、有馬 稲子(1)-(11)(13)-(17)(19)(20)、佐藤  慶(1)(4)-(7)(13)-(15)(18)(20)、新藤 恵美(1)-(20)、田中 絹代(1)-(12)(15)(18)(20)、藤野 節子(1)-(8)(10)(14)(16)、三田 和代(1)-(14)(17)-(19)、下元  勉(1)-(11)、稲野 和子(1)-(11)(13)(16)、宮部 昭夫(1)(2)(5)-(8)(11)(14)-(16)、新條多久美(1)-(5)(9)(11)(13)-(16)(20)、結城 三枝(1)-(11)(16)(17)(19)(20)、小谷 悦子(1)-(11)(13)-(16)、宮田 圭子(1)-(11)(13)-(16)(19)、八代 郷子(1)-(5)(13)-(16)、佃  和美(1)-(8)(10)(11)(13)-(16)、阿木 五郎(2)-(7)(14)-(16)、阿井美千子(3)(4)(9)-(12)、黛 康太郎(3)(8)(14)(15)(17)(20)、山下富美代(4)(5)(11)(12)、和田 正信(5)(11)(15)-(17)(19)(20)、南部 彰三(6)-(8)(10)、高城 丈二(正しくは「高」は「はしご高」)(7)-(9)(12)(13)(15)(18)-(20)、池田  鴻(7)-(10)(12)(14)-(20)、佐竹 明夫(10)(11)(13)(14)、荻島 真一荻島 眞一)(10)-(20)、吉岡 ゆり吉岡 ユリ吉岡 まり)(10)-(12)(14)-(16)(18)、近松 麗江(12)-(18)、但馬 和子(12)(16)(17)(19)(20)、望月 太郎(15)-(17)(19)、松本 幸男(15)-(17)(19)、志乃原良子(16)-(19)、(以下、非レギュラー宝生あやこ(1)(2)、影 万里江(1)(6)、井関  一(1)、長澄  修(1)(5)、市川男女之助(1)(14)、諸口  旭茂呂 弘人諸口あきら)(1)、政後  毅(1)(2)、中村 信子(2)(6)、岡本 悠子(2)、片岡みどり(2)、岩田 直二(3)(10)、井上 博嗣(3)、上方 柳次(4)(7)、上方 柳太(4)(7)、武田 禎子(4)、宮前ゆかり(4)、芦田 鉄雄(4)、白橋 健次(5)、岩田  正(5)(17)(18)、森  章二(6)(17)(19)、北原 将光(6)(13)(15)、和泉 敬子(6)、峰  祐介(7)-(9)(15)(18)、伊東 義高(正しくは「高」は「はしご高」)(7)(14)、太田 優子(7)、坂本 友明(7)(8)、滝  譲二(7)、日下 武史(8)、水上千涌子(8)(10)(12)、水野 朝美(8)、南風 洋子(9)(10)、国  睦子(10)(11)(18)、酒井  哲(10)、石原須磨男(10)、出水 憲司(10)(20)、桑原 悦子(11)(16)(17)、那智 映美(11)(12)、石川阿彌子(12)(15)((15)は、石川阿弥子、と表示)、小野 朝美(12)(15)(19)、織本 順吉(13)、小柴 幹治(13)、任  啓子(13)、多川 理英(13)、楠  年明(13)、小沢 文也(13)、田中 弘史(13)、丸尾 好弘(13)(17)、岩村百合子(14)(15)、道井恵美子(14)、寺島 雄作(14)(15)、堀北 幸夫(15)、北村 昌子(16)、藤田恵美子(16)、井原 幹男(17)、永野 達雄(17)(18)、浜田 雄史(17)、藤川  準(17)、横堀 秀勝(17)、二瓶 康一火野 正平)(18)-(20)、尾崎 弥枝(18)、三木  豊津山 栄一)(18)、三島  猛(18)、石井  浩(18)、坂口多恵子(18)、沖  時男沖 ときお)(18)、水島  弘(18)-(20)、加茂さくら(18)(20)、立花  幸(18)、山口 真代(18)、大里ひろ子(18)、東 恵美子(19)(20)、唐沢 民賢(19)、加賀爪清和(19)(20)、入江 慎也(19)、宮村 武子(19)、西崎  健(19)、松尾 勝人(19)、藤間勘光次(20)、岡島 艶子岡嶋 艶子)(20)、柴田 和子(20)、(神楽舞:藤間勘真次社中(14))(振付:藤間勘眞次(20))(語り:奈良岡朋子(1)-(20))
主な脚本 水木 洋子(1)-(20)
主なプロデューサ 吉村 繁雄佐々木 孟
主な演出 (監督:西河 克己(1)(2)(7)(8)(14)、松本  明(3)(11)(12)(15)(18)、大熊 邦也(4)(9)(10)(13)(19)(20)、田中 徳三(5)(6)(16)(17))(助監督:山本  憲(1)-(17)、家喜 俊彦(18)-(20))(演技担当:三枝  満)(時代考証:林  美一)(記録:野口多喜子
原作 吉屋 信子「女人平家」(「週刊朝日」連載、朝日新聞社刊)
局系列 JNN
制作会社 (制作:松竹、ABC)
制作協力 (製作協力:京都映画)
制作 (製作主任:小島 清文)(進行:下川  護)
音楽 間宮 芳生、(調音:木村清治郎
撮影技術 酒井  忠、(照明:染川 広義)(録音:二見 貞行)(編集:河合 勝巳)(現像:東洋現像所
美術 武田 殷一(1)-(20)、尾浦  進(17)-(20)、(装飾:稲川 兼二)(装置:新映美術工芸)(床山・結髪:八木かつら)(衣裳:松竹衣裳)(タイトル絵:小野 教孝

Tag Cloud

吉永小百合 台盤所 大江広元 浜畑賢吉 有馬稲子 水木洋子 女たち 藤野節子 岩田直二 連載 藤原信隆 漢学者 時代絵巻 藤原信清 里江 運命 週刊朝日 加賀爪清和 一人二役 滋子 往復 南部彰三 実力者 水島弘 吉村繁雄 道井恵美子 彩る 東京 重なる 高城丈二

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

FaceBook

クチコミ

ユーザレビュー

関連ブログ

ドラマデータ提供