• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

アニメ 詳細データゲゲゲの鬼太郎(2)(新・ゲゲゲの鬼太郎)

1971年の日本、ゲゲゲの森にも都市化の波が押し寄せている。ネズミ男と猫娘が久々に再会した。鬼太郎は、とある漁村で悠々自適の生活を送り、かつての活躍が嘘のような有様だった。だが妖怪達が相変わらず各地に出没し人々を苦しめていることを知り、泥田坊との戦いを機に、再び妖怪退治に乗出していく。【フジテレビ721広報資料より引用】「足跡の怪」「イースター島奇談」「霊形手術」など本作の後半、児童向けとは思えないほど不気味な作品が続き、その不気味さは今日まで語りぐさになっている名編。なお、第5回「あしまがり」は現在の基準で内容的に問題があるとして放送されないことがある。【参考文献:「東映アニメーション演出家40年奮闘史」(森下孝三著、2010/11/20、一迅社刊)】
キー局 CX 放送曜日 放送期間 1971/10/07~1972/09/28
放送時間 19:00-19:30 放送回数 45 回 連続/単発 連続
主な出演 声・野沢 雅子田の中 勇大塚 周夫小串 容子永井 一郎野村 道子千々松幸子山本 圭子山田 俊司キートン山田)、山中武千雄神山 卓三矢田 耕司富田 耕生野田 圭一森山周一郎大竹  宏青木 笑児(41)、兼本 新吾中西 妙子西  桂太森  功至小原乃梨子槐  柳二鈴木 泰明加藤  修加藤  治)、立壁 和也たてかべ和也)(41)、山口 奈々(41)、千葉 順二宮内 幸平平井 道子杉山佳寿子白川 澄子近藤 高子吉田理保子柴田 秀勝北川 国彦北川 米彦)、渡辺 典子増岡  弘今西 正男納谷 六朗はせさん治坪井 章子北浜 晴子八奈見乗児桂  玲子田中 亮一
主な脚本 雪室 俊一(1)(7)(10)(17)(22)(26)(30)(34)(38)(42)(45)、安藤 豊弘(2)(6)(11)(15)(18)(23)(27)(31)(35)(39)(43)、三芳 加也(3)(14)、辻  真先(4)(8)(12)(16)(19)(24)(28)(32)(36)(40)(44)、柴田 夏余(5)(9)(13)(20)(21)(25)(29)(33)(37)(41)
主な演出 山本 寛巳高見 義雄設楽  博白根 徳重西沢 信孝山口 康男高畑  勲(5)、田宮  武茂野 一清新田 義方蕪木登喜司笠井 由勝及部 保雄中村  一新田 義方(41)、(演出助手・磯本 憲昭森下 孝三)(オープニング・エンディング演出・高畑  勲
原作 水木しげる
局系列 FNN
制作会社 東映(東映動画)、CX
制作 (製作担当・江藤 昌治)(製作進行・堤 四四三)
企画 斉藤  侑
音楽 いずみたく、(選曲・宮下  滋
主題歌 熊倉 一雄「ゲゲゲの鬼太郎」(作詞・水木しげる、作曲・いずみたく
撮影技術 藤橋 秀行菅谷 正昭不破 孝喜
ビデオ DVD:ポニーキャニオン
美術 秦  秀信下川 忠海福本 智雄横井 三郎土田  勇、(作画監督・江藤 文男我妻  宏小松原一男(41))(作画・宮崎  駿

Tag Cloud

水木しげる 野沢雅子 田の中勇 大塚周夫 雪室俊一 安藤豊弘 猫娘 都市化 乗出す 霊形手術 語りぐさ ネズミ男 泥田坊 妖怪達 児童向け 小串容子 名編 有様 奇談 まがる イースター あし 斉藤侑 悠々自適 山本寛巳 押し寄せる 三芳加也 ゲゲゲ 高見義雄 漁村

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

FaceBook

クチコミ

ユーザレビュー

関連ブログ

ドラマデータ提供