• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

アニメ 詳細データ魔法のマコちゃん

人魚の国の竜王の末娘・浦島マコは、人間の世界に憧れ、初めて見た人間の明に恋をしてしまう。人間になったマコは浦島老人の家に身を寄せる。明との再会を願い、父にもらったペンダントの不思議な力で町に起こる事件を解決しながら、人々との出会いを通して本当の人間になっていく。神谷明のアニメーションの声優の初仕事だったという。「僕のアニメーションの初仕事は、『魔法のマコちゃん』でした。役は少年BかC、台詞もほとんどアドリブ的なものだったと思います。録音は東映動画の大泉スタジオで行われていました。当時、横浜に住んでいた僕は、片道約3時間かけてスタジオに行き、録音に参加しました。でも、これはいまから思えば恐ろしい初体験でした。だって考えてもみてください。台本のチェックの方法、台本の持ち方、マイクの使い方など、ナーンも知らなかったのですよ。当然、失敗の連続でした。自分の台詞の時でも、先輩がマイクの前に立っていると、なんとなく怖くて、そこへ入っていけません。後ろのほうでウロウロしていると、ドーンと突き飛ばされ、やっとこさマイク前に出られても、今度は絵の口の動きに台詞が合いません。しゅんとしてその場で反省していると、「ほら、邪魔だ」とド突かれます。痛いし、情けないし――まったく惨憺たるアニメーションデビューでした。でもね、突き飛ばされたのは痛かったけど、正直言って、僕はとてもうれしかったんです。きっと先輩も、ヒナを巣立たせる親鳥のような気持ちだったんでしょうね。本当にありがとうございました。仕事後の僕は、アニメーションに興味津々、がんばるぞ、という気持ちでいっぱいでした。【この項、文:神谷明氏(神谷明著「神谷明と25人の声優たち みんな声優になりたかった」(1994/01/06初版、発行:オプトコミュニケーションズ、発売:主婦の友社)より引用)】」一部資料では放送終了が1971/07/30と記載されている。また第11話「逃げないで!ジム」、第21話「うそつき学園」、第24話「あたしは誰なの?」の3本は放送上問題があるため再放送されないことが多く、現在、再放送時は通常45回が放送されている。(DVDには収録されている)【参考文献:神谷明他著「神谷明と25人の声優たち みんな声優になりたかった」(1994/01/06初版、発行:オプトコミュニケーションズ、発売:主婦の友社)】
キー局 NET 放送曜日 放送期間 1970/11/02~1971/09/27
放送時間 19:00-19:30 放送回数 48 回 連続/単発 連続
主な出演 声・杉山佳寿子谷津  勲平井 道子梶  哲也丸山 裕子友近 恵子牧野 和子まきのかずこ)、槐  柳二大竹  宏千々松幸子市川  治沢 りつお神谷  明沼波 輝枝
主な脚本 辻  真先(21)、雪室 俊一(24)、岡本 克巳岡本 克己)、布勢 博一(11)、小川  英神山 一機押川 国秋押川 國秋)、鈴樹三千夫浪江 志摩山本 和子荒木 芳久松本 守正近藤  正北村 秀敏加藤 文治山崎 忠昭
主なプロデューサ 宮崎 慎一
主な演出 (監督・高見 義雄芹川 有吾)(演出・芹川 有吾高見 義雄久岡 敬史佐々木勝利岡崎  稔山本 寛巳勝田 稔男西沢 信孝金子 允洋池田  宏
原作 浦川しのぶ横山 賢二)、(辻  真先
局系列 ANN
制作会社 東映、NET
制作 (制作担当・原   徹)
企画 原   徹横山 賢二
主題歌 堀江美都子「魔法のマコちゃん」(作詞・作曲・渡辺 岳夫、編曲・松山 祐士)、堀江美都子・コロムビア・メール・ハーモニー「ボクはマコについてゆく」(作詞・作曲・渡辺 岳夫、編曲・松山 祐士
撮影技術 片山 幸男菅谷 正昭
美術 遠藤 重義山崎  誠横井 三郎沼井  肇伊藤 主計辻  忠直

Tag Cloud

浦川しのぶ 杉山佳寿子 マイク 谷津勲 台詞 人間 マコ 突き飛ばす 平井道子 痛い アニメーション 録音 辻真先 先輩 仕事 台本 親鳥 浦島老人 気持ち 雪室俊一 再放送 惨憺 原徹 使い方 横山賢二 丸山裕子 岡本克巳 声優 思う 梶哲也

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供