• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ梅ちゃん先生 結婚できない男と女スペシャル(前編「半径100メートルの男」・後編「欠点ばかりの女」)

「梅ちゃん先生」がスペシャル版として帰って来た。1962年。安岡梅子(堀北真希)は、東京・蒲田で小さな診療所を営んでいた。梅子の夫・信郎(松坂桃李)は、安岡製作所の社長として新幹線の台車の部品作りに注力していた。ある日、評判を聞きつけた雑誌記者が、安岡製作所を取材することに。しかし、そこに現れたのは取材が初めての女性記者・山川厚子(臼田あさ美)だった。一方、以前梅子がいた帝都大学病院では、研修医の神田真澄(小林涼子)が入局し…。【以上、NHK広報資料より引用】「松岡先生(高橋光臣)が面白すぎ。朝ドラのときは枠カラーを忠実に守り抑制的だったけど、今回は縛りがないせいかずっと面白い。尾崎将也さんは『結婚できない男』の阿部寛もそうでしたが、カタブツの男女を描かせたら面白い。【この項、文:古崎康成(ツイッターより)】」地上波ではNHK総合にて、2013/01/14、08:15~、前後編まとめて放送された。撮影協力:一橋大学(1)(2)。
キー局 NHK BSP 放送曜日 放送期間 2012/10/13~2012/10/20
放送時間 21:00-21:54 放送回数 2 回 連続/単発 単発
主な出演 堀北 真希(1)(2)、ミムラ(1)(2)、小出 恵介(1)(2)、松坂 桃李(1)(2)、岩崎ひろみ(1)(2)、大島 蓉子(1)(2)、滝藤 賢一(1)(2)、南  果歩(1)(2)、片岡鶴太郎(1)(2)、高橋 克実(1)(2)、倍賞美津子(1)(2)、高橋 光臣(1)(2)、徳永 えり(1)(2)、満島真之介(1)(2)、臼田あさ美(1)(2)、小林 涼子(1)(2)、木村 文乃(1)(2)、大沢  健(1)(2)、モロ 師岡(1)、竹財輝之助(1)(2)、野村 周平(1)(2)、宮武 美桜(1)(2)、庄野崎 謙(1)(2)((2)は回想)、押場 大和(1)(2)、吉田 騎士(1)(2)、平野 貴大(1)、松本  渉(1)、岩手 太郎(1)、伊藤 幸純(1)、内田 未来(1)、山崎  光(1)、福田 弘宜(1)(2)、山梨 雅子(1)(2)、佐藤 佑暉(1)、川口宰曜子(1)、鶴見 辰吾(2)、和泉 ちぬ(2)、なぎら健壱(2)、高崎 隆二(2)、ただのあさのぶ(2)、道井 良樹(2)、麗タレントプロモーション(1)(2)、宝映テレビプロダクション(1)(2)、放映新社(1)(2)、劇団東俳(1)(2)、テアトルアカデミー(1)(2)、劇団ひまわり(1)(2)、クロキプロ(1)(2)、Gunn's(1)、(医事指導:蒲田医師会(1)(2)、東邦大学(1)(2))(旋盤指導:佐久間正巳(1)(2))(青森ことば指導:だるま太朗(1)(2))(語り:林家 正蔵(1)(2))
主な脚本 (作:尾崎 将也
主なプロデューサ 三鬼 一希
主な演出 木村 隆文(1)、西村武五郎(2)、(タイトル映像制作:山本 高樹(1)、西尾  巧(1)(2))(医事監修:松坂  勲)(時代考証:天野 隆子)(記録:津崎 昭子
局系列 NHK
制作会社 (制作・著作:NHK)
制作 (制作統括:岩谷可奈子)
音楽 川井 憲次、(演奏:コンセール・レニエ)(音響効果:坂本  愛(1)、吉田 直矢(2))
主題歌 SMAP「さかさまの空」
撮影技術 畑村 季里(1)、川村 尚孝(2)、(技術:黒川  毅(1)、前田 貢作(2))(編集:藤澤 幹子)(照明:久慈 和好(1)、藤本 和典(2))(音声:奥山  操)(映像技術:石澤 祥子(1)、滝沢  勝(2))(VFX:釣木沢 淳(1)、高橋 佳宏(2))
美術 山内 浩幹、(美術進行:萩原 春樹(1)、栗原  誠(2))

Tag Cloud

堀北真希 ミムラ 安岡製作所 梅子 松坂桃李 小出恵介 枠カラー 部品作り 安岡梅子 神田真澄 注力 夫・信郎 面白い 小林涼子 カタブツ 東京・蒲田 取材 臼田 面白 西村武五郎 三鬼一希 朝ドラ 研修医 縛る 木村隆文 雑誌記者 新幹線 岩崎ひろみ まとめる

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

FaceBook

クチコミ

ユーザレビュー

関連ブログ

ドラマデータ提供