• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データゴーストライターの殺人取材~セレブの罪を代筆する女!「美貌のカリスマネイリストに疑惑の結婚歴…別れた夫の死体が歩いた!?」

鮫島悠里(浅野ゆう子)は、売れない小説家。25年前に新人文学賞を取ったデビュー作が唯一ヒットしただけで、その後は鳴かず飛ばずの状態が続いていた。そんなある日、悠里は、雑誌編集者である妹・彩乃(若村麻由美)から、大手ネイルサロン女性社長・吉永チカ(三浦理恵子)の自伝のゴーストライターを頼まれる。実は先日、18年前に離婚したチカの元夫・鎌田藤一郎(窪寺昭)が殺害される事件が起きたのだが、その鎌田が覚せい剤に溺れていたことが発覚し、彼女は今やワイドショーや週刊誌が一挙手一投足を狙う「時の人」となっていたのだ。チカは自伝を出版することで騒ぎを鎮火しようとしており、彩乃は「これまで私生活を完全に秘密にしてきたカリスマ社長が初めて人生を公表するんだから、大ヒットは間違いない!」と断言。ゴーストライターと聞いていったんはやる気を失った悠里だが、「印税が入る」という言葉の誘惑に負け、仕事を引き受ける。翌日、チカに呼び出された悠里と彩乃。するとチカは「インタビューは不要」と言い捨て、用意した資料を1週間以内にまとめてくれとファイルを渡す。チカの秘書・小西潤一(中村倫也)によると、チカは仕事に厳しい能力主義者で、対立する副社長・高梨時雄(升毅)ら敵も多いが、その一方で児童養護施設の支援を続けるなど優しい一面も併せ持つ女性だという。だが、悠里がファイルを開いてみると、少女時代から高校時代までの資料や、起業にまつわるデータはあるものの、鎌田と出会った大学時代については走り書きしたメモがあるだけ。そこには「大学4年の春に鎌田と学生結婚し、長女・楓(入来茉里)を身ごもったこと」と、「離婚の原因は鎌田の暴力で、山梨で行われたギターサークルの演奏会で大ゲンカして離婚に至ったこと」の2点だけが短く書いてあった。悠里は、そもそもチカがなぜ鎌田と結婚したのかがわからないと自伝が書けないと考え、翌日、再び彼女に会いに行くことに。ところがチカを訪ねたところ、鎌田殺害当日のアリバイ確認にやって来た警察と鉢合わせしてビックリ。なんと悠里の弟で警視庁捜査一課の一希(鶴見辰吾)が、この事件を担当していたのだ。さらに悠里は、チカの娘で大学生の楓とも遭遇。悠里のファンだという楓から「父のことを知りたい」と頼まれ、悠里はチカの大学時代について調べることにする。だがその矢先、鎌田の内縁の妻で、事件以来行方をくらましていた神山詠美子(橋本マナミ)が何者かに殺害された。その現場にチカのピンバッジが落ちていた上、詠美子の所持品からチカの指紋が検出されたことで、チカはセレブ社長から一転、殺人事件の容疑者に…しかし悠里が独自にチカの周辺を調べていくと、やがて衝撃の真実にたどり着いた。【以上、テレビ朝日広報資料より引用】「三浦理恵子扮する女社長のキャラが今一つ、くっきり浮かび上がらなかった。ゴーストライターという設定の面白さもいかせていない。死体を遺棄したのに美談のような描き方になっているのも世間の常識からみると違和感を持つ人もいそう。【この項、文:古崎康成】」ロケ車輌:日本照明。協力:東京美工、東京衣裳、紀和美建、マービィ、高津装飾美術。撮影協力:富士の国やまなしフィルムコミッション、三省堂書店有楽町店、ホテルオークラ東京ベイ、ほっとステーション神保町店、プリプラ21、味の素スタジアム、埼玉県立大学、富士通川崎工場、浦和ULOWERS。【役名(演技者)】鮫島悠里(浅野ゆう子)、鮫島彩乃(若村麻由美)、鮫島一希(鶴見辰吾)、吉永チカ(三浦理恵子)、高梨時雄(升毅)、小西潤一(中村倫也)、吉永楓(入来茉里)、鎌田藤一郎(窪寺昭)、神山詠美子(橋本マナミ)、里中勇作(波岡一喜)。【出典:ドラマ本体のクレジット表示より採録(採録:古崎康成)】
キー局 EX 放送曜日 放送期間 2012/08/04~2012/08/04
放送時間 21:00-22:51 放送回数 1 回 連続/単発 単発
番組名 土曜ワイド劇場
主な出演 浅野ゆう子若村麻由美三浦理恵子升   毅鶴見 辰吾波岡 一喜上杉 祥三中村 倫也入来 茉里山田 明郷窪寺  昭橋本マナミ鈴木 千尋西田 有沙幸野 友之赤星昇一郎倉持 一裕今泉 彩良西野 隼人奈良坂 篤法福 法彦松山 美雪重松 和世星  耕介松之井 綾池田 優菜斉藤 リカ今谷フトシ鈴木 誠克河原 隼人、テアトルアカデミー、MKD office芸優スペースクラフトジュニアグループエコーアーバンアクターズ、(技斗:二家本辰己日俳連アクション部会))(カースタント:高橋レーシング
主な脚本 池上 純哉
主なプロデューサ 丸山 真哉(東映)、関  拓也(EX)、(ラインプロデューサー:磯崎 憲一)(スチール:渡邊 満夫
主な演出 (監督:橋本  一)(助監督:横井 健司)(スクリプター:山内  薫
局系列 ANN
制作会社 (制作:東映、EX)
制作 (制作担当:遠藤 聖一)(演技事務:清水 亜紀)
企画 (宣伝:豊島 晶子(EX))
音楽 吉川 清之(正しくは「吉」の「士」は「土」)、(MA:増田 英己)(音響効果:橋本 正二橋本 正明)(音楽協力:テレビ朝日ミュージック)
主題歌 (エンディングテーマ:熊木 杏里「今日になるから」(ワーナーミュージック・ジャパン))
撮影技術 高田 陽幸、(照明:花岡 正光)(録音:田村 智昭)(編集:目崎 和恵)(VE:江島 公昭)(EED:来栖 和成)(仕上協力:映広)(技術協力:アップサイトサウンドライズ光影舎
HP
美術 和田  洋、(装飾:舟木 博志)(持道具:吉田 千里)(衣裳:村上 晶子)(ヘアメイク:若林 幸子)(スタイリスト:谷口みゆき(浅野ゆう子担当)、岡 のぞみ若村真由美誤字は表示のママ)担当))(ヘアメイク:吉澤由美子(浅野ゆう子担当)、大矢 明美若村真由美誤字は表示のママ)担当))(装置:大場  繁

Tag Cloud

チカ 悠里 鎌田 浅野ゆう子 三浦理恵子 若村麻由美 ゴーストライター 自伝 窪寺昭 鮫島悠里 神山詠美子 入来茉里 橋本マナミ ファイル 彩乃 中村倫也 升毅 鶴見辰吾 池上純哉 離婚 大学時代 秘書・小西潤一 調べる 頼む 事件 殺害 仕事 書ける 丸山真哉 資料

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供