• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ命みぢかし(命みじかし…誤り)

女給美紗子(水谷八重子)は、愛人の文学青年森田(森雅之)の文壇に出る日を楽しみに苦しい生活を支えてきた。森田の精魂こめた労作「運命の火」が完成したので恩師山上(清水将夫)に見せたところ、山上は「宿命の炎」と改題し自作として発表してしまった。そのうえ山上は美紗子にまで誘惑の手をのばしてきた。226事件前後の険悪な世相を背景にした吉井勇氏の原作。【以上、朝日新聞1960/03/24付より引用】【役名(演技者)】美紗子(水谷八重子)、森田(森雅之)、山上(清水将夫)、民枝(霧立のぼる)、西尾(高村俊郎)、蝶子(安部揚子)。
キー局 NET 放送曜日 放送期間 1960/03/24~1960/03/24
放送時間 20:00-21:00 放送回数 1 回 連続/単発 単発
番組名 文芸劇場
主な出演 水谷八重子森  雅之清水 将夫霧立のぼる高村 俊郎安部 揚子
主な脚本 (作:吉井  勇
局系列 ANN

Tag Cloud

水谷八重子 森雅之 山上 清水将夫 美紗子 高村俊郎 森田 安部揚子 霧立のぼる 恩師山上 女給美紗子 文学青年森田 労作 文壇 民枝 吉井勇 のばす 蝶子 改題 自作 こめる きた 誘惑 苦しい 宿命 楽しみ 支える 発表 見せる 愛人

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供