• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ恋愛百景 卒業スペシャル それぞれのラブストーリー(アヴァンタイトルのテロップでは「恋愛百景 SPECIAL」)

バラエティ番組『恋愛百景』のドラマスペシャル版。卒業式を間近に控えた高校生たちの恋を描く。卒業前日。校庭をじっとみつめる由紀(清水由紀)。卒業七日前。みゆう(後藤みゆう)、理沙(内藤理沙)は、校庭の桜の木の下に好きな人の名前を埋めると恋がかなうと盛り上がっている。いっしょにいた由紀は、じつはひそかに思いを寄せる同級生の名を書いていた。理沙はつきあっている裕介(新井裕介)の停学が明ける日だが、まだ彼を許す気になれないと強がる。しかし授業中に彼が登校してとたん、つい許してしまうのだった。呼び出された屋上に行くと、裕介は留学が決まっている理沙に行くなという…。放課後。みゆうが好きな人は俊介(足木俊介)だと明かす。愕然とする由紀。じつは由紀が桜の木の下に埋めたのは俊介の名前だった。自分の気持ちを言うに言えなくなった由紀。卒業まで五日。何も知らないみゆうは由紀に、俊介から第二ボタンをもらう約束をしに行くからついてきてほしいと頼む。しかし俊介は好きな人がいると言って、みゆうの願いを断る。卒業二日前。俊介が由紀を呼び出し、ずっと好きだったと告白する。だが由紀はみゆうのことが頭をよぎり、断ってしまう。卒業式当日。理沙がふと校庭を見ると、まだ花が咲くには遠い桜の木に、裕介がピンクのひもの束を投げかけていた。枝にかかったそれを見て、理沙は桜だと思う。思わず呼びかける理沙。裕介は振り返って言う。「アメリカに行って、夢叶えて来いよ」。式が終わり、由紀、理沙、みゆうの三人は校庭を通って帰ろうとする。桜の木の下を通り過ぎたとき、花びらが舞うのを一瞬見たような気がした。振り返って樹を確認すると、なんと枝一本だけ花開いていた。みゆうが言う「誰かの恋がかなったのかな」。ほかの二人はほほえみながらうなずき、学校を後にする。【以上、文・練馬大根役者】撮影協力・オフィスワタナベ、特定非営利活動法人いけぶくろ大明。【データ協力・練馬大根役者】
キー局 EX 放送曜日 放送期間 2008/03/10~2008/03/10
放送時間 25:21-25:51 放送回数 1 回 連続/単発 単発
番組名 (恋愛百景)
主な出演 清水 由紀内藤 理沙後藤みゆう足木 俊介新井 裕介武田 尚子畑野 菜々美馬沙亜弥上村 有司糟谷  努加藤伸之丞、(ナレーション・大場 真人
主な脚本 塩沢  航松本えり子、(リサーチ・ちだい)(オブザーバー・藤川 克平
主なプロデューサ (チーフプロデューサー・山本 隆司(EX))(プロデューサー・斉藤  充(JOTV)、高橋 正輝(EX))(アシスタントプロデューサー・荒木 直美)(広報・石野  貴)(WEB制作・中世古裕美野嵜 孝司
主な演出 倉沢 尚宏、(ディレクター・熊谷 昌一ヤギトモヒロ
局系列 ANN
制作会社 (制作著作・EX)
制作協力 JOTV
制作 (制作進行・松下 真士、豊島奈緒子、高橋 誠一、佐藤 嘉一)
企画 古賀 誠一オスカープロモーション)、(企画協力・オスカープロモーション)(編成・白井 伸之
音楽 音効・國安  啓)(MA・玉田 良太
主題歌 (エンディングテーマ・まさちゃんぐ「ハニー」(VAP))(挿入歌(表示なし)・荒井 由実「卒業写真」、レミオロメン「3月9日」(作詞・作曲・藤巻 亮太、編曲・レミオロメン)、OASISオアシス)「Don't Look Back In Anger」、斉藤 由貴斎藤 由貴)「卒業」(作詞・松本  隆、作曲・筒美 京平))
撮影技術 越智 宏亮、(VE・平田 義博sync)))(照明・森浦 良太)(スチールカメラ・関  和亮渡辺 純大)(編集・住吉 信一)(CG・小宮 一郎)(技術協力・ML
HP
美術 (ヘアメイク・近藤なつみ)(スタイリスト・豊田 有紗橋本真奈美

Tag Cloud

理沙 由紀 ゆう 俊介 裕介 校庭 清水由紀 木の下 内藤理沙 卒業 後藤みゆう 新井裕介 松本えり子 塩沢航 埋める 卒業式 かなう 振り返る 呼び出す 許す 断る 由紀はみゆう 倉沢尚宏 名前 ろ大明 見る 足木俊介 停学 ピンク みつめる

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供