• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ父の肖像画

単発のコメディドラマシリーズの1本。「山元の材木屋の父は昭夫が五歳の時、山で木の下敷きになって死んだ。それから二十年、彼は留学生となった。夫の肖像画を描いてほしいというのは母紀代の願いだった。しかし昭夫は母が他人の二号であると知った瞬間、それが誤解であることも知らず頭にまざまざと父の死んだ時の血にまみれた顔を思い出してカンバスに父の肖像を描く。【この項、朝日新聞1960/08/25付より引用】」提供:プリンス自動車工業。
キー局 CX 放送曜日 放送期間 1960/08/25~1960/08/25
放送時間 22:00-22:30 放送回数 1 回 連続/単発 単発
番組名 プリンス劇場 愛のシグナル(第8回)
主な出演 石濱  朗石浜  朗)、幾野 道子城山 順子土紀 洋児芳村 勝也
局系列 FNN

Tag Cloud

石濱朗 幾野道子 昭夫 城山順子 カンバス 母紀代 土紀洋児 山元 材木屋 芳村勝也 留学生 肖像 肖像画 まみれる 二号 死ぬ 下敷き コメディドラマシ... 単発 誤解 知る プリンス自動車工... 願い 他人 思い出す 描く 1本 提供 CX

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供