• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ走れ!事件記者 娘に捧げる最後のスクープ~お前の結婚相手は俺が決める!湯の町伊東名物たぬき親父VS頑固娘!親子バトルの先の涙の真相とは!?

偶然遭遇した轢き逃げ事故の謎を追い始めた記者・池田佐吉(小林稔侍)は更なる謎を追うことに…。新聞社の地方支局で記者をしている池田佐吉(小林稔侍)は、ある日、取材の出先で轢き逃げに遭い倒れている男(樋浦勉)に遭遇する。佐吉は男を助けようとするが、男は佐吉に「ビーナスのマエ……。」という言葉を言い残し事切れてしまう。捜査は佐吉と親しい付き合いの刑事・村上(羽場裕一)が調べることになる。その夜、佐吉は愛娘の久美子(高橋由美子)と約束していた食事のため、待ち合わせたレストランに向かう。ところが、佐吉を待っていた久美子の横には見知らぬ青年が一緒にいた。強張る佐吉に久美子はすかさず青年を田村健一(関口知広)だと紹介し、自分たちが結婚を考えていると告げる。久美子は自分と健一のことを認めて欲しいと佐吉に訴えるが、政治家を毛嫌いする佐吉は政治家の息子だという健一を受け入れることが出来ず、結婚に猛反対。その夜、佐吉と久美子は結局物別れとなる。数日後、佐吉は村上から佐吉の遭遇した轢き逃げは盗難車で起こったもので、被害者の男は椿俊一郎(樋浦勉)という清掃員だったと聞く。佐吉は椿が自分を訪ねて来たのだと気付き、椿の身辺を調べ始める。椿の職場を訪ねた佐吉は椿が元刑事で、事故に遭う前、女性下着の会社であるヴィーナス・ラインという会社に関心を示していたと知る。椿が亡くなった時、ヴィーナス・ラインのパンフレットを所持していたと村上から聞いていた佐吉は早速、ヴィーナス・ラインのオフィスを訪ねる。佐吉は社長の江崎由紀子(夏樹陽子)の姿を見て愕然となる。何故なら、由紀子と名乗っているのは佐吉の愛娘・久美子の生みの母である沢井さち子(夏樹陽子)だったからだ。その上、自分の知らぬ間にさち子が久美子に接触を計り、仕事の依頼をして二人が顔見知りになっていることにも驚く。さち子は佐吉の亡くなった妻の親友で、20数年前赤ん坊だった久美子を佐吉の妻に預けたまま行方不明になっていたのだ。以来、佐吉は妻と久美子を本当の子供として育てきたのだ。だが、今になって何故、さち子は久美子に接触して来たのか…。佐吉はさち子の行動に一抹の不安を感じながらも、椿の身辺調べを続ける。そして聞き込みから椿が生前、さち子と思われる人物と接触し、二人が「25年前の出来事」と口にしていたと聞き込み、さち子自身に問いただすことに…。【以上、TBS広報資料より引用】
キー局 TBS 放送曜日 放送期間 2006/02/27~2006/02/27
放送時間 21:00-22:54 放送回数 1 回 連続/単発 単発
番組名 月曜ミステリー劇場
主な出演 小林 稔侍高橋由美子夏樹 陽子大島さと子大島 智子)、羽場 裕一関口 知宏芦屋 小雁佐戸井けん太樋浦  勉加門  良那須佐代子新田  亮越村 公一児玉 謙次
主な脚本 進藤 健二
主なプロデューサ 堀  貞雄内丸 摂子
主な演出 (監督:廣瀬  襄広瀬  襄))
原作 高橋 玄洋
局系列 JNN
制作会社 東阪企画、TBS
HP

Tag Cloud

佐吉 久美子 さち子 ヴィーナス・ライ... 小林稔侍 高橋玄洋 接触 高橋由美子 夏樹陽子 進藤健二 轢き逃げ 遭遇 樋浦勉 村上 政治家 健一 訪ねる 遭う 聞く 愛娘・久美子 調べる 亡くなる 女性下着 青年 自分 会社 追う 愛娘 内丸摂子 所持

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供