• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ早乙女千春の添乗報告書17 那須塩原湯けむりツアー殺人事件~殺人鬼を乗せたバスが秋の栃木路を暴走!お嬢様ツアコンとヨン様冬ソナの悲恋!?死んだ恋人があらわれた!?

ドリーム観光の添乗員・早乙女千春(名取裕子)とその上司・須藤正次(蟹江敬三)は、リゾート開発会社・高嶺総合開発の社員旅行を案内することになった。社長の高嶺麻友(田中美奈子)と社員たちを乗せて、バスは那須塩原を目指して出発する。ところが千春は、社員の一人で、旅行の幹事も勤めている、一ノ瀬悠介(橋本さとし)を見て驚いた。悠介が、交通事故で死んだはずの千春の婚約者、澤登稔(橋本さとし・二役)に生き写しだったからだ。悠介の横顔をながめながら、稔との幸せな日々を思い出す千春。悠介が稔の生まれ変わりなのではないかと想像する千春だったが、現実はそう甘くはない。悠介は麻友の婚約者で、今回の旅行には悠介の母親・晃世(野川由美子)も同行していたのである。晃世は二人の結婚には反対しているという。ところでバスは目的地を少しそれて、今は無人となっている麻友の父親が所有していた屋敷に到着する。そこで待っていたのは、高嶺総合開発の鬼塚常務(望月太郎)とその部下の赤木泰徳(前田耕陽)だ。鬼塚は、経営が苦しい会社のためにその土地を売るように麻友に迫るが、麻友はそれを断った。千春と須藤は、社内が急進派の鬼塚常務と穏健派の桃山専務(内山森彦)に分かれて対立していることを知る。社員たちは、高価な美術品が並べられた屋敷内を見物して、その日の宿に着いた。温泉そして宴会。何となく沈んだムードを盛り上げようとする須藤のカラオケが空しく響く。宴会場に悠介の姿がないことに気付いた千春は、晃世とともに悠介を探すが、二人は鬼塚の他殺死体を発見してしまう。千春は悠介が遺体の側から逃げるのを目撃した。栃木県警の巻田警部(徳井優)が捜査を担当する。そして翌日、桃山専務が刺殺死体で発見される。今度も発見者は千春。そして死体の側にはまたも悠介の姿が。巻田の取り調べに、悠介は自分が桃山を殺したと自供する。【以上、TBS広報資料より引用】【データ協力:春夏秋冬】
キー局 TBS 放送曜日 放送期間 2005/10/17~2005/10/17
放送時間 21:00-22:54 放送回数 1 回 連続/単発 単発
番組名 月曜ミステリー劇場
主な出演 名取 裕子橋本さとし田中美奈子蟹江 敬三野川由美子内山 森彦酒井 敏也望月 太郎前田 耕陽篠原さとし沼田  爆根岸 大介栗田よう子栗田 洋子栗田 陽子)、
主な脚本 栗本志津香、(脚本協力:秦 建日子
主なプロデューサ 川島 永次伊藤 正昭
主な演出 (監督:長尾 啓司
局系列 JNN
制作会社 (製作:ホリプロ、TBS)

Tag Cloud

悠介 千春 麻友 橋本さとし 晃世 鬼塚常務 桃山専務 名取裕子 栗本志津香 社員たち 鬼塚 須藤 田中美奈子 バス 屋敷 旅行 婚約者 高嶺麻友 巻田 急進派 野川由美子 ながめる 伊藤正昭 幹事 発見者 発見 川島永次 自供 苦しい 響く

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供