• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ恋文 私たちが愛した男(恋文~私たちが愛した男~…広報資料タイトル)

中学校の美術教師をしている夫・竹原将一(渡部篤郎)と妻・郷子(水野美紀)。9歳の子供がいるごく普通の家族だったが、ある日突然、将一が学校からも家庭からも姿をくらます。郷子が探し当てると、夫は勤めていた学校も辞め港で働きながら昔の恋人・田島江津子(和久井映見)の看病をしていた。彼女は余命幾ばくもなく将一は彼女を看取ってあげたいという。三人の男女が繰り広げる甘く切ないラブストーリー。【以上、文・古崎康成】「9歳の男の子がいる普通の夫婦。中学校の美術教師をしている夫、竹原将一(渡部篤郎)がある日突然、学校からも家庭からも姿を消した。妻、郷子(水野美紀)が探し当てたら、夫はかつての恋人、田島江津子(和久井映見)の病床で看病していた。余命いくばくもないという。人を愛するとは何なのか。3人の奇妙な関係が、その答えを求めて深まっていく……連城三紀彦が19年前に直木賞を受賞した小説「恋文」と短編「ピエロ」を併せ、脚本家、岡田惠和が切ないラブストーリーに仕上げた。配偶者以外の異性と親しい関係を持つと、「不倫」「浮気」というレッテルを張って済ませる。ドラマもそんなものが多い。だが人間の心は「好き」「嫌い」と白黒はっきりつけられるものなのか。「この作品をドラマにしたかった」と熱く語る岡田の新しい愛の形に期待したい。【この項、毎日新聞2003/10/08付より引用。署名:谷】」「中学教師の将一(渡部篤郎)と妻の郷子(水野美紀)は結婚十年目。一人息子の優(泉沢祐希)とともに幸せに暮らしていた。だが、将一は突然家を出て、妻をぼう然とさせる。しばらくして、将一は教師をやめて港で働いていることが分かった。理由を問う妻に、夫は昔の恋人、江津子(和久井映見)が半年の命で、一緒にいたいと打ち明ける。身勝手な男の話に見えるが、原作は一九八四年の連城三紀彦の直木賞受賞作。少し古風な題名が想像させる通り、三人の男女が繰り広げる甘くせつないラブストーリーだ。小説は過去、萩原健一主演で映画化された。脚本の岡田惠和も渡部も若いころ映画を見ており、思い入れは強い。岡田が「せりふ四割、役者の演技が六割」と言うように、美しい物語になるかどうかは、将一役の渡部の演技にかかっている。初回で渡部は、どこかにくめない純粋な雰囲気をうまく出せた。湘南の青い海と相まって、原作が持つ叙情的な雰囲気のドラマになりそうだ。【この項、読売新聞2003/10/08付より引用。署名:待】」ロケーション協力・みうら漁業協同組合金田漁港(1)-(9)、川口市立グリーンセンター(1)-(9)、北区中央公園文化センター(1)-(9)、千葉県富津市役所(1)、富津市(7)、富津市立天羽中学校(1)(7)、都立府中の森公園(1)、HOTEL PIERRE(1)、播亭(●しめす偏?)(2)、ユニオン元町店(3)、ワーナー・マイカル・シネマズ みなとみらい(3)、江ノ島電鉄(3)、CB SURFERS(3)、三浦市(4)、神奈川県三浦市(5)-(8)、東日本旅客鉄道高崎支社(4)、日本レストランエンタプライズ(4)、高崎フィルム・コミッション(4)、江東美術(6)、大井三ツ又商店街振興組合(6)(8)、川崎市立井立井田病院(7)-(9)、太陽設備(8)、パチンコトーホーセブン(8)、ほか。マイクロ・新津 伸弥。美術車輌・斉藤 川一。協力・NK特機(1)-(8)、K&L(2)-(8)、(C)天樹征丸・さとうふみや/講談社(C(C)は正しくはマルシー)(3)。医療指導・堤  邦彦(1)-(8)。時間変更(カッコ内は理由)…第1回→水曜22:00~23:09(拡大版)。【出典:ドラマ本体のクレジット表示より採録(データ協力:練馬大根役者)】
キー局 TBS 放送曜日 放送期間 2003/10/08~2003/12/10
放送時間 22:00-22:54 放送回数 10 回 連続/単発 連続
主な出演 渡部 篤郎水野 美紀和久井映見要   潤いしだあゆみ(1)-(10)、寺尾  聰寺尾  聡)、国分佐智子能世あんな熊世あんな…誤り)、泉澤 祐希浜田  晃(1)、阿南 健治(1)(10)、松村 隆司(1)、小林 大裕(1)、松本ともこ(1)、小西 克哉(1)、松井 範雄(3)、岡本 信人(4)、春山 幹介(4)、尾崎 千瑛(子役)(尾崎 由香)(4)、武川 修造(6)、千葉  茂(7)-(10)、山崎  満(9)、白井 圭太(10)、片岡 優香(10)、樫村  勲(10)、千葉清次郎(10)、山村  賢(10)、松本 正晴(10)、牛田 裕也(10)、山下 大輔(10)、太田 周作(10)、金田漁港のみなさん(10)、古賀プロ(1)(2)(5)(6)(8)(9)(10)、芸プロ(1)、テアトルアカデミー(1)(2)(9)(10)、金田漁協のみなさん(1)-(7)、(協力・タカハシレーシング(1)-(8))
主な脚本 岡田 惠和岡田 恵和
主なプロデューサ 橋本  孝(1)-(10)、瀬戸口克陽(1)-(10)、(プロデューサー補・吉村 剛弘(1)-(8))(協力スタッフ・浅井 千瑞(1)-(8))(番組宣伝・戸田  界(1)-(8))(スチール・今城 秀和(1)(3)(5)(7)、山縣 壽樹(2)(4)(6)(8))(インターネット担当・守屋 奈緒(1)-(9))(デザイナー・清水さやか
主な演出 新城 毅彦(1)(2)(5)(6)(8)(10)、酒井 聖博(3)(4)(7)(9)、(タイトルバック・保坂久美子(1)-(8))(演出補・山口 祐司(1)-(8)、森嶋 正也吉田佳奈実佐藤 耕平)(記録・手島 優子(1)(2)(5)(6)(8)、巻口 恵美巻田 恵美)(3)(4)(7))
原作 連城三紀彦「恋文」「ピエロ」(新潮社刊)(「ピエロ」はクレジット表示なし)
局系列 JNN
制作会社 DREAMAX TELEVISION(ドリマックス・テレビジョン)、TBS
制作 (制作担当・浅津 弘義(1)-(8))(制作主任・千葉 裕美(1)-(6)、戸田  格(7)、岡安 和久(8))(制作進行・岡安 和久)(制作デスク・高梨 友紀子、高橋美恵子)(エキストラ・後藤まゆみ)
企画 (編成・津留 正明
音楽 REMEDIOS、(音楽協力・桑波田景信溝口 大悟)(選曲・小西 善行(1)(2)(4)(6)(7))(音響効果・泉  清ニ(1)(2)(4)(6)(7))(MA・堀田 元子(1)(2)(4)(6)(7))(技術デスク・亘  良作高田  裕)(協力・日音(1)-(8))
主題歌 Do As Infinity「柊」(avex trax)、(OP使用歌・挿入歌(クレジット表示なし(1)(2))・The Beatles「In My Life」(ビートルズ「イン・マイ・ライフ」))
撮影技術 宮崎 義毅(1)(2)(4)-(6)(8)-(10)、(技術・関   巧(1)(2)(4)-(6)(8)-(10))(カメラ・大森 隆晴矢崎 勝人)(CA・高島 一宗)(照明・岩岡  正(1)(2)(4)(9)、小尾 浩幸鈴木 英敬内山 博人)(音声・平井 秀知(1)(2)、奥泉 秀信(4)(9)、杉浦 康夫南波  学)(映像・安部 講志(1)(2)(4)(6))(編集・深沢 佳文(1)(2)(4)(6))(ライン編集・米山美由紀(1)(2)(4)(6)(7))(技術営業・平木 美和鈴木 年治)(マネジメントデスク・佐藤 陽士)(協力・東通(1)(2)(4)-(8)、緑山スタジオ・シティ(1)-(8))
HP
美術 (美術プロデューサー・後藤  洋(1)(2)(4)(6)(7))(美術デザイン・竹島 哲昌(1)(2)(4)(6)(7))(美術制作・藤野 路弘(1)(2)(4)(6)(7))(装置・岡野 浩典(1)(2)(4)(6)(7))(装飾・今野 輝昭(1)(2)(4)(6)(7)、佐々木 等牛山 範洋)(医療美術・井口  浩(1)(2)(4)(6)(7))(イルミネーション・笹田  繁(1)-(4)(6)(7))(生花・遠山  徹(1)-(4)(6)(7))(建具・樋口 一夫(1)-(4)(6)(7))(植木装飾・五十嵐幹治(1)-(4)(6)(7))(コスチューム・門倉  誠(1)-(4)(6)(7)、金田あずさ)(ヘアメイク・中田麻由子(1)-(4)(6)(7)、古屋 明子)(スタイリスト・BALANCE(1)-(4)(6)(7)、棚橋 公子(1)-(4)(6)(7)、平澤雅佐恵柏田かすみ城宝 昭子)(持道具・宮崎 里絵(1)-(4)(6)(7))(操作・木下 真哉田中 裕二)(絵画協力・長谷川冬香(1)-(8)、千葉 哲也(6))(協力・アックス(1)-(8))

Tag Cloud

将一 渡部篤郎 水野美紀 和久井映見 郷子 渡部 岡田惠和 ラブストーリー 美術教師 探し当てる 富津 岡田 連城三紀彦 看病 学校 三浦 雰囲気 甘い 中学校 切ない 演技 小説 理由 家庭 関係 男女 原作 ドラマ 繰り広げる 恋人

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供