• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データダイヤル119 白い花燃えた… 女性消防士は見た!逃げなかった死体と黒焦げの父の虚言

東京・城西消防署管内の住宅地で火災が発生、予防課の新人調査員・加納杏子(佐藤藍子)は、上司の村野紫雨子(丘みつ子)らと共に、警防隊員に続いて出動した。現場は築35年の古い木造住宅。幸い火事はボヤで、すぐに消しとめられ、住人の一家3人は無事であった。鎮火後、防火指導をする杏子らに対し、家の主人の藤江省吾(益岡徹)は、あと1カ月程で家を取り壊すはずだった、と全焼しなかつたことを残念がるような発言。紫雨子は藤江家の火災安心度を「ゼロ」と診断、杏子がその防火指導を担当することになった。程なく、藤江家を訪ねた杏子は、足が不自由な省吾の父・誠一(北村総一朗)に会った。省吾、妻の美由紀(花山佳子)、一人息子の一馬(鈴木賢人)達は近くの賃貸マンションに引っ越したとかで、誠一はひとり暮らし。趣味のカメラのレンズを磨く誠一は、杏子が消防署の人間だと知り、たばこも喫わず、食事も作らない、と火事の危険がないことを強調する。誠一を介護する女性・芹沢玲子(深浦加奈子)の存在に気付いた杏子は、何か複雑な家庭の事情が絡んでいるとみた。この藤江家で再び火災が発生した。家は全焼で、誠一は一酸化炭素中毒で死亡。杏子が誠一の首に掛けた緊急報知用の防災ペンダントは、使用された形跡がなかった。調査の結果、火元は部屋の内部と判明したが、出火原因は不明。火災班担当刑事の後藤(モロ師岡)から、誠一の心臓が相当に悪かったと聞いた杏子は、この焼死火災にウラがあるのではないかとにらんだ。
キー局 NTV 放送曜日 放送期間 2000/06/06~2000/06/06
放送時間 21:03-22:54 放送回数 1 回 連続/単発 単発
番組名 火曜サスペンス劇場
主な出演 佐藤 藍子丘 みつ子北村総一朗益岡  徹花山 佳子鈴木 賢人上田 耕一宇野 智史モロ 師岡田山 涼成深浦加奈子
主な脚本 佐伯 俊道
主なプロデューサ 松村あゆみ小松 裕司、(チーフプロデューサー・佐藤  敦
主な演出 (監督・金澤 克次
局系列 NNN
制作会社 (制作・NTV)
企画 酒井 浩至
音楽 (音楽協力・日本テレビ音楽)
主題歌 (テーマ曲・高橋真梨子「幸せのかたち」(作詞・高橋真梨子、作曲・住吉  中、編曲・十川 知司))

Tag Cloud

杏子 誠一 佐藤藍子 藤江家 防火指導 全焼 丘みつ子 省吾 火災 火事 佐伯俊道 緊急報知用 予防課 木造住宅 火災班担当刑事 賃貸マンション 北村総一朗 火元 小松裕司 発生 たばこ モロ師岡 花山佳子 松村あゆみ 後藤 形跡 介護 発言 心臓 とめる

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供