• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ列島縦断トラベルサスペンス 吉備路に消えた殺意の女

定年を迎え、2人で旅に出た星月源吾と妻の冴子。岡山県の備前焼を見に来た2人は旅先で出会ったトラベルライターの大須賀良人・みずえ夫婦と一緒に観光することに…。定年を迎えた星月源吾(室田日出男)と妻の冴子(南田洋子)は、久しぶりに2人で旅に出た。岡山県の備前焼を見に来たのだ。道中、トラベルライターの大須賀良人(堀内正美)とみずえ(白都真理)の夫婦に出会い、一緒に観光することになった。そこへ良人の愛人・松崎清美(高沢順子)と弟の浩(徳江一裕)が4人の前に現れた。清美は良人と同じ雑誌社に勤めていたが、良人とのことが社に知れて、退社せざるを得なくなり、良人を憎み、みずえにまで脅迫電話をかけてきていた。翌日も清美は現れた。みずえと清美が激しく口論した後、去っていく清美を良人が追っていった。夜になっても良人が戻らないので、冴子はみずえの部屋を訪ね、夫婦仲がうまくいくようにと祈りをこめ、壊れにくい備前焼のペンダントをプレゼントした。翌日4人は再び観光に出掛け…。【以上、テレビ東京広報資料より引用】同じ枠で前年に放送された『月に光る殺意の海』の続編。車輌:アスカロケリース。ロケーション協力:山佐本陣、備前焼作家 見附文雄、岡山県商工部観光物産課、総社市商工観光課、吉備津彦神社、最上稲荷総本山、国分寺、西日本旅客鉄道、中国交通。
キー局 TX 放送曜日 放送期間 1990/06/25~1990/06/25
放送時間 21:00-21:54 放送回数 1 回 連続/単発 単発
番組名 月曜・女のサスペンス
主な出演 南田 洋子村井 国夫室田日出男白都 真理堀内 正美高沢 順子徳江 一裕田村圭一郎安永 和彦見附 文男山内 千歳黒田 和宏四谷 憲治鈴木 文人鈴木 雅幸
主な脚本 林 企太子
主なプロデューサ (チーフプロデューサー:遠藤 慎介(TX))(プロデューサー:八木 欣也出海企画)、佐々木 彰(TX))(スチール:酒井  博
主な演出 (監督:大井 利夫)(助監督:辻野 正人小原 直樹小中 和文)(記録:天野 春代
原作 斎藤  栄斉藤  栄)「日本ローカル線殺人旅行」(徳間文庫刊)
局系列 TXN
制作会社 (製作:出海企画、TX)
制作 (制作担当:石矢  博)
企画 (番組宣伝」高城菜奈美(TX))
音楽 (選曲:小原 孝司)(効果:ゴリラサウンド2
主題歌 (エンディングテーマ曲:河合奈保子「霧情」(作詞:さがらよしあき、作曲:河合奈保子、編曲:ミッキー吉野)(コロムビアレコード))
撮影技術 木村 隆治、(照明:沖田 秀則)(録音:諸見 長人)(調整:薗部 文夫)(編集オペレーター:山岸 富則)(撮影助手:西村 友宏)(照明助手:鈴木 信人平井  元小原 則行)(録音助手:松葉 直浩富沢 政夫)(編集協力:芝公園スタジオ、ビジョンスギモト)(技術協力:ACT
美術 小次郎ファクトリー、(小道具:安野 正志)(メイク:上野 晴美)(衣装:永田依理子

Tag Cloud

良人 清美 備前焼 観光 大須賀良人 南田洋子 岡山 冴子 星月源吾 村井国夫 トラベルライター ずえ 林企太子 白都真理 定年 室田日出男 堀内正美 愛人・松崎清美 山佐本陣 みる 迎える 一緒 来る 現れる 出る 出会う 脅迫電話 憎む 商工観光課 久しぶり

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供