• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ夏樹静子サスペンス 女検事霞夕子(3) 非常階段をおりる女 女社長殺しに挑む女検事霞夕子、あばかれたおしどり夫婦の意外な姿

弁護士の秋子(木内みどり)はパソコン会社社長の美砂子(山口美也子)から海賊版ソフトの処理を依頼された。秋子の夫・寛(岸部一徳)はその社の顧問をしている。早速、ソフト屋に行って抗議したが、社長の沢野(石橋蓮司)は少しも動揺せず、夫と美砂子がホテルで愛しあっている写真を見せた。しかも美砂子は夫の子を宿していたのだ。【以上、テレビ大阪広報資料より引用】「桃井かおりの女検事が人殺しをした有名な女弁護士(木内みどり)のアリバイを崩す話。双方の女性の日常生活を対比しながら、女性の心理ドラマにしていたのがよく、リアリティーの強さからドラマを盛りあげていた。【この項、文:志賀信夫氏(「放送批評」(放送批評懇話会編集、行政通信社発行)1987年4月号より引用)】」車両:マエダ・オート。協力:アルプス商事、富士通、アイ・ツー、池袋 ビックカメラ。【役名(演技者)】霞夕子(桃井かおり)、栃之木秋子(木内みどり)、霞正一(新克利)、吉井美砂子(正しくは「吉」の「士」は「土」)(山口美也子)、栃之木寛(岸部一徳)、沢野靖正(石橋蓮司)。
キー局 NTV 放送曜日 放送期間 1987/01/13~1987/01/13
放送時間 21:02-22:51 放送回数 1 回 連続/単発 単発
番組名 火曜サスペンス劇場
主な出演 桃井かおり木内みどり新  克利山口美也子岸部 一徳石橋 蓮司露原 千草鈴木ヤスシ安藤 一夫江角 英明平井 順子矢代 朝子小倉 雄三大沢  彰降矢 恵子滝沢れい子藤井 章人若尾 義昭古川 博樹加藤 雅也豊泉由樹緒藤沢由香里伊達 けん川名 浩介
主な脚本 石松 愛弘
主なプロデューサ 野末 和夫岡屋 竜一、(プロデューサー補:定本剛太郎)(スチール:テシコ)(広報担当:難波佐保子
主な演出 (監督:恩地日出夫)(助監督:山崎 俊司)(記録:天野 春代
原作 夏樹 静子「女検事・霞夕子シリーズ」(新潮社刊)
局系列 NNN
制作会社 (製作著作:東海映画社)(制作:NTV)
制作 (制作担当:平木  稔)(制作主任:金沢 清美)
企画 小坂  敬
音楽 三枝 成章三枝 成彰)、(選曲:山本 逸美)(効果:橋本 正二宮田音響))(MA:桜井善一郎(一の橋スタジオ))(音楽協力:日本テレビ音楽)
主題歌 (テーマ曲:岩崎 宏美「夜のてのひら」(作詞:来生えつこ、作曲:筒美 京平、編曲:武部 聡志)(ビクターレコード))
撮影技術 上田 正治、(技術:東海)(VE:手島 康裕)(照明:渡部 耕次)(音声:金子 義男)(編集:阿良木プロモーション
美術 野尻  均、(メーク:ビアンコ)(衣裳:京都衣裳

Tag Cloud

木内みどり 桃井かおり 美砂子 山口美也子 岸部一徳 秋子 石橋蓮司 新克利 石松愛弘 木秋子 吉井美砂子 海賊版ソフト パソコン会社社長 アルプス商事 沢野 弁護士 岡屋竜一 ビックカメラ マエダ・オート 心理ドラマ 対比 人殺し 克利 盛る 顧問 富士通 宿す 女性 動揺 抗議

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供