• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ秘められた関係(新聞ラテ欄表記…秘められた関係 夫は妻に隠して自分の子供を認知していた!)

大手銀行の不正融資を暴くため、エリート銀行マン相手に、敢然と挑む美人記者の闘い。中西英子(梶芽衣子)は、週刊誌の記者。夫や子どもと別れてまで、仕事に生きるやり手だ。ある日、耳寄りな情報を入手する。本州銀行の次期重役候補・亘理(露口茂)に、愛人と認知した子どもがいる、というのだ。「頭取の愛人と子供を自分が認知し、六年間も家族に隠していたサラリーマンの悲哀を、鋭くサスペンス・タッチで描いていく硬派ドラマ。取締役就任を目前にした銀行マンが七千万円のマンションに愛人を囲い、その子供まで認知していた。このスキャンダルを追う男まさりの女性記者。企業ぐるみの事件に発展する中で、当事者である銀行マンはかたくなに「秘密」を守る。それはやがて平和だった家庭を崩壊させ、男は企業に押しつぶされるのだった。梶芽衣子が事件を執拗に追う週刊誌記者役を好演。週刊誌記者・英子(梶芽衣子)は出世コースに乗っている銀行マン・亘理(露口茂)が七千万円のマンションに愛人を囲い、子供まで認知しているスキャンダルを追う。家族まで巻き込む英子の強引な取材に、亘理は窮地に立たされる。銀行側もあらゆる手段で英子の取材に手を打つが、彼女は自分の家庭生活が破綻の危機にさらされながらも亘理を攻めまくるのだった。夫の秘密を英子から知らされた亘理の妻・衣子(稲野和子)は家を出た。亘理は愛する妻にもスキャンダルの“真実”を打ち明けない。亘理家は崩壊寸前。銀行も英子が取材した記事が好評されると、亘理に対して冷たい目を向けるようになる。ボロボロに疲れはてた亘理の言葉から英子は全く意外な「秘密」があることを感じ取る。それは頭取・大谷(安部徹)にまつわる六年前のある事件だった…。【この項、TBSチャンネル広報資料より引用】」
キー局 TBS 放送曜日 放送期間 1986/04/30~1986/04/30
放送時間 21:02-22:54 放送回数 1 回 連続/単発 単発
番組名 水曜ドラマスペシャル
主な出演 梶 芽衣子稲野 和子露口  茂なべおさみ水原ゆう紀荒木 道子安部  徹岡本富士太渥美 国泰御木本伸介蝦名由紀子浅沼友紀子、誤り…蛯名由紀子)、岡  浩也河原 さぶ小瀬  格野村 昇史浅沼 晋平入江 正徳大矢 兼臣溝口 順子岩尾 康延上野 淑子川瀬小夜子川瀬ひろ子)、門田 俊一源  重之誠  一平永井 政春尾崎  秀麻乃のぞみ森田 浩平大野 章仁橘  彩子瀬戸あかり芹川  薫田島加奈子本名 陽子須和野裕子稲葉 年治
主な脚本 竹山  洋
主なプロデューサ 野木小四郎中間 正成樋口 祐三(TBS)、(スチール:岩宮 秀憲
主な演出 (監督:富本 壮吉)(助監督:白井 政一小島  穹赤津 正彦)(記録:広川貴美子
原作 清水 一行「動機」より
局系列 JNN
制作会社 (製作:大映テレビ、TBS)
制作協力 (製作協力:ビデオ・フォーカス)
制作 (製作主任:藤田 光男)(仕上進行:鈴木 達夫)
音楽 鏑木  創、(音響・効果:田中  稔)(MA:テレトップ
撮影技術 相原 義晴、(技術:畑  繁夫)(照明:小川 正治)(調整:山田 和夫)(音声:佐藤 幸哉)(編集:本間 元治共同テレビジョン)(カメラ:三浦 孝夫末広 健治岩本 裕隆)(照明助手:福田  真)(音声助手:沢畑  明
美術 本田  衛、(結髪:上村  恵)(衣装(衣裳):宮本まさ江富士衣裳)(美術助手:馬場 啓友)(タイトル:デン・フィルム-エフェクト(デン・フィルム・エフェクト))

Tag Cloud

亘理 梶芽衣子 英子 認知 稲野和子 スキャンダル 愛人 銀行マン 露口茂 囲う 取材 秘密 子供 追う 竹山洋 疲れはてる マンション サスペンス・タッ... 事件 子ども 家族 やり手 水原ゆう紀 中間正成 悲哀 鏑木創 崩壊 自分 冷たい 銀行

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

FaceBook

クチコミ

ユーザレビュー

関連ブログ

ドラマデータ提供