• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ早春物語

木下恵介・人間の歌シリーズの21作目。長野県・白馬山麓の寒村を舞台に、愛する人の帰りを待つ若い女性と、彼女と愛を誓いながら都会に出て挫折した青年の〝青春〟をテーマに、〝白線流し〟で結ばれた人たちのさまざまな愛の変貌を描く。千国(ちくに)高校に学んだ千恵(仁科明子)と信一(沖雅也)は卒業式の朝、セーラー服のスカーフと帽子の白線を結んで姫川に流す〝白線流し〟の儀式で変わらぬ愛を誓った。千恵は、看護婦の資格をとり、大学に進んだ信一を待った。【以上、毎日新聞1976/01/15付より引用】信州の白馬で、卒業儀式として登場人物たちが流れる川に白線を流す「白線流し」の儀式が描かれた。これをきっかけに、すたれかけていた「白線流し」の慣習が復活。それを記念して、現地には「白線流し」の碑が建立された。収録時に主演の仁科明子は語っている。「『早春物語』(TBS系)のロケで信州の白馬の方へ行ったんですけど、あの地方には高校生の間にステキな風習があるんですね。「白線流し」っていうんです。卒業式の後で、男子生徒と女性生徒のカップルが、帽子の白線とセーラー服のスカーフを結び合わせて川に流すんです。卒業して離れても、いつまでも心が結びあっているように、というおまじないなんですって。私はドラマの中で、この「白線流し」をやったんですが、とてもロマンチックで、本当にステキな風習だと思いました。【この項、「週刊TVガイド」(東京ニュース通信社刊)1976/02/13号より引用】」【役名(演技者)】村井千恵(仁科明子)、平野信一(沖雅也)、白木里子(倍賞美津子)、千恵の兄・村井文彦(細川俊之)、古山周吉(高岡健二)、相川世津子(五十嵐淳子)、文彦の妻・保子(松本留美)、婦長(中原ひとみ)。【データ協力:soundtrack】
キー局 TBS 放送曜日 放送期間 1976/01/15~1976/04/22
放送時間 22:00-22:55 放送回数 15 回 連続/単発 連続
番組名 木下恵介人間の歌シリーズ
主な出演 仁科 明子仁科亜季子)(1)-(15)、沖  雅也(1)-(15)、倍賞美津子(1)-(15)、細川 俊之(1)-(15)、高岡 健二高岡 建治)(1)-(4)(6)(7)(9)(12)-(15)、五十嵐淳子五十嵐じゅん)(1)-(6)(8)-(13)、三木 聖子(1)、松本 留美(2)-(11)(13)(14)、中原ひとみ(5)(7)(11)-(14)、松下 達夫(6)(14)(15)、小沢栄太郎(8)(10)(12)(14)(15)、荒木  茂(8)(10)(12)-(14)、中村 孝雄(9)、天田 俊明(10)、伊佐山ひろ子(11)、伊藤 孝雄(15)、風間 祐子、(ナレーター:城  達也、)
主な脚本 石松 愛弘(1)(5)
主なプロデューサ 飯島 敏宏
主な演出 飯島 敏宏鈴木 利正(5)
局系列 JNN
制作会社 木下プロダクション、TBS
HP

Tag Cloud

白線 流す 仁科明子 沖雅也 千恵 結ぶ 白馬 儀式 風習 スカーフ セーラー服 帽子 信一 卒業式 信州 誓う 倍賞美津子 飯島敏宏 石松愛弘 ちく 相川世津子 待つ 妻・保子 姫川 寒村 登場人物たち 変貌 男子生徒 鈴木利正 高岡健二

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供