• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ親なし子なし

平岩弓枝の書き下ろし作品で、江戸末期を舞台に、天涯孤独な若い男女が死に損なってから肌を寄せ合って「生きる」までを描いた人情時代劇。前年の1971年に歌舞伎座で上演された同タイトルの舞台(石井ふく子演出)では山本学&波乃九里子のコンビだったが、テレビ版では近藤正臣&波乃九里子のコンビとなる。平岩は今回、このドラマのためにテレビ脚本に改稿、近藤正臣のキャラクターにあわせて新吉役を書き改めた。念願の「東芝日曜劇場」初登場となる近藤は、この作品が主演作として初の本格的時代劇となる。ゆい(波乃久里子)は義母のお吉(山岡久乃)が死んだと聞かされ、自殺を考えた。賭博好きのお吉がお金をせびりにきたのを、ゆいが断って帰した直後の自殺だったからだ。ゆいが川岸にたたずんでいると、同じように死のうとしている男・新吉(近藤正臣)が現れ、先に川に飛び込んでしまう。ゆいは新吉を助けようと後を追って飛び込むが、泳げないゆいは逆に助けられるハメに。死に損なった2人は死を1日のばすことにし、お吉の墓参りに行く。ところが墓は跡形もなく壊されていて…。【以上、TBSチャンネル広報資料より引用】「TBSテレビの日曜劇場は着物にたとえれば紬(つむぎ)であろか。そこには真綿をつむぐ手や機(はた)織る手の心がひそんでいる。そしてそのはだざわりはさらりと快い。13日夜の『親なし子なし』も近藤正臣と波乃久里子が紬のよさを感じさせてくれた。とくに最後の堤(つつみ)での場面は鮮やかにいつまでも残っていた。これからも近藤の時代物に期待する。【以上、文:馬込みつ江氏(茨城県石岡市在住、「マイクへ一言」(毎日新聞1972/08/18付掲載)より引用)】」【役名(演技者)】ゆい(波乃久里子)、新吉[クレジット表示では「吉」の「士」は「土」](近藤正臣)、お吉[クレジット表示では「吉」の「士」は「土」](山岡久乃)、辰吉[クレジット表示では「吉」の「士」は「土」](坂東吉弥)、僧(北沢彪)、お里(大鹿次代)、寺男(林昭夫)、弥吉[クレジット表示では「吉」の「士」は「土」](水野哲)。
キー局 TBS 放送曜日 放送期間 1972/08/13~1972/08/13
放送時間 21:30-22:26 放送回数 1 回 連続/単発 単発
番組名 東芝日曜劇場(第818回)
主な出演 波乃久里子近藤 正臣山岡 久乃坂東 吉弥(クレジット表示では「吉」の「士」は「土」)、北沢  彪大鹿 次代林  昭夫水野  哲
主な脚本 (作:平岩 弓枝
主なプロデューサ 石井ふく子
主な演出 鴨下 信一
局系列 JNN
制作会社 (制作著作:TBS)
音楽 平井哲三郎、(音響効果:直井 清明
撮影技術 (技術:永田 俊昭)(映像:白取 靖弘)(カラー調整:浅利 敏夫)(照明:加藤 静夫)(音声:高橋  進(クレジット表示では「高」は「はしご高」))
美術 (美術デザイン:八木 恵一)(美術制作:小糸 正雄)(タイトル:篠原 栄太

Tag Cloud

波乃久里子 近藤正臣 ゆく 死に損なう 波乃九里子 クレジット表示 山岡久乃 ゆう つむぐ 近藤 飛び込む 新吉 コンビ 劇場 男・新吉 跡形 助ける 自殺 テレビ版 死ぬ たたずむ 坂東吉弥 舞台 作品 平井哲三郎 壊す 念願 北沢彪 聞かす キャラクター

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供