• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ百億円の阿呆ぼん(百億円のあほぼん)

松竹新喜劇のユニット出演で、藤山寛美が主演するスタジオ・ドラマ。芦屋に居を構える大金持ち森谷家の跡継ぎむすこ貫一(藤山寛美)は、父の利平(渋谷天外)のもとでなに不自由なく育てられた。職業は今のところ画家。だが、彼は普通ではない。やや一本ネジが抜けたような行動が多い。このアホぼんが巻き起こす騒動の数々を描いて行く。第1回…森谷利平夫妻が東京へ向かった間に、利平の妹・千代子(石河薫)がやって来て、金策のため国宝級の村正の名刀をこっそり持ち出そうとする。貫一が見つけ、もみあううち、中身だけが貫一の手に残った。そこへ折悪しく家族調査にやって来た警官に怪しまれ連行されてしまった。第2回…大阪のあるバーに〝森谷産業の御曹司〟というふれこみで豪遊している男がいるという。貫一(藤山寛美)は、友人の広島(小島秀哉)にたのみ、その男(大村崑)を捜し出してもらい、バーに乗り込んだ。しかし、その男は、悪意で御曹司と偽ったのではなかった。意外や森谷産業の社員で、姓も偶然に森谷だったため、ホステスに勘違いされたのだという……。【以上、読売新聞1968/10/19付、1968/10/26付より引用】本作の4年前に似たキャスト構成で『10億円のあほぼん』というドラマがABCで制作、放送されている。【参考文献:木畑紀子著「寛美 いつまでも大阪の 藤山寛美と松竹新喜劇」(1990/12/20、「上方芸能」出版センター発行、夏の書房発売)】
キー局 YTV 放送曜日 放送期間 1968/10/19~1969/01/25
放送時間 22:30-23:30 放送回数 15 回 連続/単発 連続
主な出演 藤山 寛美(1)-(15)、渋谷 天外2代目)(館  直志舘  直志)(1)-(15)、芦屋雁之助(1)、沢 りり子沢 リリ子)(1)、小島慶四郎(1)(3)、上田吉二郎(1)、芦屋 小雁(1)、石河  薫(1)(15)、酒井 光子(2)(4)-(6)(8)(9)、大村  崑(2)(6)、小島 秀哉(2)(7)、東山 明美(4)、曾我廼家鶴蝶曽我廼家鶴蝶)(7)(11)、柴田美保子(7)、玉川 良一(7)、左  卜全(10)、楠 トシエ(10)、花和 幸助(12)、中村メイコ(13)、初音 礼子(14)、南  利明(14)、藤山 直子藤山 直美)、
主な脚本 藤本 義一
主な演出 香坂 信之(1)(4)
原作 館  直志
局系列 NNN
主題歌 (挿入歌:沢 リリ子「たわむれないで」(作詩:水沢 圭吾、作曲:叶  弦大、編曲:高橋 五郎))

Tag Cloud

藤山寛美 館直志 森谷産業 貫一 利平 渋谷天外 御曹司 藤本義一 バー 石河薫 跡継ぎむすこ貫一 沢りり子 やって来る 芦屋雁之助 村正 もみあう ネジ 豪遊 芦屋 大村崑 たのむ 金策 悪意 名刀 偽る 連行 持ち出す 小島慶四郎 抜ける 喜劇

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供