• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ虚無僧一平

輸入したばかりのVTRを駆使した寛美の二役ものの仇討ち時代劇で忙しい寛美のスケジュールをぬって制作され、好評だった。「藤山寛美が人気女優相手に一人二役をつとめる45分の連続ドラマが来月1日から日本教育テレビに登場する。辻久一氏執筆になる『虚無僧一平』というオリジナル時代劇で、製作担当は大阪の毎日放送テレビ。上方コメディーが劇団「笑いの王国」のマンネリズムで人気が低下気味の折柄、松竹喜劇陣の寛美がこの本格ドラマ物でどこまで上方株の持ち直しに成功するが、ちょっと注目に値しよう。『虚無僧一平』は最初ラジオ東京テレビの「日曜劇場」のように、一回ごとに話の完結する形のものとして企画された。題名も『四季の花道』とつけていたが、レギュラーの主役に予定された藤山寛美が連続物をやりたいと希望したため、辻氏の書き下ろしで出発することになったという。放送時間は毎週土曜日の夜8時から45分間。寛美が二枚目をやるのは珍しいことだし、それに持ち前の白痴的三枚目との一人二役。相手役も山田五十鈴、月丘夢路、瑳峨三智子、森光子、笠置シヅ子などに適宜出演を頼むそうだから、意気ごみのほどが察しられる。話は徳川末期の阿波、大阪が舞台だ。阿波の回米問屋阿波屋は蜂須賀候の信望あつく商売が繁盛していた。ところがこれをにくむ一味のたくらみで主人(岩田直二)は自殺、妻(月宮乙女)もそのあとを追う。夫婦には二人の男の子があった。兄の一平(藤山寛美)は少年の身ながら、やはり一味のさしがねで獄につながれ、弟の亀吉(藤山寛美)は大阪につれ去られる。それから十年。ある暴風の夜、一平は獄を破ってかたきを求め大阪へ旅立つ。しかし彼には追手がつけている。そして鉄砲にうたれたところへ「おしん」という鳥追女(笠置シヅ子)が現われ、彼を救う。それから前髪の若衆「佐久間伊織」(林与一)、ナゾの隠密(石浜祐次郎)、悪い奉行(嵐吉三郎)、奉行の手先(永田光男)などが入り乱れて一平にからみ、芝居の一座なども登場して波乱に富んだ筋立てとなる予定だ。『虚無僧一平』という題名は、一平が獄を破っていらい虚無僧姿に変装するのでつけられた。亀吉は船場の商家にでっち奉公させられるが、お脳は弱いという設定。この兄弟はもちろんドラマの中で対面することになる。そこで藤山寛美一人で演ずる兄弟をどうやって一つの画面で芝居させるかがスタッフの苦心のしどころ。担当の堀内収ディレクターはその方法をいま研究中だが、おそらくビデオテープを二回まわして、最初の時は兄の芝居、二回目には弟の芝居をさせ、結局一つの画面に二人が同時に出たようにみせかけることになろうという。一平を虚無僧に仕立てたのは、寛美の早がわりをやり易くするため。虚無僧だとカサをかぶるから、中の顔は弟の亀吉のメーキャップをしていてもわからない。これなら衣装をかえるだけで兄から弟へ、あるいは弟から兄へ化けられるというわけだ。音楽担当は斎藤超氏。氏はいまはやりの『大阪野郎』(読売テレビ製作ドラマ)の主題歌も作曲した人。こんども主題歌が作られ、神戸一郎がうたうことになっている。第一回放送分は去る17日夜にビデオテープどりをした。【この項、朝日新聞1960/09/27付より引用】」藤山寛美は後年、本作での笠置シズ子との共演でのやりとりを回顧している。「笠置シズ子さんと一度だけ、テレビでご一緒したことがある。もう二十五年も前だった。ドラマは『虚無僧一兵(※原文のママ)』。鳥追い役の笠置さんとともに、舟具小屋に身を潜める画面--リハーサルの合い間に、彼女が言った。「ナァ、時勢やなァ。役者と歌手が、こないして同じ画面に出られるなんてなァ」「なにいうてはる、ネエさん」笠置さんは渋谷天外先生の夫人と同じ、レビューの出身だった。ぼくより年長である。その古い世代の芸人にとって、歌手と役者という異なった分野がごっちゃになるなんて、今昔の感があったに違いない。亡くなられたと聞いて、その日のやりとりが、鮮明に耳によみがえった。【この項、文:藤山寛美(書籍「みち草 わき道 しぐれ道 藤山寛美」(藤山寛美著、東京新聞出版局刊、1985/12/12初版)より引用)】」
キー局 MBS 放送曜日 放送期間 1960/10/04~1961/01/10
放送時間 22:00-22:30 放送回数 15 回 連続/単発 連続
番組名 連続テレビドラマ
主な出演 藤山 寛美笠置シズ子笠置シヅ子)、嵐 吉三郎石濱祐次郎石浜祐次郎)、林  与一岩田 直二月宮 乙女永田 光男、(以下、非レギュラー山田五十鈴未確認)、月丘 夢路未確認)、瑳峨三智子未確認)、森  光子未確認
主な脚本 辻  久一
主な演出 堀内  収
局系列 ANN
制作会社 MBS
音楽 斎藤  超
主題歌 神戸 一郎

Tag Cloud

藤山寛美 寛美 笠置シズ子 一平 虚無僧一平 虚無僧 亀吉 画面 芝居 笠置 辻久一 大阪 嵐吉三郎 阿波 一人二役 ビデオテープ 神戸一郎 題名 奉行 つける やりとり 破る 一味 役者 笠置シヅ子 歌手 主題歌 出る 兄弟 毎日放送テレビ

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供