• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データみつめいたり(見つめ至り…誤り)

第6回放送批評家賞(ギャラクシー賞)受賞作品。北国を背景に、昭和初期から青春とは何か、ということをじっくりみつめた若者を描いている。「陸軍中将を務める大河光政(神田隆)の末娘・和歌子(栗原小巻)は、堅苦しい見合いの席を抜け出した。そこで、光政に仕える馬丁の息子・平一郎(高橋長英)と出会う。楽しい語らいの時を得て、いつしか2人は互いにひかれあうようになる…。金沢を舞台に、昭和初期~10年代にかけて青春をすごした若者の清純な愛を描く。軍国主義の時代でありながら、反戦思想を基調に明るくうたいあげた青春譜。【この項、「ギャラクシー賞40年史」(2004年、放送批評懇話会刊)より引用】」タイトルの『みつめいたり』は、詩人・茅野粛々の作品「見つめ至り」をもとにしているという。1964年に制作され、評判はよかったが、内容が暗いとして長らく放送されずオクラ入りしていた作品で3年半ぶりに放送された。「栗原小巻さんのお兄様を演じたのは江守徹さんでした。若き江守徹さんの痛いほどの美しさが印象的でした。ぜひ又通しで観たいです。【この項、文・sea】」【データ協力・sea】
キー局 CX 放送曜日 放送期間 1968/10/06~1968/12/29
放送時間 22:30-23:00 放送回数 13 回 連続/単発 連続
主な出演 栗原 小巻高橋 長英宝生あやこ神田  隆佐野タダ枝清水 和子江守  徹
主な脚本 山内  久立原 りう立原りゅう
主な演出 森川 時久
原作 島田清次郎「地上」
局系列 FNN
制作会社 栄プロダクション、CX
制作 松浦 栄策
音楽 間宮 芳生

Tag Cloud

栗原小巻 高橋長英 立原りう 昭和初期 みつめる 江守徹 山内久 神田隆 青春 若者 青春譜 陸軍中将 末娘・和歌子 大河光政 宝生あやこ 至り 馬丁 軍国主義 松浦栄策 堅苦しい すごす 佐野タダ枝 森川時久 仕える オクラ入り 抜け出す うたいあげる 作品 間宮芳生 観る

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

FaceBook

クチコミ

ユーザレビュー

関連ブログ

ドラマデータ提供