• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ女ゆえに

劇団NLTのユニット出演で、週五回、九週連続のテレビ映画。婚約した相手の子を宿しながらその男に捨てられ、生まれた子を母(賀原夏子)にあずけて看護婦として働く久美子(村松英子)が主人公。実の子のほか、病院で生み捨てられた子を引きとって育てる久美子は、同じ病院につとめる、どこかかげりのある青年医師藤本(勝部演之)を愛し、愛される。しかし、母として生きるか、女として生きるか、愛の岐路に立つのだ。【以上、讀賣新聞1968/03/04付より引用】【参考文献:WEBサイト「国際放映」(2020/03/15閲覧、https://www.kokusaihoei.co.jp/database/tv/index.html)】
キー局 NTV 放送曜日 月~金 放送期間 1968/03/04~1968/05/03
放送時間 13:30-13:45 放送回数 45 回 連続/単発 連続
主な出演 村松 英子賀原 夏子勝部 演之服部 マリ樋田奈保美岸  旗江劇団NLT
主な脚本 田代 淳二
主な演出 (監督:三輪  彰
局系列 NNN
制作会社 国際放映、NTV

Tag Cloud

村松英子 賀原夏子 劇団NLT 勝部演之 久美子 田代淳二 青年医師藤本 捨てる 病院 愛す 樋田奈保美 かげり 岐路 あずける 服部マリ ユニット出演 生きる 宿す つとめる テレビ映画 婚約 連続 引く 生む 看護婦 育てる 立つ 生まれる 相手 主人公

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供