• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ志都という女(「志都」にルビ「しづ」が付く)

瀬戸内海の風景をバックに、純愛に生きた女・志都の姿を美しく描く。【以上、讀賣新聞1967/11/01付より引用】「中河勉は5年前に五歳上の志津という女性を知った。志津が両親を亡くして、中河家に引き取られてきたからである。やがて、勉は翳のある志津に思い憧れ、ひそかに結婚の約束まで交わすこととなるが…。【この項、映画チャンネルNECO広報資料より引用】」モノクロ作品。「大学受験に失敗した中河勉(川地民夫)が、志都(芦川いづみ)という女性と知り合うが、合格が決まった日に彼女は海に消えていくという悲恋もので、五年前の回想として物語は展開します。【この項、文:市村】」高橋玄洋が自作『尾道の灯』(1962)をベースに小説化した作品「志都という女」を高橋玄洋自らがドラマ化したもの。現在は第19回の原版が消失しており、CSでの放送では第19回を欠番としてオンエアされている。協力:尾道市(1)(5)-(18)(21)-(35)、尾道商工会議所(1)(5)-(18)(21)-(35)、社団法人尾道観光協会(1)(5)-(18)(21)-(35)、瀬戸田町(16)-(18)(21)-(35)、瀬戸田町観光協会(16)-(18)(21)-(35)、福山市(26)-(30)、福山観光協会(26)-(30)。協賛:尾道造船、中田組、青木組、セルフデパート鶴屋、清酒寿齢。【演技者(役名)】「●芦川いづみ…志都(中河勉が知り合う尾道在住の薄幸の女性。嫁ぎ先から出戻って来て「丸中屋」のお手伝いさんになる。18歳で高津に嫁いでいる)、●竜崎一郎…中河(畳表・莫蓙卸「丸中屋」の主人。志都の仲人)、●織賀邦江…中河の妻、●深江章喜…高津(志都の夫だった船員)、●玉村駿太郎…高津の船員仲間、●三谷忠雄…高津の船員仲間、●桂小かん…「丸中屋」の使用人、●千代田弘…志都の父(花むしろ織りの名人だったらしい)、●菅井一郎…〔マタゴロウ〕(志都のおじ。「丸中屋」の主人の知人)、●川地民夫…中河勉(早稲田大学の文学部の受験に失敗した浪人生。「丸中屋」の息子。作家志望)。【この項、文:市村】」【データ協力:市村】
キー局 TBS 放送曜日 月~金 放送期間 1967/11/13~1967/12/29
放送時間 13:15-13:45 放送回数 35 回 連続/単発 連続
主な出演 芦川いづみ芦川いずみ…誤り)(1)(5)-(18)(21)-(35)、川地 民夫(1)(5)-(18)(21)-(35)、竜崎 一郎龍崎 一郎)(1)(5)(7)(11)(15)(23)(29)(33)、初井 言栄初井 言榮)(5)-(8)(11)-(13)、織賀 邦江(1)(5)-(7)(11)(12)(15)(23)(24)(29)(33)(34)、深江 章喜(1)(6)-(8)(13)(15)(26)(33)、榎木 兵衛(1)(6)-(8)(13)(33)、玉村駿太郎(1)(6)-(8)(13)(33)、三谷 忠雄(1)(6)-(8)(13)(33)、宮原 徳平(1)(5)-(7)(28)(29)、船橋  元(6)-(10)(15)(22)(23)((15)(22)(23)は、舟橋  元、と表記)、折原 啓子(6)(8)(10)(17)(23)(27)-(29)(31)(32)(34)、小園 蓉子(6)-(8)(12)(13)、槙  杏子(6)(8)-(18)(23)-(28)(31)(32)(34)、伊藤 寿章(8)(10)(28)(34)、見明凡太朗(9)-(18)(21)-(26)(33)-(35)、山田 禅二(9)(13)-(15)(17)(18)(21)-(23)(35)、東 恵美子(10)-(13)(27)、松村 智毅(10)(12)-(18)(22)-(25)(35)、田中 筆子(13)-(15)(17)(21)-(23)(35)、若原 初子(16)-(18)(21)-(25)(34)、小谷野美智子(16)-(18)(21)-(23)(25)(34)、中曽根公子(26)-(32)、大塚 国夫(26)-(33)、(以下、非レギュラー菅井 一郎(1)、桂 小かん(1)(5)(6)、千代田 弘(1)(27)、黒田  剛(6)、小柴  隆(6)、澄田 浩介(6)、中  庸子(7)(8)(13)、長谷川明男(8)(10)(15)、村田知榮子村田知栄子)(9)(10)(23)、阪井幸一朗(13)、高田 栄子(13)、早川 由記(14)(21)(22)((14)は「早川 由紀」と表記)、鈴村 益代(14)(21)、三船 好重(14)(21)(22)、久松 洪介(14)、三杉  健(14)、荒井 岩衛(15)(22)、横田 楊子(15)、鈴木 俊子(16)、弘松 三郎(18)(31)、山之辺潤一(21)(22)、佐川 明子(21)(22)、伊豆見 雄(21)、岩井 岩衛(21)、高橋  明(21)(22)、糸賀 靖雄(21)(22)、田中  滋(21)(22)、澄川  透(21)(22)、近江 大介(21)(22)、村田 寿男(21)(22)、戸波 志朗(21)(22)、小林  亘(21)(22)、角谷美佐子(23)、田端 芽子(23)、溝井 哲夫(24)(25)(34)、川口 知子(26)、豊原 公子(26)(27)、柴田 新三(26)、東郷 秀美(26)、晴海 勇三(26)、渡辺 節子(26)、益富 信孝(27)、島村 謙二(27)、菊田 一郎(27)、浜口 竜哉(27)、西原 泰江(27)、瞳  美沙(29)、里   実(29)(32)、白井  鋭(30)、玉井 謙介(30)、宮崎  準(31)(32)、伊丹 慶治伊丹慶二郎)(32)、小松 方正演技集団日活芸能(1)(5)-(18)(21)-(35)、(方言指導:毛塚加奈子(1)(5)-(18)(21)-(35))
主な脚本 高橋 玄洋(原作も)
主なプロデューサ 薮内 善明
主な演出 (監督:堀池  清(1)(5)-(15)、内田 一作(16)-(18)(21)-(25)(31)-(35)、馬越 安彦(26)-(30))(助監督:岡屋 竜一岡屋 龍一)(1)(5)-(18)(21)-(25)、小泉  間(クレジット表示では「間」には「人偏」が付く)(26)-(35))
原作 高橋 玄洋(三一書房刊)(脚本も)
局系列 JNN
制作会社 (制作:日活、TBS)
制作 (製作担当者:実川 正義)
音楽 池田 正義、(新堀ギターアンサンブル日芸室内楽団
主題歌 徳永 芽里「ただひたすらに」(作詩:高橋 玄洋、作曲:池田 正義)(コロムビア・レコード((26)-(35)は、「CBS コロムビア レコード」と表示))
撮影技術 藤岡 粂信(1)(5)-(8)、上田 宗男(6)(9)-(15)、山下 卓夫(16)-(18)(21)-(35)、(照明:安藤真之助)(録音:秋野 能伸)(編集:近藤 光雄(1)(5)-(15)、西村 豊治(16)-(18)(21)-(35))(東洋現像所
美術 川原 資三、(衣裳提供:京友禅泰染工)(第一衣裳山田かつら店高津映画装飾

Tag Cloud

丸中屋 芦川いづみ 高橋玄洋 中河勉 高津 川地民夫 船員仲間 瀬戸田 中河 志津 尾道 織る 竜崎一郎 嫁ぐ 失敗 薮内善明 原版 尾道造船 女性 主人 文学部 知り合う 早稲田大学 池田正義 自作 かん お手伝いさん バック 織賀邦江 知人

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供