• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ愛のシリーズ しろがねの女(銀心中…誤り)

夫の戦死という誤解から生まれた女の悲劇を描いている。【文:アイリス】「久我美子とは初顔合わせの大坂志郎、井上孝雄が共演する。物語は、実直な床屋夫婦といとこが、残酷な戦争に巻き込まれて、それぞれ悲惨な運命をたどる姿を描いており、久我美子をはじめとする主役三人が、三人三様のバリカンさばきを見せる。原作は小冊子8ページばかりの短編で、登場人物も5人ほど。このため脚色の段階でふくらませたものになっている。このドラマは予定されていた『恋という』(市川猿之助、浜木綿子)が、浜の病気のため制作できず、ピンチヒッターに登場したもので、1時間もの3本を14日で制作というスピード記録をつくっている。【この項、読売新聞1965/07/26付より引用】」
キー局 NET 放送曜日 放送期間 1965/07/26~1965/08/09
放送時間 22:00-23:00 放送回数 3 回 連続/単発 単発
番組名 ポーラ名作劇場(63)
主な出演 久我 美子井上 孝雄大坂 志郎千之 赫子山形  勲
主な脚本 (脚色:岡田 達門(1)(2))
主な演出 有馬 康彦(1)(2)、富本 壮吉未確認
原作 田宮 虎彦「銀心中」より
局系列 ANN
制作会社 東宝、NET

Tag Cloud

久我美子 井上孝雄 大坂志郎 スピード記録 床屋夫婦 バリカンさばき 冊子 ピンチヒッター ふくらませる 有馬康彦 制作 段階 富本壮吉 顔合わせ 市川猿之助 短編 いとこ 誤解 千之赫子 脚色 たどる 登場人物 つくる 病気 山形勲 主役 戦争 浜木綿子 見せる 描く

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供