• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データラスト・シンデレラ(ラストシンデレラ)

第51回ギャラクシー個人賞受賞(三浦春馬)対象作品。「女性であることを忘れてしまうほど、なりふり構わず仕事に没頭する現代の女性たち。そんな彼女たちの中には、過労やホルモンバランスの崩れから髪の毛が薄くなったり、男性のような濃いヒゲが生えてきたという人も見られるという。また、ある調査によると、25歳~35歳の未婚女性の約6割が「自分がオス化している」と感じているそうだ。(2009年NEC調査)29歳の時には、「結婚」か「仕事」かで悩めば良かったけど、39歳オス化女子になるとそれに加えて、「出産」「離婚」「介護」「転職」など様々な選択と悩みとタイムリミットが押し寄せてくる。『ラスト・シンデレラ』は、そんな不器用だけど、パワフルにエネルギッシュに頑張る「おやじ女子」たちの姿に迫り、現代女性の姿を赤裸々に描いた作品となる。現代女性たちのリアルな姿を中心にそれを取り巻く人たちの様々な人間模様を描く、笑えてドキドキして切なく楽しいラブコメディーがこの春話題を呼ぶことは、間違いない!【この項、フジテレビ番組広報資料より引用】」気楽に当時の若い三浦春馬のヤンチャな魅力を堪能しながらイケメンの年下の男性の魅力にドギマギする篠原涼子の小芝居をのんびり楽しむ作品。働く女性がハゲに悩む設定は本作の19年前の某ドラマ(1994)ですでに使われた要素。取材協力:BRIDEGE HAIR MAKE UP。撮影協力:日本マイクロソフト株式会社(1)、ムラサキスポーツ(1)-(5)、map's Tokyo(1)-(5)、六文そば(1)、鵠沼海浜公園スケートパーク(1)-(3)、大江戸温泉物語 浦安万華郷(1)、株式会社In Field(1)(2)(4)(7)(8)、くすりの福太郎(1)(4)、メルパルクTOKYO(1)(5)、Okura AKADEMIA PARK HOTEL(オークラアカデミアパークホテル)(1)(7)(8)、(判読不明)(1)-(3)(9)-(11)、町田カトルゼ14フットサルパーク(2)、笹塚ボウル(2)、ろうきん富士センター(2)、TAITO(タイトー)(2)、GUILD PRIME(2)、小山町フィルムコミッション(2)、Three Hundred Bar(2)、アトリオドゥーエ碑文谷(2)-(5)、多摩市(3)、こっけんクッキング(3)、木材会館(3)(4)、たまロケーションサービス(3)、珈琲タイムス(3)、ハマロケ(3)、ホテル椿山荘東京(4)、SUN PLAZA(4)、埼玉西武ライオンズ(5)、SBSロジテム株式会社(5)(7)、ウェンディーズ表参道店(5)、Urth Cafe(アースカフェ)(5)、RALPH LAUREN(5)(8)、グリーンアップル歯科医院(6)、KIHACHI(6)、日本料理 よし邑(6)、45 Digital Conびni(株式会社 45デジタルコンビニ)(6)、AIR GROUP(6)(7)、Pasela Resorts(パセラリゾーツ)(6)、BODY & SOUL(7)、株式会社アドリアル(7)、成ロケーションサポート(7)、Minotti(7)、アクアかずさ(7)(8)、ダイソー(7)、都市センターホテル(8)、田町グランパーク(8)、デイ・ナイト株式会社(8)、MURASAKI SKATEPARK TOKYO(9)-(11)、STAR JEWELRY(9)、EMPORIO ARMANI(10)、岡谷物流株式会社(10)、東京レジャーランド(10)、メゾン ポール・ポキューズ代官山(10)、Grazia(10)、AQUA GRAZIE(11)、みなとみらいグランドセントラルタワー(11)、晴海客船ターミナル(11)、DUAL VIEW INDIVIDUALLY MODERN(11)、OASIS PACHINCO SLOT 飯田橋店(11)、ArtGrace WEDDING CHATEAUX(アートグレイス ウエディングシャトー大宮)(11)。協力:ビデオスタッフ(1)-(11)、FLT(フジライティング・アンド・テクノロジイ)(1)-(11)、バスク(1)-(11)、FILM(1)-(11)、Ventuno(ヴェントゥオノ)(1)-(11)、LINDA(1)、ファン(1)-(11)、LAカンパニー(エルエーカンパニー)(1)-(4)(8)(9)、成ロケーションサポート(株)(1)-(11)、BEAUTRIUM(1)-(11)、inup(3)-(11)、高橋レーシング(タカハシ・レーシング)(11)。車輌:石島 雄二、後藤 浩明、岡本 雅智、渡邉 真教、成川 敦史、芝地  章。【各回サブタイトル】(番組内の表示はなし、新聞ラテ欄などの告知で表示)第1話「おやじ女子が恋を エッチな王子様登場」、第2話「恋と人生の大逆転」、第3話「おやじ女の大奮闘!?二人きりの夜に…!!」、第4話「禁断のキス」、第5話「走りだした想い…!!恋の先にある衝撃!!」、第6話「大波乱!!一触即発の三角関係!!」、第7回「いけないkiss」、第8回「さよなら…そして、ありがとう」、第9回「オレはお前が好き」、第10回「お前はオレが守る」、最終話(第11話)「私の選ぶ王子様」。【役名(演技者)】遠山桜(篠原涼子)、佐伯広斗(三浦春馬)、立花凛太郎(藤木直人)、武内美樹(大塚寧々)、長谷川志麻(飯島直子)、大神千代子(菜々緒)、武内公平(遠藤章造)、遠藤健一(橋本さとし)、柏木智則(NAOTO)、松尾のぞみ(滝沢沙織)、柴田春子(平田薫)、武内節子(野川由美子)、川柳の声(牧原俊幸)、立花光子(前田美波里)、武内咲[役名のクレジット表示なし](芳根京子)。【出典:ドラマ本体のクレジット表示より採録(採録:古崎康成)】【参考文献:webサイト「株式会社ソーレプロモーション/兼原良太郎」(2020/02/22閲覧、https://sole-pro.co.jp/profile/ryotaro_kanehara)】
キー局 CX 放送曜日 放送期間 2013/04/11~2013/06/20
放送時間 22:00-22:54 放送回数 11 回 連続/単発 連続
番組名 木曜劇場
主な出演 篠原 涼子(1)-(11)、三浦 春馬(1)-(11)、藤木 直人(1)-(11)、飯島 直子(1)-(11)、大塚 寧々(1)-(11)、遠藤 章造ココリコ)(1)-(11)、野川由美子(1)-(11)、菜々緒(1)-(11)、橋本さとし(1)-(11)、風間トオル(1)(9)、市川 由衣(1)-(4)(8)、NAOTO(EXILE)(1)-(11)、滝沢 沙織(1)-(11)、平田  薫(1)-(11)、芳根 京子(1)-(4)(6)-(11)、笹原 尚季(1)-(4)(6)-(11)、市川千恵子(1)、山根 和馬(1)、田口  学(1)、山下 恵司(1)、建部 和美(1)、米原 幸佑(1)(7)、滝 裕可里(1)、加藤 潤一(1)、吉川まりあ(1)、窪寺  昭(1)、江奈さやか(1)、安岡  直(1)、鳳  恵弥田邊 恵弥吉永  翔)(1)(クレジット表示なし)、名高 達男名高 達郎)(2)(6)(9)(11)、筒井真理子(2)(6)(9)(11)、山本 栄治(2)、板倉チヒロ(2)、西海健二郎(2)、古原 靖久(2)、松村真知子(2)、田実 陽子(2)、今井 メロ(2)、遠藤  要(3)(5)(10)(11)、古宮 基成(3)-(5)、丸山 優子(3)、山田あさこ(3)、こにわ(3)、和季明日香(4)、須田 瑛斗(4)、大林 健二モンスターエンジン)(5)、小松 彩夏(5)、菊池 均也(5)、野間 慎平(5)、鳥羽まなみ(5)、杉浦 琴乃(5)、金林まりあ(5)、前田美波里(6)(11)、山本 裕典(6)(7)、桜井  聖(6)、青木  一(6)、大村 美樹(6)、永岡  佑(6)、金井 成大(6)、前川 泰之(7)、稲森 みき(7)、清水  藍(7)、滝沢 美結(7)、三浦  剛(7)、三浦理恵子(8)、菅谷 哲也(9)(11)、滝川 恵理滝川ひとみ)(9)、KEIJI(EXILE)(10)(11)、兼原良太郎(10)(クレジット表示なし)、大津 尋葵(11)、鈴木利恵子(11)、冨永  竜富永  竜)(11)、永田 真寛(11)、鶴田 雄大(11)、江守 沙矢(11)、佐藤 匡泰佐藤タダヤス)(11)、渡辺  潤(11)、太田 希望(11)、江口亜衣子(11)、岡  絋希(11)、中務 泰法(11)、根本 秀幸(11)、河本 伸明(11)、島崎 映次(11)(クレジット表示なし)、高坂 ちか(11)(クレジット表示なし)、神咲 りさ(クレジット表示なし)、中山  孟(クレジット表示なし)、CASTY(キャスティ)(1)-(11)、パリマス(1)-(11)、オフィス・オーパ(1)-(11)、セントラル子供タレント(1)-(4)、麗タレントプロモーション(1)-(3)(5)-(8)(10)(11)、テアトルアカデミー(4)(5)(7)(8)(10)(11)、ギュラ(5)、FLAME IN(7)(11)、古賀プロダクション(8)(10)、ケンスタントクリエーション(11)、全日本BMX連盟(1)-(11)、フジテレビクラブの皆さん(3)-(10)、(声:牧原 俊幸(フジテレビアナウンサー)(1)-(11)、)(BMX指導:米田 大輔(1)-(11))(美容師指導:中田 直久(1)(3)(5)(7)(9)(11)、高橋 澄絵(1)(3)(5)(7)(9)(11)、山口 綾子(2)(4)(6)(8)(10)(11)、山先 亮輔(2)(4)(6)(8)(10)(11))(ピラティス指導:YASUYO(2)(5)(8))(方言指導:小林 節子(5))
主な脚本 中谷まゆみ
主なプロデューサ (プロデュース:中野 利幸)(プロデュース補:西田久美子(1)-(11)、荻田 真弓(1)-(11)、神谷 春菜)(広報:山本麻祐子)(スチール:新開 雅哉
主な演出 田中  亮(1)-(3)(6)(8)(10)(11)、平野  眞(4)(5)(7)(9)、(演出補:関野 宗紀(1)-(5)(10)(11)、岩城 隆一(6)-(11)、高田 雄貴松嵜 由衣森脇  実今  和紀迫本竜治郎)(タイトルバック:小林 一博(VFXも))(記録:荒澤志津子(1)-(3)(6)(8)(11)、島田 伸子(4)(5)(7)(9)-(11))
局系列 FNN
制作会社 (制作著作:CX)
制作 (制作担当:菅村 実雪)(制作主任:石鍋 京子(1)-(11)、野村 友紀(1)-(11)、長尾 美紀)(制作管理:曳地 克之)(スケジュール:三條 広樹)(制作進行:栂野 将志、藤森 由菜)(制作デスク:沖野 曜子)
企画 (広告宣伝:福田 佳代)(ホームページ:須之内達也(1)-(11)、鈴木 知子
音楽 半沢 武志、(音楽プロデュース:志田 博英)(音楽コーディネート:千田 耕平)(選曲:谷口 広紀)(音響効果:本郷 俊介)(MA:市村 聡雄
主題歌 ケラケラ「スターラブレイション」(ユニバーサルシグマ)、(挿入歌:リファRihwa)「Last Love」(TOY'S FACTORY))
撮影技術 宮崎 康仁(クレジット表示では「崎」は「たつさき立崎)」)(1)-(11)、木村 友恵山形 和也、(TD:高津 芳英)(技術プロデュース:藤井 弘章)(照明:富沢 宴令(1)-(11)、児玉 黎峰津保 久夕藤本 潤一佐々木祐輔茂原  匠)(録音:桜井 秀一(1)-(11)、大畑健三郎大橋 宣仁)(映像:深澤 敏行(1)-(11)、作田 和矢)(編集:平川 正治(1)-(11)、青山  愛)(ライン編集:西山 貴文(1)-(11)、千葉 宜志)(VFX:小林 一博(タイトルバックも)(1)、佐竹  淳(2)-(11)、阪田 俊彦(1)-(11))(撮影助手:宍戸  勇成田  陽)(照明デスク:木村  伸)(編集デスク:友部 節子吉田 竜二
HP
美術 (デザイン:鈴木 賢太)(美術プロデュース:佐々木順子)(美術進行:森田 誠之)(大道具:浅見  大)(操作:黒川 兼一(1)-(11)、下之門勝広)(建具:船岡 英明)(装飾:坂東 一城(1)-(11)、前田 敏幸中島 範恵中島 将文)(持道具:岡田 哲也)(衣裳:横山 貴香(1)-(11)、南雲美和子)(スタイリスト:黒澤 彰乃(1)-(11)、吉田  琴)(メイク:今津 悠子(1)-(11)、岡野 瑞恵(1)-(11)、布野 夕貴尾曲いずみ)(視覚効果:田村 憲行)(電飾:寺田  豊)(アクリル装飾:中村 哲治鈴木  竜)(小道具印刷:石橋 誉礼)(フードコーディネーター:住川 啓子)(生花装飾:牧島 美恵)(植木装飾:後藤  健)(タイトルロゴ:原田 直子)(デザイン助手:武田紗代子)(特殊メイク:江川 悦子(11))

Tag Cloud

三浦春馬 篠原涼子 おやじ女子 中谷まゆみ 藤木直人 表示 オス化 武内公平 半沢武志 クッキング PACHINCO グリーンアップル... 魅力 ARMANI 川柳 BRIDEGE 男性 敦史 木材会館 悩む メルパルクTOK... 石島 株式会社 AIR 田中亮 STAR 仕事 エルエーカンパニ... 女性 禁断

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供