• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ医龍 Team Medical Dragon3(医龍3)

今作のテーマは、「医療の国際化と外科医の存在意義」。経営が悪化した明真大学付属病院を立ち直らせるべく、集められた「医龍」こと朝田龍太郎とその仲間たち、「チーム・メディカル・ドラゴン」。そんな彼らの前に、最大にして最強の敵が立ちはだかる…。日本政府は、医療産業を大きな可能性を秘めた成長産業と位置づけ、今後積極的に国際的競争力を身につけていく方針を明らかにした。最新の薬、医療器具の海外市場への進出、さらには中国、ロシア、アラブ諸国の富裕層を患者として来日させ、その医療費を外貨獲得の手段としていくというメディカル・ツーリズムの奨励。しかし、日本の医療界は今、深刻な外科医不足という問題に直面している。スーパーローテーション制度が導入されて以来、研修先を選べるようになった若い医師たちは、外科を「3K」と呼んで避けるようになり外科の志望者は年々減ってきている。仮に配属されたとしても、医療訴訟を恐れるあまり若手の医師は簡単な手術の機会すら与えられない。残った医師にはさらに負担がのしかかり、志望者は減っていく悪循環に陥っていく。一方では、カテーテル治療やロボット手術など、医療機器のめざましい発達によって、患者の体にかける負担が少なくてすむ手術ができるようになった。さらにはES細胞やIPS細胞などの再生医療が注目を集めつつある現在、朝田たちのような心臓外科医の居場所は明らかに狭くなってきている。だが、外科医の出番が完全になくなるわけではない。救命救急が必要なとき、カテーテル治療中に予期せぬ損傷が起きたとき、メスを握る外科医はやはり必要となる。また、今年2010年7月から完全施行される新臓器移植法によって、日本でも15歳以下の子供からの脳死移植が事実上可能となる。心臓外科医にとって、新しい舞台が始まろうとしているのだ。病院経営の合理化や、メディカル・ツーリズムといった日本医療界の最新トピックスを交え、さらには、米国での保険制度改革に象徴される世界規模での医療の動向の中で、朝田龍太郎と「チーム・ドラゴン」の面々が、何を目指し、何と戦っていくのかを描いてゆく。【以上、フジテレビ広報資料より引用】第1回・最終回は拡大版(木曜21:00~23:09)。車輌:柳澤 昭仁。撮影協力:いばらきフィルムコミッション(1)、東京西徳洲会病院(1)、千葉工業大学(1)、高萩フィルムコミッション(1)、AP&PP(1)、東京工科大学(1)、日本工学院専門学校(1)、国立特別支援教育総合研究所(1)、東京都市大学(1)、味の素スタジアム(1)、福生病院(1)、福生市役所(1)、おおたかの森病院(1)、流山市役所(1)、たまロケーションサービス(1)、多摩市(1)、ベイサイド迎賓館・横浜(1)。映像協力:CNN Image Source(1)。
キー局 CX 放送曜日 放送期間 2010/10/14~2010/12/16
放送時間 22:00-22:54 放送回数 10 回 連続/単発 連続
番組名 木曜劇場
主な出演 坂口 憲二(1)-(4)(10)、稲森いずみ(1)-(4)(10)、小池 徹平(WaT)(1)-(4)(10)、阿部サダヲ(1)-(4)(10)、遠藤 憲一(1)-(4)(10)、岸部 一徳(1)-(4)(10)、池田 鉄洋(1)-(4)(10)、佐々木蔵之介(1)-(4)(10)、夏木 マリ(1)-(4)(10)、谷村 美月(1)-(4)(10)、増田修一朗(1)-(4)(10)、桜庭ななみ(1)、遠山 俊也(1)、飯田 基祐(1)、堤  匡孝(1)、浅里 昌吾(1)(3)(10)、海島  雪(1)-(3)、土屋 史子東松 史子)(1)-(3)、福田 敦子(1)(2)(4)、阿部みな美(1)(2)(4)(10)、永野 宗典(1)(3)(4)(10)、与座 嘉秋与座よしあき)(1)(3)(4)(10)、深澤 大河(1)、ひがし由貴(1)、吉家 章人(1)、高橋 麻理(1)、三上  哲(1)、向井地美音(1)、若山  慎(1)、南  周平(1)、坂本 充広(1)、青木  一(1)(10)、八幡 朋昭(1)、権藤 昌弘(1)、安岡  直(1)(3)(10)、福田 千明(1)、浜辺 高徳(1)、鹿内 大嗣(1)、足立  学(1)(4)、梅野 泰靖(1)、出口 哲也(1)、外園  大(1)(4)、田中 靖教(1)(4)、神崎 智孝(1)、小山かつひろ(1)、岐部 公好(1)、シンシア・チェストン(1)、バルニーアクサイ・アスール・レザ(1)、ラッセル・ロガイディス(1)、ウェイン・ショー(1)、ゲーリー・ゴールドスティン(1)、ブライアン・チャップマン(1)、ム二ール・エル・アルファウイ(1)、グラツムチュク・オクサーナ(1)、コリンズ・アンドリュー(1)、ロザーナ(1)、カリナ(1)、小島 一華(1)、松下 奈緒(2)、初音映莉子(2)-(4)(10)、長谷川朝晴(2)、峯 のぼる嶺 のぼる峰 のぼる)(2)、吉田 エマ(2)(4)、今村  愛(2)、金澤 美穂(3)、松永 玲子(3)、近藤 フク(3)、山岸  快(3)、ビル・ダーリン(3)(4)、グレゴリー・ペカー(3)(4)、本田博太郎(4)、中野 しん(4)、クリス・メイ(4)、シェリー(4)、中野順一朗(4)、田中 聰元(4)、東本 光司(4)、兎本 有紀(4)、松山 尚子(4)、宮前 希依(4)、大野 慶大(4)、高柳 葉子(4)、藤本 洋子(4)、及川  聡(4)、箱田 暁史(4)、由希(4)、須田 邦裕(5)、渡辺いっけい(10)、高橋 一生(10)、中村 靖日(10)、堤  匡孝(10)、海島  雪(10)、土屋 史子(10)、今井 悠貴(10)、舟木  幸(10)、出口結美子(10)、菅野 莉央(10)、山中  崇(10)、アーシャ(10)、横田 恵美(10)、木村真奈美(10)、阿部  渡(10)、鷲野 圭子(10)、松井 晶煕松井 伴憲松井ショウキ)(10)、CASTY(1)、劇団東俳(1)、稲川素子事務所(1)、フジテレビクラブの皆さん(1)、(医療指導:森田 照正((1)(順天堂大学心臓血管外科)、平野 景子(1)(順天堂大学循環器内科)、川井  真(1)(日本医科大学高度救命センター))(看護指導:石田喜代美(1))
主な脚本 林  宏司(1)、(医療脚本:土肥 静之順天堂大学心臓血管外科)(1))(脚本協力:高橋 明仁(1))(リサーチ:フリード(1))
主なプロデューサ (プロデュース:渡辺 恒也)(プロデュース補:戸倉多佳子)(広報:正岡 高子)(広報HP:丸谷 利一)(広告宣伝:高木 晋介(正しくは「高」は「はしご高」))(スチール:得木 公一
主な演出 水田 成英(1)、葉山 浩樹、(監督補:田中  亮)(演出補:高野  舞(正しくは「高」は「はしご高」)、長野 智也)(タイトルバック:冨士川祐輔)(医療監修:天野  篤順天堂大学心臓血管外科))(記録:土屋真由美(1))
原作 乃木坂太郎、(原案:永井  明、取材協力:吉村 美恵)「医龍~Team Medical Dragon~」(小学館刊「ビッグコミックスペリオール」連載中)、(原作協力:有藤 智文石田 貴信ビックコミックスペリオール編集部))
局系列 FNN
制作会社 (制作著作:CX)
制作 (制作担当:碓井 祐介)(制作主任:斉藤  勲)(スタントコーディネーター:劔持  誠)(スケジュール:三條 広樹)
企画 長部 聡介、(編成:立松 嗣章鹿内  植
音楽 澤野 弘之河野  伸、(音楽プロデュース:志田 博英)(音響効果:谷口 広紀)(MA:岩下 広史高橋 昌之)(協力:ヴェントゥオノ
主題歌 DEEP「未来への扉」(rhythm zone)
撮影技術 須藤 康夫、(技術プロデュース:瀬戸井正俊)(TD:鈴木 富夫)(照明:稲木  健)(映像:中村  宏)(録音:金子  徹)(録画:深澤 敏行)(編集:松尾  浩)(ライン編集:白水 孝幸)(編集デスク:名取佐斗史)(VFX:高野 善政)(CG:高橋 美香)(CG協力:PURE WORKSイマジカ)(協力:ビデオスタッフ、バスクバウムレーベンファン
ビデオ DVD:発売(2011/04/06)
美術 (デザイン:鈴木 賢太)(美術プロデュース:佐々木順子)(美術進行:平川 泰光)(大道具:安藤 朋希)(操作:下之門勝広)(建具:船岡 英明)(装飾:星田 和昭佐竹  諭)(持道具:植田えりこ)(衣裳:横山 貴香)(スタイリスト:坂崎タケシ(正しくは「崎」の「大」は「立」)、平澤雅佐恵黒川  昌)(メイク:南部 美年)(視覚効果:菅谷  守)(電飾:白鳥 雄一)(アクリル装飾:白勢 篤史)(特殊造形:松井 祐一)(生花装飾:牧島 美恵)(植木装飾:後藤  健

Tag Cloud

乃木坂太郎 坂口憲二 稲森いずみ 志望者 カテーテル治療 メディカル・ツー... 朝田龍太郎 外科医 外科 心臓外科医 負担 減る 医療 林宏司 小池徹平 役所 手術 集める 患者 スーパーローテー... アラブ諸国 保険制度改革 医龍 医師 WaT 福生 日本 位置づける Image

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

FaceBook

クチコミ

ユーザレビュー

このドラマの YouTube 検索結果

関連ブログ

ドラマデータ提供