• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ夏休みスペシャル ナツコイ Natsukoi

学生時代の恋人(前川泰之)と再会して心揺れる母(ちはる)と、その恋人の息子(深澤嵐→兼子舜)に恋する娘(佐々木麻緒→高畑充希)を描く。【以上、文:練馬大根役者】「ある夏の日、鎌倉に住む後藤由紀子(ちはる)は夏祭りに向かった中学三年生の娘・なつき(高畑充希)の忘れ物を届けるため家を出た。だが、人ごみの中やっと見つけたなつきは男子高校生・和真(兼子舜)と共にいた。そして由紀子は、二人の先に立つ和真の父・佐々木浩介(前川泰之)の姿に呆然とする。なぜなら、浩介は由紀子の「初恋の彼」であり、6年前に「すべては思い出に変わった」はずだったからだ…。――時は戻って6年前。由紀子は銀行員の夫・篤郎(尾美としのり)と小学生の娘・なつき(佐々木麻緒)とともに群馬県・桐生で暮らす専業主婦。夫の仕事の都合上転勤は多いが、同じ社宅に住み、何でも話し合える友達・深沢美智子(ふせえり)もでき、家族3人幸せな日々を過ごしている。ある日、下校途中のなつきは、いじめっ子から女の子を救った佐々木和真(深澤嵐)と出会う。和真は、なつきより一つ年上の小学校5年生。いじめっ子たちに立ち向かったことをきっかけに和真と仲良くなったなつきは、彼からガラスで出来た一片のジグソーパズルをプレゼントされた。そのジグソーパズルを家に持ちかえったなつきは、嬉しそうに無邪気な顔で由紀子に見せる。だが、そのガラスのパズルは、由紀子が初恋の彼からプレゼントされた物と同じ物で…。 なつきがいじめっ子たちに立ち向かった時に負った傷を"いじめ"によるものではないかと心配する篤郎に促され、由紀子は、なつきと一緒にいた和真の家を訪ねることに。しかし、出てきた男を見て由紀子は驚く。和真の父親は、由紀子の大学時代の彼氏・佐々木浩介だったからだ。浩介は大里芳雄(北見敏之)が所長をしている宅配所で働きながら、そこの二階で暮らしていた。浩介に「子供たちのためにも、ここで初めて出会ったことにした方が面倒がなくていい」と言われた由紀子は、浩介が自分に素っ気無い態度をとる理由は今の妻への気遣いだと考え、いったんは納得する。しかし、学生時代にリュック一つで世界中を飛び回り、その後カメラマンになったと聞いていた浩介の今の境遇が、由紀子には気がかりでならなかった…。ところが、由紀子は、浩介の妻が4年前に病気で亡くなっていたことを知る。由紀子の前では、妻が今もいるかのように振舞った浩介。「何のために浩介は自分に嘘をついたの?」どうしても腑に落ちない由紀子は、その理由を聞こうと夫に内緒で浩介のもとを訪れる。そこには、由紀子自身もはっきりとは自覚していないある「想い」が芽生えていた。しかし、それがこの後、娘の初恋をも巻き込んでしまう波乱につながっていく…。【この項、MBS広報資料から引用】」放送時間変更…8/18(月)→休止(北京オリンピック野球予選リーグ「日本×カナダ」戦中継)、(36)→8/19(火)10:25-10:55、(34)→8/19(火)13:30-14:00放送、8/22(金)→休止(北京オリンピック2008 野球 準決勝「日本vs韓国」中継)、(40)→8/25(月)13:30-14:00放送。車輌:三浦 宗則。撮影協力:福山通運(1)-(44)、わたらせフィルムコミッション(1)-(26)(28)(29)(31)-(35)(43)(44)、織物参考館「紫」(1)-(20)(31)、桐生市(1)-(20)、みどり市(1)-(20)、太田市西山公園(1)(3)(4)(6)-(8)(14)(18)-(20)(31)(33)(37)、篠原風鈴本舗(1)-(44)、わたらせ渓谷鐵道(1)-(3)(5)(7)(8)(10)(13)(15)(20)-(22)(28)(35)、鬼塚ガラス(1)-(44)、桐生天満宮(1)-(12)(14)-(16)(20)(21)(24)(25)(35)、日本太鼓協会(3)-(9)(11)(12)、加藤学園(5)-(7)(11)(19)(27)(29)、喫茶新樹(9)、JA藪塚本町スイカ部会(16)、社団法人東京都教職員互助会(三楽病院)(16)(32)、SEALS(22)(24)(25)(35)(41)-(43)、ERUTLUCバスケットボール事業部(24)(25)(32)(39)(41)(43)、鎌倉しゃが(41)。協力:ファン、ナイス・デー。「【役名…演技者】後藤由紀子…ちはる、佐々木浩介…前川泰之、後藤なつき…高畑充希、佐々木和真…兼子舜、後藤なつき…佐々木麻緒、佐々木和真…深澤嵐、岩田健一…松永博史(和真となつきの行きつけのライブラリーカフェ「Blue Heaven」マスター)、平田佐和子…梶原ひかり(なつきの親友。写真部員)、岩田翔太…石田愛希(健一の息子)、佐々木茉莉…森田亜紀(和真の母)、後藤タツ子…上村香子(由紀子の姑。篤郎の母)、大黒富子…山田スミ子(芳雄の妻)、大黒芳雄…北見敏之(浩介が勤める桐生の配送会社の社長)、手塚良美…吉村涼(「ぼんぼり」での同僚。浩介の好意を持っている)、深沢美智子…ふせえり(由紀子の友人。桐生で同じ社宅に入っていた)、辻弘伸…大石吾朗(鎌倉の風鈴工房「ぼんぼり」の主人)、後藤篤郎…尾美としのり(銀行員。由紀子の夫)。【この項、文:練馬大根役者】」【データ協力:練馬大根役者】
キー局 MBS 放送曜日 月~金 放送期間 2008/06/30~2008/08/29
放送時間 13:30-14:00 放送回数 44 回 連続/単発 連続
番組名 ドラマ30
主な出演 ちはる須賀 千春)(1)-(44)、前川 泰之(1)-(44)、尾美としのり(1)-(44)、高畑 充希(1)-(44)((2)-(20)はクレジット表示なし)、ふせ えり(1)-(10)(13)(15)-(17)(23)(25)(27)(31)(34)(37)-(39)((27)はクレジット表示なし)、佐々木麻緒(1)-(26)(28)(31)(33)-(35)(37)-(39)(43)(44)、兼子  舜(1)-(44)((2)-(20)はクレジット表示なし)、深澤  嵐(1)-(26)(31)(34)(35)(37)-(39)(43)(44)、北見 敏之(2)(4)(6)(8)-(10)(12)(13)(17)-(20)(31)、山田スミ子(2)(4)(8)(11)-(13)(16)-(18)(31)-(33)(36)((36)はクレジット表示なし)、上村 香子(5)(8)(9)(12)-(16)(28)(44)、宇都 秀星(7)(19)、林 泰勇騎(1)(2)、高田  航(1)(2)、井上 花菜(1)、松井 正樹(1)、森田 亜紀(2)(4)(6)(7)(11)(13)(16)(18)(19)(40)、小松 千鶴(2)(5)、東谷 柊一(3)-(9)(11)(12)、小野 貴海(3)-(9)(11)(12)、鈴木 飛鳥(3)-(9)(11)(12)、山口 可蓮(3)-(9)(11)(12)、谷塚  瞳(3)-(9)(11)(12)、諏訪 圭亮(3)-(9)(11)(12)、篠原 水稀(3)-(9)(11)(12)、大石 吾朗(21)-(23)(29)(31)(44)、吉村  涼(21)-(30)(32)-(44)、松永 博史(22)-(28)(31)(32)(34)(35)(42)(44)、梶原ひかり(21)-(27)(42)(43)(44)、石田 愛希(22)-(26)(28)(31)(32)(34)(35)(37)(39)(44)、重松 隆志(10)(13)(17)(18)、日向 明子(11)(40)、中原 和宏(12)(35)、太田美乃里(12)(13)、田畑智佳子(12)、藤井 一嵩(15)(20)、山口 隆治(16)、木下 貴夫(16)、高木さくら(22)、達  淳一(22)、西山 宗佑(22)、柳川 公輔(22)(24)(25)(32)(35)(39)(41)、内浦 純一(24)(25)(39)(41)(42)、貝瀬 和宏(24)(25)(32)(39)(41)、植松 孝行(27)(29)、迫田 孝也(30)-(33)(41)、中島  奏(32)(34)、清野佳津美(32)、永原 陽子(32)、丹内 英暢(35)(36)(41)(42)((36)は表示なし)、田中 仁浩(35)(36)(41)(42)((36)は表示なし)、伊原 幸司(36)-(38)、小笠原亜里沙(36)(38)、津田 聖子(36)(38)(39)、近藤 未来(41)、よの森あかね(41)、矢作 則子(41)、原田 悠吾(41)、上谷 健一(42)、稲垣  綾(42)、クロキプロ(1)-(11)(13)-(22)(24)-(27)(29)(30)(32)(34)-(36)(38)(40)-(42)、セントラル子供タレント(6)-(9)(14)(15)(26)(27)、キリンプロ(21)(24)(25)(27)(29)(32)(39)(41)(43)、劇団ひまわり(21)(24)(25)(32)(39)(41)(43)、劇団東俳(21)(24)(25)(27)(32)(39)(41)(43)、サンミュージック(24)(25)(27)(32)(39)(41)(43)、東京優勝(24)(25)(27)(32)(39)(41)(43)、桐生八木節連絡協議会(12)、涌丸獅子舞保存会(12)、(太鼓指導:小川 大介(3)-(9)(11)(12))(アクション指導:木川 泰宏(22)(35)(42)(43))(風鈴指導:篠原 儀治(21)-(44)、篠原  裕(21)-(44))(バスケ指導:鈴木 良和(24)(25)(32)(39)(43))(医療指導:笠原 群生(36)-(38))(ビーズ指導:坂田 勝子(11)(12)(16)(20)(28))
主な脚本 武田 有起(1)-(44)
主なプロデューサ 井上 竜太ホリプロ)、川上  裕(MBS)、(協力プロデューサー・小林 正知シネハウス))(プロデューサー補:加藤 智紀(1)-(44)、井崎 雅子)(スチール:増田 祐治(1)-(44)、成田 俊明)(ホームページ:細  慶行)(インターネット:加々本裕樹)(番宣担当:内藤  史(1)-(20)(44)、中田千佳子(21)-(44))
主な演出 中村 和宏MBS企画)(1)-(5)(11)-(15)(26)-(30)(40)-(44)、芝崎 弘記ホリプロ)(正しくは「崎」の「大」は「立」)(6)-(10)(16)-(25)(31)-(35)、府川 亮介シネハウス)(36)-(39)、(タイトルバック:大角 哲也(1)(2)(4)-(21)(23)(26)(27)(29)-(31)(33)(34)(40)(44)、石原 史香(1)-(44)、野畑 智樹(3))(演出補:府川 亮介(1)-(35)、安食 大輔(1)-(44)、水飼  慧角  啓太山中 直樹)(記録:木村 晃子(1)-(10)(16)-(25)(31)-(44)、岩井 茂美(11)-(15)(26)-(30)(36)-(44))
局系列 JNN
制作会社 (製作著作・MBS)
制作協力 ホリプロ、(協力:MBS企画(6)-(44))
制作 (制作統括:藪内 広之(MBS))(制作担当:谷  正光)(制作管理:加藤 孝政)(スケジュール:渡辺  茂)(制作進行:皆川なぎさ)(制作デスク:矢島 由香、盛田こずえ)
音楽 遠藤 浩二、(選曲:原田 慎也)(MA:河野 弘貴(1)-(44)、兒玉 邦宏)(効果:栗山 伸彦)(協力:メディアハウス、、メディアハウスサウンドデザイン(26)-(44))
主題歌 みつき高畑 充希)「夏のモンタージュ」(詞・曲:竹内まりや)(ワーナーミュージック・ジャパン
撮影技術 関  照男(1)-(44)、深野 雄一武山 智則南谷 浩之中島  敬末廣 健治大石 裕久、(技術プロデューサー:高木 久之)(TD:青木 泰弘)(照明:平岡 将仙(1)-(44)、太刀川宏之清喜 博二佐々木理衣三宅  洋加藤美和子)(VE:古川  明)(音声:小泉 一真(1)-(44)、中島 正喜小林 敏明)(編集:富永  孝(1)-(5)、古俣 裕之こまたひろゆき)(6)-(44)、目崎 和恵)(EED:佐藤 利史(1)-(44)、岩谷 洋平)(CG:野畑 智樹(1)(2)、景山 達也(3)(4)(7)(17)((17)のみ影山 達也、と表記))(技術デスク:森  一也)(編集デスク:川勝 大志)(協力:シネハウス、ビデオフォーカス、国際放映TMC-A1スタジオ)(技術協力:ラ・ルーチェブル)(編集協力:バウムレーベン
美術 (デザイン:金子 幸雄)(美術プロデューサー:森川 一雄)(美術進行:佐藤  希)(装飾:藤田 博史(1)-(44)、山崎  青)(持道具:和田 卓也)(小道具・加山くみ子)(衣裳:佐藤嘉七女(1)-(44)、富里 春香青木  茂)(メイク:越智 雅代)(大道具:手塚 常光(1)-(44)、小野寺 実)(建具:阿久津正巳阿久津正己))(操作:平賀 正人(1)-(44)、大貫 祐輔)(造園:松島 文夫((1)-(6)のみ松島 文雄、と表記))(美術デスク:佐藤  康)(協力:KHKアート)

Tag Cloud

由紀子 なつく 浩介 和真 ちはる 前川泰之 佐々木和真 兼子舜 桐生 佐々木麻緒 深澤嵐 尾美としのり ジグソーパズル ぼんぼり いじめっ子たち 後藤由紀子 篤郎 初恋 社宅 北見敏之 武田有起 えり 中継 (月) 休止 立ち向かう 川上裕 住む 中村和宏 芝崎弘記

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供