• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ不機嫌なジーン

向田邦子賞受賞(脚本・大森美香)対象作品。「大学院生の仁子(竹内結子)は、1年前の出来事から男性不信気味。ある日仁子は、同じ大学を卒業し付属小学校の非常勤講師となった健一(黄川田将也)と再会。そこに南原(内野聖陽)が現れる。注目を集める環境生物学者の南原は、仁子の恋人のように振る舞う。南原は仁子の元恋人で、男性不信に陥れた張本人。【この項、朝日新聞2005/01/17付より引用】「そんなのないよ…(泣)と、遊園地の場面からずぅぅっと、、、『不機嫌なジーン』最終話。イタくてせつない、最終回でした。次クールの予告終わってからも、まだもしかしてなんかあるのかも?いやなんかあってくれ!とおもってビデオ観ちゃったじゃないかよぉ。やっぱり、前回が最終回のほうが月9らしくてヨカッタのかな?第1話でわかっていたはずなのに、それなのに、それでもはっぴーえんどを求めるキモチがありました。おそるべし月9の呪縛。3にん仁子とか、ふたり南原とかでもおおお!だったんだけど、最終回はとくに、『アリーマイラブ』をおもいだしました。(パクリとかそーゆー意味ではなく。) 魂のかたわれ、を探しつづけるアリー。BJ(ブラックジャックではないのよさ)とは違ってはっぴーえんどのないアリー。仁子もきっと、魂のかたわれを探しながらたくましく生きてゆく。ときどき泣くけどね。【この項、文・まめぞう】」「内野さんを見るために視聴していたという結果になってしまいました。共感したり、感動したりできる台詞がなく、なんとなく見続けてしまいましたが、ヒロインがあの結末を迎えてしまうほど、研究だけに没頭しているようには見えなかったことが原因かもしれません。部屋もこぎれいだし、ファッションや化粧も気合が入っていましたので…。【この項、文・chika】」「私は好きでしたね~。最初から気にいった。ジーンの心の動きがかなりデフォルメされてたとはいえ、普通の恋愛ドラマがくどくどと1つのパターンをを1クール描くのに比べ、惚れパターン、とかキューんポイント、あ、コレ駄目。という瞬間の捉え方、描き方が私としてはすごくリアルだったんです。で、泣く、泣く、というところでフィっと外して泣き笑いに持ち込むところがすごく好みで。不機嫌なジーン、なんですよね。結局。ジンコは遺伝子のワガママや生物としての本能の他に、人間には遺伝子では説明できない大切なものがある。それを証明すると言っていたし、研究のスタンスも「人間は自然の破壊者である一生命体」という南原教授とは「人間と自然の共生」というスタンスで取組んでいる以上対立が生じる。遺伝子に捉われない人間としての生き方となると、女として南原教授に惹かれつづける部分と、研究者としての自分に引き裂かれることになる…何よりそんなに迷うくらいなら結婚はしない方がいい。南原教授が大好きだっていう感情を制御・維持しつつ、研究者としての生き方を選ぶ。ジンコの結論はそれまでのストーリー展開を通じてすごく納得のいくものでした。それに南原教授もジンコもどうしようもないくらい可愛かった~。可愛かったからこそ、この二人は一生、お互いを想い続けていくんだろうなっていう余韻があって、逆に遺伝子を残す担当にされちゃった女の人は気の毒と思いつつ、そんな夫婦もよくあるやね・・・なんて冷たく見ちゃったりして。台詞遊びも楽しくて、軽そうで結構深いドラマでしたよ。【この項、文・たり】」「個々の会話のやりとりは楽しいのに、全体のまとまりとなるとちょっとずれてるような感じがして、どうはまってよいのやらと思いつつ、仁子の失恋時の号泣や、最終回前の盛り上がりで結構満足していたのですが…。最後まで観終わって、私はこのドラマの見方を間違っていたのではないかと思い、このドラマの奥深さを一人考えてしまいました。結婚か仕事かの選択を迫られる事って、今の働く女性にはかなり現実味が。まんべんなく両立する事は可能かもしれないけれど、それを実現するには周りの協力や犠牲が必要になり、多くの困難が待ち受けているであろうというのもわかっている。本当にやりたい仕事を持っている場合、両立にはどうしてもどこかで妥協点をみつけなければならない。その妥協がぜーんぜんできないのが仁子なんだなぁと。前の恋愛(教師)でも同じ理由で失敗し、一番理解があるはずの教授でも結局。最終回になってもいっぱいいっぱい迷っている仁子をみて、こうして迷っても結局仕事を選んでしまう遺伝子をもっているのが仁子なのではないのかな?なんて思ってしまったんですね。こじつけかもしれないけど、そう思うと納得のいく結末でした。偶然にも、最近「仕事と家庭」の選択に迫られ、結局離婚してしまった友人がいるものだから…最終回でいきなりリアルな話に感じてしまったのかもしれませんが;;【この項、文・えむえむ】」第1回は拡大版(月曜21:00~22:09)。車輌・村上 誠一、大井川晃一、柳沢 昭仁、福田 広幸、脇田  亘、工藤 啓一、石島 雄二。撮影協力・OLD ROYAL NAVAL COLLEGE,GREENWICH(1)(3)、国立大学法人東京学芸大学(1)-(11)、幕張メッセ(1)、NTT都市開発(1)(2)、掛川花鳥園(1)、八王子市観光課(1)、成田ゆめ牧場(1)、東熱帯魚研究所(1)、JY(1)、Mannatian(1)、HUGO ROSS(2)、慶草園(2)、福岡フィルムコミッション(2)、城西大学(2)-(4)(11)、Buena(2)、パシフィコ横浜(2)、品川インターシティー(2)(6)、幕張ベイタウン(2)(5)(7)(9)-(11)、新アジア企画(3)、ツルハドラッグ三鷹店(3)、早稲田松竹(3)、八芳園(3)、SUSHI DINING 田中(3)、TOKYO GUMI(4)、佐伯農園(4)、赤坂プリンスホテル(4)、フラワーファミリー(4)(5)、Harumi Triton(4)(9)、カフェ・ド・ジェノワーズ青山店(4)、ピッツェリア マルデナポリ世田谷本店(5)、かずさアカデミアホール(5)、昭和大学横浜市北部病院(5)、DEN AQUARCOM AOYAMA(5)、都市機構南八王子開発事務所(5)、東京都多摩動物公園(6)、食事処ばんや(6)、横浜フィルムコミッション(7)(8)(10)(11)、MORI TOWN(7)、財団法人津田塾会(7)、昭和の森テニスクラブ(7)、Cafe Serre(eの上に右上がりのアクセント記号)(7)、フォレスト・イン昭和館(7)、東京ドームシティ(7)、アトラクションズ(7)、スポーツクラブNAS(7)、金田漁業協同組合(8)、崎陽軒本店(8)、ヤマヒロ(8)(9)、千葉県東京湾栽培漁業センター(8)、都市機構南八王子開発事務所(8)、道の駅とみうら枇杷倶楽部(8)、ハイブリッドレジャーランド東武動物公園(8)(9)(11)、エステー化学エステーR&Dセンター(8)、埼玉県立大学(9)、社会福祉法人東京都教職員互助会三楽病院(10)、(財)シルクセンター国際貿易観光会館(10)、茶寮一松(10)、リーガロイヤルホテル東京(10)、Spago(10)、ナビオス横浜(11)、東京ドイツ村(11)、鴎亭KAMOME-TEI(11)、サンハイツ小山(11)、埼玉県農林組合研究センター園芸研究所(11)、Hatsuko endo(11)。協力・SCIENCE FACTORY ltd.(1)-(11)、FLT(1)-(11)、八峯テレビ(1)-(11)、共同テレビ(1)-(11)、京北自動車(1)-(11)、株式会社ナック イメージテクノロジー(1)-(11)、ビデオスタッフ(1)-(11)、ブルーバック(1)-(11)、アクティス(1)-(11)、佐藤動物プロ(1)-(11)、エルエーカンパニー(1)(5)-(8)(11)、東京室内管弦楽団(1)(11)、水口 博也(1)、FIP(1)(3)(11)、タイトルアート(2)、LUCKY GROUP(2)(11)、ベストジーニストプロデューサー・古橋 英晴(電通パブリックリレーションズ)(2)、石原 直志(フロンティアインターナショナル)(2)、バスク(4)-(11)、昇和産業(5)、エススリー(7)(8)(11)、池田動物園(7)、Kurosawa Film Studio(11)、ニュートリノ(11)。映像提供・テレビ朝日(3)(4)、イワプロ(3)(6)(9)-(11)、BBC(3)、海野和男写真事務所(6)、フジテレビKIDS(6)、倉敷市立自然史博物館(9)、山陽映画社(9)。写真提供・共同通信社(3)(8)(9)、自然環境フォーラム(8)(9)。ロンドンコーディネーター・FREDERIEKE HENS(11)、MARI HARDWICK(11)、佐藤 未郷(11)、柳川 京子(11)。監修・田北  徹(長崎大学名誉教授)(1)-(11)、上田 恵介(立教大学)(1)-(11)、新島 恵子(玉川学園大学)(11)、高林 純示(京都大学)(11)、沢田  健(早稲田大学)(11)、小畑 晶子(11)。ダンス指導・池村 太郎(1)。語学指導・マリブマネージメント(2)(3)(7)。歯科指導・轟  啓造(2)(5)。テニス指導・鄭龍  進(7)。
キー局 CX 放送曜日 放送期間 2005/01/17~2005/03/28
放送時間 21:00-21:54 放送回数 11 回 連続/単発 連続
主な出演 竹内 結子内野 聖陽オダギリジョーオダギリ・ジョー)(1)(4)-(11)((4)は写真のみ、(6)は表示なし)、平山 広行平山 浩行)、岡田 義徳小林 聡美黄川田将也(1)-(8)(11)、井上 訓子青山 倫子)(1)(2)(4)-(8)、山田  優大鷹 明良小林  俊田中 要次(BOBA)(2)(5)(6)(10)(11)、陣内 孝則(特別出演)(8)-(11)、もたいまさこ(1)-(9)(11)、伊藤 正之(1)-(8)(11)、伊東 四朗(特別出演)(3)-(5)、片瀬 那奈(4)-(7)((6)は表示なし)、遠藤 憲一(5)-(9)、藤村 志保(特別出演)(10)(11)、ペ ジョンミョンペ・ジョンミョン、(1)では襄  正名)(1)-(7)(9)(11)、小林 且弥(5)(6)(8)(9)、鳥居 紀彦(8)(9)、渡瀬 広子(2)(4)(5)(7)、沙央理(2)(5)(7)、加藤 康起(6)(7)(11)、武田 真治(友情出演)(1)、釈 由美子(友情出演)(1)、梅宮万紗子(1)(2)((2)は表示なし)、高岡 早紀(3)、村松 利史(3)(4)、筒井真理子(3)、中丸 新将(4)、我修院達也菅野 彰雄若人あきら)(4)、櫻井 淳子桜井 淳子)(5)、相島 一之(8)(11)((11)は表示なし)、小倉  唯(8)(クレジット表示なし)、酒井 敏也(9)、藤木  孝(9)、勝部 演之(10)、田窪 一世(10)、大杉  漣(11)、赤池  洋(1)(2)(5)、山田 玲奈(1)、高橋 美穂(1)、朝永 沙希(1)(4)、水野 智則(1)(4)(7)、金井 史更(1)(6)(11)((11)は表示なし)、小林 達也(1)(6)(11)((11)は表示なし、声のみ?)、中曽根康太(1)(2)、PETER BRENMAN(1)(11)((11)は表示なし)、KATE LAMBDON(1)、HARUKA ORTH(1)(11)((11)は表示なし)、服部あさみ(1)、岩田  丸(1)、田中 允貴(1)、石川 雄也(1)、LISSA推定少女)(2)、小泉絵美子(2)、田中 仁浩(2)、ALLTON DEMARQULALVES(2)、飯原 成美(2)(8)(11)、石田 大樹(2)(11)((11)は表示なし)、浦岡  碧(2)(11)((11)は表示なし)、海老名航一(2)(11)((11)は表示なし)、広瀬 真美siss)(2)(11)((11)は表示なし)、慶野 有香siss)(2)(11)((11)は表示なし)、立澤  麗(2)(11)((11)は表示なし)、高橋 悦朗(2)、村松 保利(2)、大塚 和彦(2)、簗瀬 憲光(2)、軽部 真一(フジテレビアナウンサー)(2)(11)((11)は表示なし)、政井 マヤ(フジテレビアナウンサー)(2)、和泉由希子(3)、小沢日出晴(3)、今井 悠貴(3)、FRED ALLUM(3)、野沢 和香(4)、松川 三夏(4)、山田  透(4)、原田恵理子(4)、植松 晃士(4)、佐藤 景子(4)、江澤 規予(4)、Mark C(4)、望月 みさ(5)、堀  有里(5)、青木  一(5)、岩村 美紀(5)、汐見 更沙(5)、Manuel(5)、Brightte(5)、吉瀬美智子(6)(7)((7)は写真)、閔  東旭関  東旭…誤り)(6)、橋口恵莉菜(6)、菅  光輝(6)、米山えりか(7)、小田倉良子(7)、海老原敬介(7)、佐藤  護(7)、Hans(7)、武川 修造(8)、片山 美穂(8)、森 富士夫(8)、天現寺 竜(8)、大塚  洋(8)、徳永  淳(8)、長谷川 遼(8)、國武 大志(8)、小倉  惟(8)、三井 善忠(9)(10)、岡森  諦(9)(10)、尾形沙耶香(9)(10)、大城 英司(10)、峯 のぼる嶺 のぼる峰 のぼる)(10)、岡田  正(10)、市丸  優(10)、石井 里弥(10)、小豆畑雅一(10)、木川 淳一(10)、眞野 裕子(11)、大西 武志(11)、滝  直希(11)、布川 宏美(11)、米谷 真一(11)、高橋 賢人(11)、金城 成美(11)、宮丸 万葉(11)、橋口恵莉奈(1)(6)(クレジット表示なし)、小林 高鹿(1)(クレジット表示なし)、石黒 久也(クレジット表示なし)、芸優劇団東俳(1)-(6)(8)(9)(11)、劇団ひまわり(1)(2)(5)(8)、ジョビィ・キッズプロダクション(1)(2)(8)、東京優勝(1)(2)、放映プロジェクト(1)(2)(7)(8)(10)、劇団アクターズ(1)(6)、マリブマネージメント(1)(3)-(5)(7)、稲川素子事務所(1)、TRINITY COLLEGE OF MUSIC(1)(3)、TWENTY TWENTY CASTING LIMITED(1)、鳳プロ(2)、ミルビサージュ(2)-(4)、フジテレビクラブの皆さん(1)(2)(4)、上野の森混声合唱団(11)、(山口弁指導・小豆畑雅一(6)(7)(10)(11))(長崎弁指導・三井 善忠(8)-(11))
主な脚本 大森 美香
主なプロデューサ (プロデュース・山口 雅俊)(プロデューサー・鹿内  植)(プロデュース補・玉田祐美子(1)-(11)、星野 恵理)(広報・清野 真紀(1)-(11))(写真・青木 操生(1)-(11))
主な演出 澤田 鎌作(1)(2)(5)(8)(11)、平井 秀樹(3)(6)、川村 泰祐(4)、初山 恭洋(7)(10)、白川  士(9)、(演出補・白川  士(4)-(8)、遠藤 光貴(1)-(11)、関野 宗紀(1)-(11)、並木 道子(1)-(11)、田中 健一小原 一隆)(記録・沖  宏美(5)(8)(11)、内田 照代(3)(6)(10)(11)、堤 眞理子(4)(7)(9)(11)、手島 優子(1)(2)(11))
局系列 FNN
制作会社 CX
制作 (スケジュール・初山 恭洋(1)-(6)、川村 泰祐(1)(7))(制作デスク・中村 千帆)
企画 山口 雅俊、(編成・保原賢一郎)(ホームページ・丸谷 利一(1)-(11))
音楽 YUI小西 康陽、(選曲・藤村 義孝(1)-(11))(音響効果・近藤 隆史(1)-(11)、中村 瑠梨)(MA・亀山 貴之(1)-(11))
主題歌 YUI「feel my soul」(作詞・作曲・YUI、(ソニー・ミュージックレコーズ(gr8!Records)))、(劇中歌・サラ・ヴォーン「ラヴァーズ・コンチェルト」(ユニバーサルクラシック&ジャズ)、佐良 直美「世界は二人のために」(クレジット表示なし)(7))
撮影技術 大野 勝之(1)-(11)、岸本 正人(1)-(11)、永野  進熱田  信久坂  保鈴木 富夫、(TD・小椋 真人(1))(技術プロデュース・小椋 真人(2)-(6)(8)-(11))(技術プロデュース・映像・小椋 真人(7))(SW・高津 芳英(1)-(11))(撮影助手・齋藤 優司東田 博史興水  卓)(照明・清水  智(1)-(8)(10)(11)、渡辺 啓史(9)(11)、安藤 雅夫浅沼 弘二松浦 喬史奥山 大介竹内 吾依富沢 宴令)(音声・山根  剛(1)(2)(5)(8)(11)、竹下 博英(3)(4)(9)(11)、市村 雅彦(6)(10)(11)、小池 利幸(7)(11)、谷部  剛西村 憲昭飯田 智之)(映像・小川 栄治(1)-(6)(8)-(11))(録画・横井 甲児(1)-(11))(編集・松尾  浩(1)-(11))(ライン編集・大方  泉(1)-(11)、杉山 英希)(編集デスク・友部 節子(1)-(11))(インフェルノ・青山 洋詠(1)(2)(5)(6))(CG協力・DIGITAL GLOBE(1)、日立ソフト(1))(スタジオデスク・瀬戸井正俊
HP
美術 (美術プロデュース・関口 保幸(1)-(11))(デザイン・根本 研二(1)-(11))(美術進行・森田 誠之(1)-(11))(大道具・池田 正直(1)-(11))(操作・下之門勝広(1)-(11)、黒川 兼一)(建具・阿久津正巳阿久津正己)(1)-(11))(装飾・福田健太郎(1)-(11)、阿部 豪紀坂東 一城佐々木真吾田村 一徳)(持道具・清家 正文(1)-(11))(衣裳・高津 勝仁高津勝人)(1)-(11)、宇高さおり(1)-(11))(スタイリスト・西 ゆり子(1)-(11)、中川原 寛(1)-(11)、三好マリコ三好真理子)(1)-(11)、西村 哲也(1)(4)(5)(7)-(11)、寶田 マリ(3)、吉田 由紀又葉真由美)(メイク・内野 晶子(1)-(11)、平岡 将平小林 純子)(電飾・井野岡利保(1)-(11)、石井  誠)(視覚効果・田村 憲行(1)-(11))(アクリル装飾・青木 順一(1)-(11))(植木装飾・原  利安(1)-(11))(生花装飾・勝野 純子(1)-(11))(アニメ・イラスト・タイトル・冨士川祐輔(1)-(11)、鈴木 鉄平(1)-(11)、吉川 高徳(1)(11)、大久保晴香(1)(11)、夏川 憲介(1)(11)、市川 幸範五月女ケイ子)(挿絵・五月女ケイ子(6))(キャラクターデザイン(トレーナー)・原  貴史ダンスノットアクト)(3))

Tag Cloud

仁子 南原教授 遺伝子 ジンコ 南原 竹内結子 最終 内野聖陽 都市機構南八王子... すごい 迷う スタンス はっぴー アリー 人間 泣く 思う 研究者 l パターン 仕事 大森美香 オダギリジョー 選択 納得 可愛い 研究 結末 生き方 楽しい

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供