• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ逃亡者 RUNAWAY

妻殺しの汚名を着せられ指名手配の身となった男が、個性的な刑事から執拗に追われつつも、犯人らしき義手の男を捜して流浪する。本作のこのプロットは、60年代アメリカの人気ドラマ『The Fugitive』(邦訳タイトル『逃亡者』、デビッド・ジャンセン主演)を連想させる。この『The Fugitive』は1993年には同名タイトルで映画化(アンドリュー・デイヴィス監督、ハリソン・フォード主演)が、2000年には再度ドラマ化(ティム・デイリー主演)がなされている。本作オンエア時に際しては、原作・原案などの表示はなかった。【以上、文・練馬大根役者】「永井徹生(江口洋介)は保護観察官。非行少年を見守り、社会復帰にまで導くのが彼の仕事だ。徹生自身かつてはいっぱしのワルだった。仕事というより、使命というべきかもしれない。彼は情熱のありったけを注いで非行少年たちに対していた。妻の淳子(戸田菜穂)はそんな徹生の幼なじみで良き理解者だ。淳子の父は私立病院の院長・来栖慶介(原田芳雄)。淳子はその病院で医師として働いている。2人の間には可愛い盛りの一人息子・陸(鈴木宗太郎)がおり、家族3人、幸せな日々を送っていた。しかし、ある日を境にその生活は一変する。徹生の留守宅に何者かが入り込み、淳子を殺害したのだ。犯人は目撃した陸の命まで絶とうとする。まさに間一髪という時、徹生が帰ってきた。取り押さえようとして激しくもみ合うが、犯人は徹生の古傷を突き、逃げ去る。陸は来栖の病院に運び込まれ、からくも命の危機を脱した。しかし、何者かが陸の酸素ボンベを操作し、陸は意識不明の重体に陥る。徹生は2人の刑事から事情を聴かれる。自宅での妻殺しを捜査する神奈川県警の刑事・尾崎カオル(水野美紀)と病院で陸が殺されかかった事件を担当する警視庁刑事・峰島隆司(阿部 寛)に。事情聴取を受けるうち、徹生はどうも様子がおかしいと感じる。自分は容疑者として取り調べられているのではないか…。不利な証拠ばかりが次々と突きつけられる。反論するが状況は悪くなる一方だ。何者かが仕組んだ罠なのか? 殺された妻への、死線をさまよう息子への思い、そして犯人への突き上げるような憎悪。心乱れ絶望の淵に沈みかけていた徹生の前に、思いもかけない逃亡のチャンスが出現した。徹生はあえて「逃亡者」という茨の道に踏み込んでゆく…【この項、TBS広報資料に一部出演者名を補足。補足・練馬大根役者】」「野暮な事ですが。永井の携帯電話ってすごく電池持つんですね。。。この間の回、3分に1回誰かの電話が鳴ってうるさかったです。【この項、文・RUBY】」ロケ協力・日本道路公団(1)、秦野赤十字病院、東京海洋大学(1)-(4)(7)-(11)、輪島功一スポーツジム(1)、岐阜フィルムコミッション(1)、ORIBEコンソーシアム(1)、岐阜県郡上市(1)、岐阜県中濃消防組合(1)、東急百貨店・東横店(1)、川崎信用金庫(1)(9)、関西ロケーションサービス(1)、ホテル郡上八幡(1)、ビジネスホテルセキ(1)、カトリック多摩教会(2)、横浜港国際流通センター(2)(3)、エストグランディール横浜関内(2)、コジマ(2)、多摩動物公園(2)、横浜フィルムコミッション(2)(3)(5)(11)、中央航運(3)、鋸南町役場(3)、保田漁業協同組合(3)、勝山漁港のみなさま(3)、東芝エレベーター(3)、東洋船舶工業(3)、ナビオス横浜(3)、千葉県フィルムコミッション(3)(4)、東京スター銀行(4)、富津市役所(4)、富士通(5)(6)、あきる野テクノロジーセンター(5)(6)、東京シティエアターミナル(5)、Big Ray(5)、北海道ロケーションサービス(5)、札幌市観光文化局(5)、北海運輸(5)、北海道中央バス(5)、苫小牧港開発(5)、田口トレーニングファーム(5)、ワークロケーションクルー(5)、成田国際空港(5)、丸美屋(6)、茨城県石岡市(6)、おもちゃのやまだ(6)、土浦名店街のみなさま(6)、秦野市(7)、中井町(7)、坂本商事(7)、カプセルランド(7)、小山町フィルムコミッション(静岡県)(8)-(11)、小山町商工会(8)(10)(11)、小山町観光協会(8)(10)(11)、東日本開発富士植物園(8)、天和造園土木(8)、ホテルオーベルジュブランシュ富士(8)、民宿大胡田荘(8)、御殿場インターホテル(8)、小山町・御殿場市の皆さん(8)、オリエントホテル横浜開洋亭(9)(10)、Baslat Cafe(9)、かね惣(9)、秦野病院(9)、小樽不動産(9)、東洋微生物研究所(10)、小山町総合文化会館(10)(11)、天和造園土木(有)(10)(11)、協和警備保障(10)(11)、小山町・御殿場市の皆さん(10)(11)、スキップシティ(11)、パシフィックホスピタル(11)、静岡県富士宮市(11)、TIME24(11)、山梨県・富士ヶ峰の皆さん(11)ほか。協力・せいさく者、原田電子工業、ノーバリース、フェネック、日本照明(1)-(5)、GOCOO(2)-(11)、サークル(6)-(11)、ALSOK綜合警備保障(1)、ゼンリン(1)、KOREAN AIR(5)。警察監修・高瀬  清。医療監修((1)では医療指導)・堤  邦彦。放送時間変更(カッコ内は理由)…(1)→7/18(日)21:00~22:09(初回拡大版)、(2)→7/25(日)21:30~22:24(プロ野球横浜×巨人戦中継延長)。車輌・原 紹一郎、柳生 明則、篠山 啓太、佐久間修一、磯崎  要、小池 一義、鳥山 康治、稲川 一男。【データ協力・練馬大根役者】
キー局 TBS 放送曜日 放送期間 2004/07/18~2004/09/26
放送時間 21:00-21:54 放送回数 11 回 連続/単発 連続
番組名 日曜劇場
主な出演 江口 洋介阿部  寛水野 美紀片平なぎさ(1)-(3)(6)-(11)、加藤 浩次極楽とんぼ)、戸田 菜穂(1)-(4)(6)(8)(10)(11)((8)はクレジット表示なし)、原田美枝子(1)(2)(4)(6)-(11)、原田 芳雄(1)-(3)(6)(7)(9)-(11)、長澤まさみ長沢まさみ)、遠藤 憲一(4)-(6)((6)はクレジット表示なし)、鈴木宗太郎(1)-(4)(6)-(11)((8)はクレジット表示なし)、黒川 智花(1)-(4)(7)(9)-(11)、別所 哲也(1)-(3)(6)(9)-(11)、近藤 芳正(4)-(11)、内藤 陽子(1)-(3)(6)(7)(9)-(11)、若葉 由奈(1)-(3)(6)(7)(9)-(11)、矢島 健一(1)-(6)(11)、六角 慎司(1)-(5)(9)-(11)、阪本 浩之(1)(7)(11)、BOBA田中 要次)(1)-(4)、田中 要次(7)-(11)((11)はクレジット表示なし)、尾美としのり(1)-(3)(6)(10)(11)((3)(6)(10)(11)はクレジット表示なし)、菅井 きん(3)-(5)(7)((5)(7)はクレジット表示なし)、石坂 史朗(1)、岡田  正(1)、きゅうたろう邱  太郎)(1)、鈴木 浩介(1)、徳井 広基(1)、津野 岳彦(1)、武田 滋裕(1)、野間口 徹(1)(3)(5)(6)、永里  綾(1)、小島 貴弘(1)、小林 麻耶(TBSアナウンサー)(1)、浜近 高徳濱近 高徳)(2)-(7)(10)(11)、吉増 裕士(2)-(5)、相川やすし(2)-(7)(10)(11)、高木 珠里(2)(3)(10)、茂木 和範(2)、坂口 進也(2)(3)、宗矢 樹頼(2)(3)(6)(11)、荒川  真(2)(4)(5)(11)、松岡 日菜(3)、牧 トオル(3)、東 せいじ(3)、十貫寺梅軒(3)、伊藤  眞(3)、波多江 清(3)、堀井 美香(TBSアナウンサー)(3)、桑原 太市((4)では桑原 太一)(4)(6)(7)(10)(11)、春原 美和(4)、磯村 竜太(4)、舟山 弘一(4)、中村 敏之(4)、柳田  努(4)、谷口 大悟(4)、崔  哲浩(4)、久保内亜紀(4)、山田 公男(5)、一ノ瀬聖崇(5)(8)、森永  徹(5)、三原伊織奈(5)、大西 耕治(5)、森山 米次(5)、佐野  崇(5)、ノゾエ征爾(5)、櫻庭 博道(6)、玉置 孝匡(6)(7)(10)(11)、服部 真季(6)、税所伊久磨(6)、松永久仁彦(6)、藤田 哲也(6)、宮田 大三(6)、星  大雄(6)、上吉原 陽(6)、広重 玲子(TBSアナウンサー)(6)、伊藤 隆大(7)(8)、加藤 晃良(7)、小柳友貴美(7)、ひがし由貴(8)、久保沙耶香(8)、増田 英治(8)、佐藤  裕(9)、後藤 康夫(9)、外波山文明(9)、須藤香代子(9)、有村 美香(TBSアナウンサー)(9)、藤本 浩二(10)、渡辺 一哉(10)、曽川留三子(10)、森原 永依(11)、広沢 味希(11)、瀬戸 将哉(11)、用貝 一仁(11)、高槻 祐士(11)、高野 弘樹(11)、叶  雅貴(11)、服部 真季(11)、根岸 大介(クレジット表示なし)、ダックスープ芸プロトライアルプロ劇団ひまわり劇団いろは、(スタント・辻井 啓伺(クレジット表示なし))(協力・高橋レーシング
主な脚本 渡邉 睦月渡辺 睦月渡邊 睦月…誤り)(2)-(5)(7)-(11)、飯野 陽子(1)(6)(11)
主なプロデューサ 伊與田英徳、(プロデューサー補・村田 淳志(1)-(11)、鳥尾 美里高橋  智)(番組宣伝・戸田  界)(インターネット担当・竹内 けい(1)-(11)、内藤亜希子河合 千晶)(スチール・渡辺 富雄(1)-(11)、三浦 隆穂
主な演出 平野 俊一(1)(4)(7)(11)、山室 大輔(2)(5)(10)、三城 真一(3)(6)(9)、吉田 秋生(8)、(演出補・川嶋龍太郎池辺 安智(2)-(11)、中前 勇児(11)、戸塚 寛人(11)、勝田 拓也(11)、道田 健吾(11))(記録・大下内惠子(1)(3)(4)(7)(9)(11)、原田 靖子(2)(5)(6)(10)(11)、稲葉 明子(8)(11))
局系列 JNN
制作会社 (製作著作・TBS)(制作・TBSエンタテインメント(TBS ENTERNTAINMENT))
制作 (制作担当・千葉 耕蔵(1)-(5)(7)(9)(11)、咲山  翔(6)(8)(10)(11)、鷲頭 政充)(制作主任・奥村 謙介、大村 昌史、島  次朗)(制作進行・石井 妙子、島田 雄司、小泉 路可)(制作デスク・藤田 順子)(緑山デスク・坂本 朝美)(エキストラ・土田 嘉男(クレジット表示なし)、牧村 正嗣(クレジット表示なし))(スタントコーディネーター・田渕 景也)
企画 (企画協力・植田 博樹山田 康裕
音楽 長谷部 徹、(音響効果・鳥水 哲也(1)(2)(4)(5)(7)(8)(10)(11)、田母神正顕(3)(6)(9)(11)、湊  航史)(選曲・御園 雅也)(MA・天谷馬直男(4)-(11))(協力・日音
主題歌 松 たか子「時の舟」(作詞・松 たか子、作曲・編曲・明星/Akeboshi、(ユニバーサル ミュージック))、(挿入歌(クレジット表示なし)・スキーター・デイヴィススキーター・デーヴィスSkeeter Davis「この世の果てまでThe End of the world)」(1)(11)、モーツァルト作曲「Lacrimosaラクリモッサ)」(『レクイエム ニ短調 K.626』より)(11)、サミュエル・バーバーSamuel Barber)作曲『弦楽のためのアダージョ』(11)、モーツァルト作曲「Lacrimosaラクリモッサ)」(『レクイエム ニ短調 K.626』より)(1)(11))
撮影技術 浅野 太郎山口 泰博(1)、濱道 健一横田 研一大森 隆晴江浦 友樹長浜  誠、(TD・浅野 太郎)(照明・林  明仁(1)(4)(9)(11)、野村 修司(2)(3)(5)-(8)(10)(11)、小尾 浩幸橋本  譲橋本  穣)、鈴木 博文梨本  茂井上 淳子(クレジット表示なし))(映像・竹若  章)(音声・金澤 康雄(1)(3)(5)(7)(9)(11)、植村 貴弘(2)(4)(6)(8)(10)(11)、小岩 英樹藤本 真人山田 卓爾渡辺  学)(編集・山田 宏司)(VTR編集・佐藤 淳一(1)-(11)、鈴木美耶子)(CG合成((11)ではVFX、公式サイトではCG)・越智  忍)(タイトルCG・松原 貴明)(合成・大島  忍佐々木良太)(3DCG・星川順一郎)(空撮・酒井 隆史)(協力・朝日航洋、緑山スタジオ・シティ
ビデオ DVD:発売
HP
美術 (美術制作・高田 圭三高橋 達也(5)-(8)(10)(11))(美術プロデュース・大西 孝紀石田 道昭)(美術デザイン・大西 孝紀(クレジット表示なし))(装置・秋山 雷太)(イルミネーション・井上  昇)(装飾・藤田 明伸(1)-(11)、山田孝太郎山本 直樹)(操作・工藤健太郎木下 真哉)(建具・宇野景治郎)(生花・遠山  徹)(植木装飾・宍戸 康文金子 利治)(コスチューム・武居 守一(1)-(11)、内田 貴子竹内江里奈)(スタイリスト・山本康一郎(クレジット表示なし))(ヘアメイク・小林 博美(1)-(11)、内野 晶子(1)(2)(11)、小川 玲奈)(持道具・若園 聡子)(医療美術・井口  浩)(特効・鳴海  聡(1)-(4)(6)-(8)(11))(ガンエフェクト・ビル 横山

Tag Cloud

徹生 小山 淳子 江口洋介 天和造園土木 Fugitive 阿部寛 逃亡者 御殿場 犯人 妻殺し 何者 病院 渡邉睦月 岐阜 The (日) 飯野陽子 水野美紀 静岡 かね惣 ティム・デイリー... 非行少年たち 御殿場インターホ... 車輌・原 郡上 フィルムコミッシ... 加藤浩次 AIR 富津

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供