• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データLOVE ASIA 花びらの舞う海へ(LOVE ASIA~花びらの舞う海へ、新聞ラテ欄表記…LOVE ASIA 花びらの舞う海へ 親子の絆を結ぶ美しい南海からの贈り物・心の旅物語)

インドネシアの島々を渡るロードムービー。「8ヶ月前まで東京の薬品会社に勤めていた柏木洋介(西島秀俊)、30歳。その彼がインドネシアのジャカルタ支店に勤務する商社マンの友人を訪ねて旅に出る。ところが当て込んでいた友人は海外出張中で旅費を十分持ち合わせていない洋介は途方にくれてしまう。そんな時、日本語をしゃべる老人と出会い、インドネシアの島々を旅することに。【この項、テレビ西日本広報資料より引用】」「柏木洋介(西島秀俊)、30歳。勤めていた会社を辞めて1年、有り余る時間を潰すだけの目的でジャカルタに赴任した商社マンの友人を訪ねるところから、この物語は始まる。ところが当てにしていた友人は出張中で不在、途方にくれた洋介はバハリ・スガンダ(ヒム・ダムシッ)という日本語を喋るインドネシア人の老人と出会い、息子に会いに行くという彼と共にインドネシアの島々を渡りながら海路東へと旅をすることになる。福岡の海沿いの町に暮らす洋介の父、耕造(小松政夫)はかつてフェリーの船長を務めていた。厳しい父に対して洋介は反発さえ覚えており、二人の間には眼に見えない深い溝が横たわっていた。会社を辞め人生の目標を見つけられずにいる息子に対し耕造は問いかける。『何かやりたいことでもあるとか?』その問いに答えられない洋介…。旅の途中、バリ島で出会った日本人女性の塚山由美(板谷由夏)。繊維会社に勤める彼女は織物の勉強をするため、休暇を取ってインドネシアを訪れていた。洋介とは対照的にやりたい事はあるものの、踏み出せずにいた由美。しかしバリ島先住民族の村で素朴ながらも生命力溢れる伝統のイカット(絣織り)に触れ、会社を辞めてインドネシアに留まることを決意する。別れ際、由美は洋介にこう告げる。『今しか出来ないことをやる』島から島へと旅を続ける中、由美をはじめとした人々との出会いや別れ、さまざまな体験を通して洋介の考えや価値観は次第に変っていく。インドネシアの海には日本から払い下げられた船が数多く走っている。偶然乗り合わせたフローレス島行きのフェリーは洋介の父親が船長を務めていた船だった。船内には父が書いた航海日誌が残っており、頁の片隅に洋介が生まれた日のことが記されていた。『私事で誠に恐縮だが本日長男が誕生した。命名は洋介』簡潔ながらも息子が生まれた喜びと深い愛情を感じさせる文章。日本から遥か遠く離れたインドネシアの海の上、洋介は初めて父とつながっていることを実感した。だが父は半年前に帰らぬ人となっていた…。目的地であるフローレス島に着いた洋介とバハリ。しかし長旅の疲れからバハリは倒れてしまう。運び込まれた病院のベッドの上、思いがけない言葉がバハリの口から発せられた。船員だった彼の息子は1年前、フローレス島の沖で海難事故によって亡くなっていたのだ。『息子の命日に海に供養の花びらをまきたい』。バハリの願いを叶えるべく、洋介は手掛かりを求めて見知らぬ土地を当所もなく歩き続ける…。番組のクライマックス、小船に乗って沖に漕ぎ出していくバハリ。その姿を見ながら洋介は親子の絆の大切さを教えてくれたインドネシアの海に感謝していた…。【この項、フジテレビ広報資料に一部役名を補足。補足・練馬大根役者】」特別協力・日本航空。協力・九州インドネシア友好協会、福岡フィルムコミッション、福岡県志摩町、日宝真珠、サンライト、KRESIS、VSQ、ソウルポートプロダクション。コーディネーター・Chardra Purnama、Kodek Udana、奥  信行、池田 敬子。
キー局 TNC 放送曜日 放送期間 2004/02/28~2004/02/28
放送時間 14:05-15:20 放送回数 1 回 連続/単発 単発
主な出演 西島 秀俊板谷 由夏小松 政夫Him Damsyikヒム・ダムシッ
主な脚本 松本  稔
主なプロデューサ 山崎 浩一郎(TNC)、(広報・迎  恵子(TNC)、日高 正徳(TNC))(アシスタント・プロデューサー・鵜木  健(TNC))
主な演出 (監督・瀬木 直貴(ソウルボートプロダクション))(助監督・長谷巌一郎
局系列 FNN
制作会社 TNC(テレビ西日本)
制作 (コーディネーター・CHANDRA PURNAMA、KADEK UDANA、奥  信行、池田 敬子)
企画 Hakuhodo DY media partners
音楽 ケイタク、(選曲・武富浩一郎(TNC))
主題歌 (テーマ・「少しだけ─」(テイチク/BJC.Records))
撮影技術 大坪  弘(TNC)、(照明・平本 孝浩)(音声・竹井  徹(VSQ))(VE・徳重 文夫(VSQ))(技術助手・梅丸  聡(VSQ))(編集・山下 亮一(VSQ))
HP
美術 亀澤 幸一亀沢 幸一)(TNC)、荒山 敦至(TNC)、(CG・下田 栄一)(スタイリスト・藤井 牧子利光 亜矢熊谷 美樹)(ヘアメイク・松口 佳代河野 美弥

Tag Cloud

洋介 インドネシア バハリ 西島秀俊 島々 板谷由夏 フローレス 柏木洋介 由美 息子 耕造 友人 松本稔 辞める TNC 日本語 勤める フェリー 船長 途方 商社マン くれる 会社 福岡 渡る 出会う 小松政夫 老人 深い Udana

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

FaceBook

クチコミ

ユーザレビュー

このドラマの YouTube 検索結果

関連ブログ

ドラマデータ提供