• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データその気になるまで

人生も半ばにさしかかり、結婚もし、子供も成しながら、気がつけばシングルに戻っていた…。全員が離婚経験者という男女7人が、身軽なシングルを謳歌しながらも、何か物足りない日常の中で、もう一度仕事に恋に「その気になるまで」を描いたライトコミカルドラマ。田口賢一(明石家さんま)は一流企業のサラリーマン。人生に必要なのは愛と勇気と有給休暇だと思ってやってきた。目下の悩みは、会社の人事部でリストラ担当を仰せつかり、辛い立場にいること。そんな悩みを抱えつつ、通勤電車で似た者同士に出会う。ひとりはバツイチのスポーツ新聞記者・大野木誠(赤井英和)。離婚して以来、会社の仮眠室に寝泊りする孤独な私生活らしい。そしてもう一人、神代秀明(佐野史郎)は、銀行から大手呉服店へ転職し、営業部長としてバリバリらしい。が、度重なる浮気ぐせが原因で妻に逃げられたという。もう結婚はこりごりという3人だ。後に出会う青山恭子(手塚理美)は、工事重機械のリース会社の現場担当。離婚後、子供を姉に預け、建築現場で男勝りに働く紅一点だ。恭子の友人には、そろそろ後進に席を譲れといわれているバツイチの国際線客室乗務員・嶋田美登里(秋野暢子)や、やはりバツイチで子持ちのラジオディレクター馬場千春(山下久美子)がいる。そしてもう一人、バーバー・ポッキーに勤める小室由香(細川ふみえ)は、まだ若いのにすでにバツ2。4人の中で唯一色っぽい26歳だ。ポッキーの客として通う大野木が神代を連れてポッキーを訪れた。大野木と神代が独身だと知った由香は、月に一度、美登里のマンションで開いているホームパーティーに2人を誘う。こうして中年合コンとなったものの、別れた妻の立場、夫の立場でバトルトークが炸裂し、まるで夫婦喧嘩のようになってしまい…。【以上、TBSチャンネル広報資料より引用】第1回目のみ日曜21:00-22:24。「オープニングのテロップに出された各話サブタイトルは以下の通り。第一話「終電車」、第二話「迷子」、第三話「喧嘩」、第四話「後ろ姿」、第五話「別離」、第六話「不純な動機」、第七話「嫉妬」、第八話「男三人」、第九話「揺れる」、第十話「ドンドン」、第十一話「家出」、第十二話「もう一度」、第十三話「夏の風」。【この項、文・栄司】」協力・金沢シーサイドライン(横浜新交通)、鈴乃屋、全日本空輸、東日本旅客鉄道、レンタルのニッケン、サニー企画。ロケ協力・ダイビル(1)(2)、スポーツニッポン新聞東京本社(1)(2)、Kawasumi(1)(2)(4)-(6)、銀座スカイラウンジ(1)(2)、東京海上火災保険(1)、東京サバティーニ・インテレスト(3)、、OKディスカウントセンター(3)、恵比寿ガーデンプレス(3)。【データ協力・栄司】
キー局 TBS 放送曜日 放送期間 1996/04/07~1996/06/30
放送時間 21:00-21:54 放送回数 13 回 連続/単発 連続
番組名 東芝日曜劇場
主な出演 明石家さんま手塚 理美佐野 史郎赤井 英和山下久美子秋野 暢子細川ふみえ森口 瑤子森口 瑶子)(1)-(10)、南風 洋子三木 敏彦(2)、大塚  洋(2)、金野 恵子(2)、山田 侑磨(1)(2)(5)-(8)(13)、井上 夏葉(1)(3)(5)(6)(8)、山崎 大輔(1)(3)(5)(8)、平泉  成(8)、野中 りえ(8)(13)、奥村 雅幸鶴田  忍(11)、椎名  茂斉田 基樹郡山 冬果(4)(11)、島田 奈子(1)-(4)(7)、田山 涼成(1)、三上 直也(1)、森  康子(1)、榎本 由希(1)、秋山 麗奈(1)(5)(6)、長尾 麻未(1)(5)(6)、堀江 大城(1)、沼崎  悠(1)-(3)、小西  蘭(1)-(4)、真野 弘美(1)-(4)、中山 昌子(1)-(4)、藤森 香夜(1)、塩見 詔子(1)(3)(4)、西  智子(1)(2)(7)、島田 奈子(1)(7)、関名 利香(1)、佐藤由紀恵(1)(2)(4)、横田ゆかり(1)-(4)(7)、天木 美江(1)、山本 紀彦(7)、三枝  慎(7)、臼井 雅子(3)(4)(7)、中元 将喜(2)、佐々木 研(4)、袴田 抽世(5)(11)、渡邊  舞渡辺  舞)(5)(11)、伊藤 隆大(5)(6)、若松 孝二(11)、佐戸井けん太(11)、水森コウ太みずのこうさく水野こうさくみづのこうさく)(11)、井上 秀太(11)、友井 ユキ(13)、喜野 弘美(13)、海老沢 文(13)、下田 蓉子(13)、セントラル子供タレント、早川プロダクション、東京児童劇団
主な脚本 (作・鎌田 敏夫
主なプロデューサ 武  敬子、(プロデューサー補・武藤 数顕((1)は「アシスタント・プロデューサー」と表示のみ))(スチール・加藤  徹
主な演出 清弘  誠(1)(2)(4)(6)(8)(10)(12)(13)、横井 直行(3)(5)(7)(9)(11)、(演出補・藤尾  隆)(記録・奥平 治美(1)、岩井 茂美(2)(4)(6)(8)(10)、大蔵 堯子(3)(5)(7)(13)、小宮 尚子(11))
局系列 JNN
制作会社 (製作・テレパック、TBS)
制作 (制作担当・丸山 昌夫)(制作主任・佐々木雅人)
企画 (TBS編成担当・市川 哲夫(1))(番組宣伝・岡田由美子
音楽 (音楽協力・日音)(選曲・辻田 昇司)(音響効果・山下 祐司)(MA・浅川 広巳(1)(2))
主題歌 (音楽・イーグルス「ホテル・カリフォルニア」)
撮影技術 テクニカル・コンダクター・倉谷 祐次)(技術・野條 光一)(カメラ・中野 真悟)(照明・倉本 輝彦(1)-(4)、金子 信明)(V・E・波間 勝好((2)-(4)は「波間 勝彦」と表示))(VTR・藤森 寛明)(音声・妹川 英明(1)(2)(4)(6)(8)(10)(12)、臼井 久雄(3)(5)(7)(9)(11)(13))(編集・新井 孝夫)(協力・東通テイクシステムズ
美術 (美術制作・宮崎 保城)(美術デザイン・古川 雅之)(装置・三宅 紀之)(装飾・青木 賢輔)(衣裳・片山 信雄(1)-(4)、十河  誠(5)-(13))(化粧・稲垣 正昭)(持道具・梅山 千春(1)-(4)(6)(8)(11)-(13)、若園 聡子(5)(7))(植木・アサヒ植木装飾)(建具・マエヤマ)(電飾・古磨電設)(協力・アックス

Tag Cloud

明石家さんま バツイチ 立場 手塚理美 ポッキー シングル 大野木 神代 佐野史郎 悩み ラジオディレクタ... スポーツニッポン... 仮眠室 細川ふみえ 山下久美子 美登里 レンタルのニッケ... 離婚 子供 人生 色っぽい 会社 別離 出会う 横井直行 結婚 譲る オープニング 武敬子 東日本旅客鉄道

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供