• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ女弁護士高林鮎子15 飛騨高山の女・盲点をつく完璧なアリバイを突破した逆転の発想

弁護士・高林鮎子(眞野あずさ)が、弁護士助手の竹森慎平(橋爪功)とともに、事件に隠された難解なトリックを解明し、真相を明らかにしていくシリーズ。鮎子(眞野あずさ)は会社社長の有賀に、殺人の疑いをかけられたと相談される。有賀の愛人の美紀が殺されたのだ。同じ日に妻の玲子も熱海の別荘で覆面をした男に襲われるが、あれは夫に間違いないと証言していた。鮎子が助手の慎平(橋爪功)に有賀のアリバイを調べさせると、有賀は九州に出張していて殺人のあった時刻には新幹線の中にいたことがわかる。また、美紀は殺される前、飛騨高山に旅行に出ていた。【以上、BS日テレ広報資料より引用】
キー局 NTV 放送曜日 放送期間 1994/11/15~1994/11/15
放送時間 21:03-22:54 放送回数 1 回 連続/単発 単発
番組名 火曜サスペンス劇場
主な出演 眞野あずさ真野あずさ)、橋爪  功丹波 哲郎秋本奈緒美藤堂 新二香山 浩介)、今井 和子小野沢知子鈴木  佳北見 青子増田 再起和泉 史郎阿部裕見子青木美津子阿久津克子井上 博一野口 貴史睦  五朗大石 源吾相馬 剛三山浦  栄斉藤 克也藤  真秀内野 友徳須賀  章小山 昌幸石田 哲也内田 修司越後 宏樹小久保丈二樋口しげり杉浦きよみ永野百合香森安加代子岩本 愛美谷本小夜子谷本小代子)、(予告ナレーター・平  映子
主な脚本 高久  進小木曽豊斗
主なプロデューサ 桑原 秀郎吉村 晴夫
主な演出 (監督・鷹森 立一)(助監督・津崎 敏喜相沢  淳
原作 津村 秀介「飛騨の陥穽」
局系列 NNN
制作会社 (制作著作・東映)(制作・NTV)
制作協力 東映ビデオスタジオ
制作 (制作主任・喜多 智彦)(制作担当・大山 勝利)
企画 長富 忠裕
音楽 大谷 和夫(音楽協力・日本テレビ音楽)
主題歌 (テーマ曲・白井 貴子「名前のない愛でもいい」(作詞・秋元  康、作曲・白井 貴子、編曲・十川 知司))

Tag Cloud

有賀 眞野あずさ 橋爪功 美紀 鮎子 小木曽豊斗 殺人 高久進 竹森慎平 弁護士助手 弁護士・高林鮎子 丹波哲郎 殺す 飛騨高山 時刻 新幹線 会社社長 トリック 吉村晴夫 熱海 九州 玲子 出張 藤堂新二 別荘 桑原秀郎 秋本奈緒美 旅行 アリバイ 相談

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

FaceBook

クチコミ

ユーザレビュー

関連ブログ

ドラマデータ提供