• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ青梅奥多摩通信局(新聞ラテ欄表記…地方記者立花陽介4 青梅奥多摩通信局 愛するものが死んだ時には、自殺しなければなりません)

新聞記者の陽介は、多摩川の渓谷で男の水死体を発見した。警察は自殺と断定する。が、陽介はその男・小高が残した詩の一部のような遺書の存在に疑問を抱き、1人で調べ始める。小高の足取りを追ううち、今から35年ほど前、ダムの下に水没した小河内村へたどりつく。小高は死ぬ4日前、松島という男と会っていた。また小高の妻・加奈の母・とよ子と松島が村の中学の同級生で、しかも恋人同士であったことを突き止める。陽介は小高が当時の二人に起きた何らかの事件をネタに、松島にたかったと推理する。【以上、テレビ大阪広報資料より引用】撮影協力:奥多摩町、日本ジャーナル出版、内藤病院、報知新聞社。
キー局 NTV 放送曜日 放送期間 1994/09/27~1994/09/27
放送時間 21:03-22:55 放送回数 1 回 連続/単発 単発
番組名 火曜サスペンス劇場
主な出演 水谷  豊森口 瑤子森口 瑶子)、内田  稔小野 武彦芦川よしみ下川 辰平三谷  昇三條 美紀三条 美紀)、片桐 竜次阪上 和子下塚  誠町田 真一松本 泰秀中西 治正今井あずさ志水 正義茂木 幹雄加倉井えり鶴峰 宣恵野口  誠若林  京アンディ・スミス鈴木 美帆早川プロ
主な脚本 岡本 克己
主なプロデューサ 赤司 学文近代映画協会)、石川 好弘近代映画協会)、(スチール:金子 哲也)(広報担当:難波佐保子
主な演出 (監督:吉川 一義)(助監督:増田 天平)(演出助手:池  訓和洪  福貴森  淳一菅川 浩平)(記録:高橋扶佐緒
局系列 NNN
制作会社 (製作・著作:近代映画協会)(制作:NTV)
制作 (製作主任:佐々木文夫)(製作進行:桑原 一仁、神保 英昭)(マエダオート)
企画 長富 忠裕
音楽 佐藤 允彦、(選曲:山川  繁)(効果:丹  雄二サウンドボックス))(整音:船橋 利一)(音楽協力:日本テレビ音楽)(TOHO SOUND CREATIVE STUDIO
主題歌 (テーマ曲:白井 貴子「名前のない愛でもいい」(作詞:秋元  康、作曲:白井 貴子、編曲:十川 知司)(ティー・グランドミュージック))
撮影技術 藤本  茂、(照明:上島 忠宣)(録音:金子 義男)(編集:渡辺 行夫)(撮影助手:渡辺 久武佐多賀 剛)(照明助手:青山 茂雄上島  進小林美恵子)(録音助手:石堂 浩之酒井  順)(編集助手:倉持 清治)(ネガ編集:高橋司圭子)(東京現像所
美術 福留 八郎、(装飾:落合 亮司山澤 克明鎌田 正宏)(メイク:鈴木 厚子)(小道具協力:ローレライ)(大和衣裳、日本映機)

Tag Cloud

小高 陽介 松島 水谷豊 森口瑤子 岡本克己 内田稔 男・小高 母・とよ子 妻・加奈 小河内 日本ジャーナル出... 渓谷 たかる 水没 報知新聞社 たどりつく 奥多摩 足取り 突き止める ネタ 石川好弘 赤司学文 佐藤允彦 新聞記者 中学 芦川よしみ 同級生 調べる 小野武彦

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

FaceBook

クチコミ

ユーザレビュー

関連ブログ

ドラマデータ提供