• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ西村京太郎サスペンス 十津川警部シリーズ(5)会津高原殺人事件 記憶喪失の男は殺人犯か?東京-裏磐梯を結ぶ連続殺人に2人の女の愛が交錯!

渡瀬恒彦、伊東四朗のコンビで送る人気シリーズの5作目。初夏の会津高原を舞台に、巧妙に仕組まれた偽装殺人の謎を追う。会津で発見された女性の他殺死体。犯人は上野で保護された記憶喪失の男か?十津川警部の推理で偽装殺人のナゾに迫る。「東京上野で保護された記憶喪失の男の衣服には、夥しい血痕が付着していた。殺人事件に絡んでいると直観した十津川の詰問に、男は「高沢明」と名乗る事しか出来ない。一方、会津で高沢あきらという女性の他殺死体が発見され、明の衣服の血痕と彼女の血液型が一致した。十津川は、2つの関連事件が作為的ではという疑惑を抱く。十津川が明を潔白であると思い始めた矢先、明の元恋人・橋本ひろ子が現れた。明はひろ子と面会するが、記憶は戻らない。翌日、源氏名・高沢あきらこと、原田あかりの勤務していたクラブが判った。明はあかりが勤めるクラブの常連で、2人は出会ってすぐに意気投合し恋人関係になったと言う。一方、明とあかりのマンションが判明するが、両方のマンションは何者かによって家財が取り払われたあと。数日後、十津川は捜査線上に浮かんだ代議士・夏川の調査を亀井に依頼する。そんな時、明が精神病院から脱走した。十津川は、同行を嘆願するひろ子を伴い、ある確信をもって会津にむかった。が、調査を続ける中、高沢明の名刺を所持した新聞記者と刑事が殺害されてしまった。【この項、BS-TBS広報資料より引用】」【データ協力:たかし】

Tag Cloud

十津川 西村京太郎 会津 渡瀬恒彦 高沢明 偽装殺人 ひろ子 衣服 あかり 伊東四朗 血痕 保護 他殺死体 記憶喪失 中村あずさ クラブ 代議士・夏川 詰問 原田あかり 源氏名・高沢あき 高沢あき 調査 長坂秀佳 東京上野 マンション 発見 所持 女性 上野 十津川警部

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供