• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データA列車でいこう(A列車で行こう)

結婚式を2日後に控えた娘の、新しい人生への旅立ちをジャズの名曲「A列車で行こう」のメロディーに乗せてあたたかく描く物語。三田演じる佐伯みどりは、小さいときに別れた父親に会うために北海道・稚内へ。しかし、その再会は…。みどり(三田寛子)は、結婚式を2日後に控えているというのに、1枚の古いレコードを持って稚内行きの列車に飛び乗った。5歳のときに別れた父・田所(川谷拓三)にそのレコードを返すためだ。みどりをわが子のように可愛がって育てた清次(名古屋章)と、母親の季子(日色ともゑ)は、みどりの失踪にうろたえた。売れないジャズピアニストだった田所の消息を知る手がかりは、何年も前のたった1枚の絵はがき。みどりに会いたい、と田所が季子に書いてきたものだった。みどりは列車で知り合った好青年の米山(杉本哲太)と稚内の街を尋ね歩いた。ふたりは、ジャズを弾くピアニストがいたというあるバーを探し当てた。今はここのマスターをしている田所は、みどりの差し出すレコードをなぜか拒んだ。予想もしていなかった父の態度に、みどりは「父は私を嫌っていました。私も父を嫌いでした」と思わず叫んでバーを飛び出す…。【以上、TBSチャンネル広報資料より引用】協力:稚内市。
キー局 HBC 放送曜日 放送期間 1986/09/14~1986/09/14
放送時間 21:00-21:54 放送回数 1 回 連続/単発 単発
番組名 東芝日曜劇場(第1549回)
主な出演 三田 寛子日色ともゑ日色ともえ)、川谷 拓三名古屋 章杉本 哲太岡田 雅夫小原 麻美小林 秀治徳永 明廣
主な脚本 岩佐 憲一
主なプロデューサ 長沼  修
主な演出 松田 耕二
局系列 JNN
制作会社 HBC
音楽 前田 憲男
主題歌 (メインテーマ:「A列車で行こう」(ディーク・エリントン楽団))
HP

Tag Cloud

みどり 三田寛子 稚内 田所 レコード 日色ともゑ 季子 ジャズ 岩佐憲一 列車 嫌う 控える バー 川谷拓三 結婚式 父・田所 絵はがき 別れる 名古屋章 米山 飛び乗る 会う 好青年 前田憲男 探し当てる メロディー あたたかい 松田耕二 叫ぶ 予想

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

FaceBook

クチコミ

ユーザレビュー

このドラマの YouTube 検索結果

関連ブログ

ドラマデータ提供