• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データリングサイド 前編 後編

「現代人間模様」の第3作。演出の山田勝美が本作について放送雑誌で短く振り返っている。「作者藤本義一氏は群衆の歓呼の中にありながら精神のない肉体(ボクサー)は広場に立った塑像に等しいと言う。十数分に及ぶ試合の実際にスタジオでやって、精神を失った肉体の空しさを表現してみようとした。編集したフィルムの試合のようにつくられた迫力はないかもしれぬが、それが肉体の空しさなのだ。【この項、文:山田勝己氏(「放送ドラマ」(清和書房刊)1960年1月号より引用)】」俳優の入川保則が後年語ったところでは当初入川が新聞記者役で出演予定だったが生放送で時間が遅れたためカットされたという。出演者クレジットには表示されたという。【参考文献:「放送ドラマ」(清和書房刊)1960年1月号】
キー局 NHK 放送曜日 放送期間 1959/05/11~1959/05/18
放送時間 21:00-21:30 放送回数 2 回 連続/単発 単発
番組名 現代人間模様(第5回~第6回)
主な出演 堀内 英将堀内 英樹)、山岡 久乃安達 国晴山口 幸生福山 博寿関本  勝
主な脚本 (作:藤本 義一
主な演出 山田 勝美
局系列 NHK
制作会社 NHK(大阪放送局)
制作 佐々木英之助

Tag Cloud

堀内英将 肉体 空しい 山岡久乃 精神 安達国晴 試合 歓呼 作者藤本義一 出演者クレジット 入川 等しい 新聞記者役 現代人間模様 放送雑誌 広場 出演予定 ボクサー 佐々木英之助 山田勝美 迫力 群衆 カット 福山博寿 フィルム 遅れる 振り返る 短い 山口幸生 俳優

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供