• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ向田邦子新春スペシャル 夜中の薔薇

1947年春、戦後の混乱の真っ只中。世の中は貧しくもたくましく息づいていた。山懸家でもさしたる変化はなく、陽子は女学高の5年生になり、石川スミ子というすばらしい教師に巡り会って楽しい毎日を送っていた。その陽子がスミ子の家に招待された。陽子は憧れの先生から名指しで招待されたことですっかり有頂天になっていた。その晩スミ子から戦死した恋人の話を聞き、妙に大人びた陽子が目撃したものは、寝静まったスミ子の部屋へ忍び入る大男の後姿だった。陽子はその光景を胸の中にしまい決して口にすることはなかった。その頃、陽子の学校には埼玉からやって来る野菜売り・忠次郎(ケーシー高峰)が出入りしていた。職員たちは彼を重宝がるが、陽子ら生徒はスミ子を見つめる忠次郎のイヤラシイ目つきに憤りを感じていた。しばらくして、母親の里子(加藤治子)が陽子を連れておよばれのお礼にとスミ子の家を訪ねると、そこで息荒く絡み合う男女の姿を目撃する…。【以上、TBSチャンネル広報資料より引用】敗戦後の混乱期を舞台にした点で他の向田邦子シリーズとはややカラーを異にするが、いしだあゆみ扮するひとりの女教師の愛と死を哀しく描いたところが心に残る。石原真理子はこの時代の雰囲気にマッチしていない。ラストの中森明菜のエンディングテーマも違和感がある。
キー局 TBS 放送曜日 放送期間 1985/01/16~1985/01/16
放送時間 21:00-22:23 放送回数 1 回 連続/単発 単発
番組名 恋はミステリー劇場
主な出演 石原真理子石原真理絵)、いしだあゆみ小林 亜星加藤 治子小林  薫風吹ジュン渡辺えり子イッセー尾形殿山 泰司ケーシー高峰横山 道代河合美智子風見りつ子風見 律子)、南 きよみ加納  綾仁科 扶紀渡辺冨美子市川千恵子北見 治一津村  隆中村由起子岸 加奈子小林 朝夫笹野 高史、(ナレーション・黒柳 徹子
主な脚本 柴 英三郎
主なプロデューサ 三浦 寛二、(アシスタントプロデューサー・猪原 達三
主な演出 久世 光彦、(演出補・澤本  均瀧川 治水フォース、クレジット表示なし))
原作 向田 邦子「眠る盃」「夜中の薔薇」などより
局系列 JNN
制作会社 KANOX(カノックス)、TBS
制作協力 (製作協力・東通)
企画 (企画協力・逸見  稔
音楽 小林 亜星
主題歌 (エンディングテーマ・中森 明菜「リ・フ・レ・イ・ン」(作詞・松井 五郎、作曲・松田  良))
撮影技術 (技術・島崎 孝雄)(カメラ・松岡 良治)(照明・海老原靖人
HP
美術 (美術製作・平野 裟一)(デザイン・宮沢 利昭)(題字・中川 一政)(タイトル画・横尾 忠則

Tag Cloud

スミ子 陽子 石原真理子 忠次郎 いしだあゆみ 招待 小林亜星 柴英三郎 山懸家 陽子ら生徒 教師 向田邦子シリーズ 目撃 後姿 エンディングテー... 大男 すばらしい 巡り会う マッチ 憤る 光景 戦死 絡み合う 里子 違和感 三浦寛二 たくましい 埼玉 久世光彦 混乱

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供