• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ松本清張シリーズ けものみち

テレビ大賞優秀番組賞受賞作品。「女の流転を描きながら、政財界に繋がる日本の暗部に光をあてた、清張×和田コンビの衝撃作。1962(昭和37)年の東京。料亭に住み込みで働いていた成沢民子(名取裕子)は、関係を持ってしまった客の小滝(山崎努)にそそのかされ、放火で夫を殺害。さらに焼死事件の追求から逃れるため、政財界の黒幕・鬼頭(西村晃)の愛人となった。鬼頭に弄ばれる民子だったが、何者かが鬼頭の毒殺を企てたことから、民子の身にも危険が迫ってきた。やがて、愛しあう民子と小滝は、あてのない逃避行をはじめる…。【この項、ファミリー劇場広報資料より引用】」成沢民子(名取裕子)は料亭・芳扇閣の仲居。ある日小滝(山崎努)と知り合い、共謀して寝たきりの亭主(石橋蓮司)を焼き殺す。小滝は多額の報酬を約束し、民子を政界の黒幕・鬼頭恭太(西村晃)の屋敷へ送り込んだ。西村が演じる無気味な老人役、そして松本清張氏の代表的長編サスペンスのドラマ化作品。高揚感と緊迫感たっぷりの音楽ムソルグスキー作曲「禿げ山の一夜」と、エロさをにじませたジェームス・三木の脚本とそれにこたえる名取裕子の体当たり演技。【役名(演技者)】成沢民子(名取裕子)、久恒義夫(伊東四朗)、小滝章二郎(山崎努)、鬼頭洪太(西村晃)、山倉米子(加賀まりこ)、秦野重武(永井智雄)、島村百合子(高森和子)、黒谷 進(林ゆたか)、成沢寛次(石橋蓮司)、西田警部補(林昭夫)、熊谷新総裁(久米明)、蛭田代議士(大森義夫)、久恒の妻(原佐知子)、刑事部長(加藤和夫)、捜査課長(勝部演之)、坂本刑事(矢吹二朗)、沢杉院長(中村伸郎)、中央新聞デスク(塩見三省)、早苗(小林かおり)。
キー局 NHK 放送曜日 放送期間 1982/01/09~1982/01/23
放送時間 20:00-21:10 放送回数 3 回 連続/単発 連続
番組名 土曜ドラマ
主な出演 名取 裕子(1)-(3)、伊東 四朗(1)-(3)、山崎  努(1)-(3)、西村  晃(1)-(3)、加賀まりこ(1)-(3)、永井 智雄(1)-(3)、高森 和子(1)-(3)、林 ゆたか(1)-(3)、石橋 蓮司(1)、林  昭夫(1)(2)、奥野  匡(1)、西村 惇二(1)、新山 真弓(1)、雪江 由記(1)、松本マツエ(1)、小坂 明央(1)-(3)、西岡 拓也(1)(3)、野村 信次(1)、伊藤 真智(1)(3)、佐久間公彦(1)、椎名  茂(1)、久米  明(2)(3)、大森 義夫(2)(3)、原 佐知子(2)(3)、加藤 和夫(2)、勝部 演之(2)、矢吹 二朗(2)、増田 順司(2)、入江 正徳(2)、三川 雄三(2)、野村 昇史(2)、小川 隆一(2)、新山 真弓(2)(3)、山崎  満(2)(3)、北構みなこ北溝みなこ)(2)、小西美千代(2)、中村 伸郎(3)、塩見 三省(3)、小林かおり(3)、松崎  真(3)、松村彦次郎(3)、相原 巨典(3)、黒田 健三(3)、岡田 正典(3)、鳳プロ(1)-(3)、劇団いろは(2)、若駒(3)、
主な脚本 ジェームス・三木ジェームス三木)(1)-(3)
主な演出 和田  勉(1)-(3)、(記録:徳島小夜子
原作 松本 清張
局系列 NHK
制作会社 (企画・制作:NHK)
制作 藤田 道郎
音楽 ムソルグスキー禿山の一夜展覧会の絵、より)、(効果:加藤  宏
撮影技術 (技術:安藤 和夫(1)(3)、鍛治  保(2))(照明:平嶋 幸夫(1)(3)、永山  保(2))(カメラ:鈴木  弘(1)(3)、藤本 宏三(2))(音声:平山  誠(1)(3)、篠根 正継(2))
ビデオ 松竹ビデオ
美術 富樫 直人(1)(3)、南波 靖造(2)

Tag Cloud

名取裕子 小滝 民子 成沢民子 山崎努 西村晃 松本清張 鬼頭 政財界 三木 伊東四朗 石橋蓮司 原佐知子 禿げ山 焼死事件 山倉米子 西田警部補 ムソルグスキー 林ゆたか 久恒 体当たり演技 黒谷 暗部 テレビ大賞優秀番... 藤田道郎 仲居 毒殺 追求 焼く 逃れる

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供