• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ女商一代 やらいでか!

豪商の娘として生まれながらも非道な実父によって存在を消し去られた女性が、抜群の商才を駆使して復讐を果たす姿を描いた女の一代記。【以上、学研刊「1980年代全ドラマクロニクル」(TV LIFE編)より引用】目黒スタジオにて収録。1981年に類似タイトルのドラマが放送されているのだが、斉川一夫の著書「ヒチてんごうの独り語り」に1978年暮れに出演したという記述があり、1981年のドラマとは別に存在する可能性がある。新関西新聞に連載した小説のドラマ化。花登筐の妻・星由里子は本作での花登の苦労を記している。「『やらいでか』は、花登にとってはひとつの試練でもあった。すべり出しからこの作品は視聴率もよく、局での評判もよかったので、延長に延長を重ねているうちに、ガクンと視聴率が落ちてしまったのである。復讐劇で、しかも、最後の大詰めを迎える時点での延長申し込みは、さすがに彼も迷った。大詰めを迎えてからの延長はドラマの濃度を薄めるばかりで、大した効果はあげられない、ということは彼にもわかっていたからである。しかし、ここでも彼の律儀さと、頼まれたら断れないプロ根性が顔を出し、申し込みを受け入れた結果がこれである。【この項、文:星由里子氏(星由里子著「死はあまりにも突然に」(1984/09/25初版、集英社刊)より引用)】」その後、花登は心労から1982年7月に胃潰瘍で吐血し手術で胃の3分の2を切り取り、寿命を縮めることになったという。【参考文献:星由里子著「死はあまりにも突然に」(1984/09/25初版、集英社刊)】
キー局 THK 放送曜日 月~金 放送期間 1981/01/05~1981/09/04
放送時間 13:30-14:00 放送回数 175 回 連続/単発 連続
主な出演 藤山 直美目黒 祐樹内田 朝雄高田 次郎原田 英子東  三千)、関  敬六土田 早苗石井  均真木 洋子寺田  農仲  真貴三浦 策郎入川 保則大友柳太朗斉川 一夫未確認)、、駒田 真紀大友柳太朗小林 勝彦小沢寿美恵加藤 和恵相原 友子あいはら友子)、宗方 勝巳森  明子南  利明田中 直行臼間 香世高橋 マキ京 まいこ喜多 信夫はなとまめ石井 加子池田 澄男谷口 和生立岡  晃春江ふかみ雪代 敬子内田 喜郎上田 忠好今西 正男西川ひかる早川 雄三早崎 文司天草 四郎牧野 和子松下 達夫阪   脩横山あきお永井 秀明富田浩太郎須永  慶堀 勝之祐森  幹太河村 弘二奥野  匡中  庸介伊達 三郎西田  良塩見 三省宮城健太郎福山 象三小沢  象亀山 達也丘 ゆり子市川千恵子池田 道枝藤山 律子藤村  薫中條 郷子高田 直久宇南山 宏近藤  準湊  俊一纓片 達雄中島  元大久保正信山崎  満汐見 直行加賀谷純一山下 啓介平井 高雄村瀬 正彦谷津  勲伊倉 一恵芦沢 孝子沼波 輝枝八代  駿千葉  繁伊藤 正人杉本  隆金田龍之介高城 淳一吉田 豊明野村 信次梶  哲也青柳文太郎伊藤 正博秋元 羊介古川  慎小林トシ江太田 淑子森  康子小野 敦子大原 穣子加藤土代子沢柳 迪子飯田テル子安田 洋子
主な脚本 花登  筐花登  筺
主な演出 橋本 信也大西 博彦
原作 花登  筐花登  筺)「女商一代」
局系列 FNN

Tag Cloud

藤山直美 花登 延長 目黒祐樹 大詰め 花登筐 斉川一夫 内田朝雄 濃度 関西新聞 ヒチ プロ根性 目黒スタジオ 視聴率 存在 迎える ドラマ 実父 縮める 原田英子 大西博彦 時点 抜群 切り取る 著書 効果 高田次郎 大友柳太朗 受け入れる 駆使

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供